処理中に問題が発生しました。

 吾輩は根暗である。職歴はまだ無い。端の多い生涯を送って来ました。――みんなが当たり前に持っている見えないモノが生まれつき持っていない「私」。たった一つだけ足りない、それだけで日常は異常を孕み始める。常識というような空漠たる概念を、どう学べばいいか知らないし分からない。けれど常識はそれを決して許さない。これはつまらない絶望と希望で構成された日々の中で「私」を考え、そして失敗するまでの軌跡譚……という執拗な説明文から筆者(LD:学習障害)の悪癖が分かる共感度0%な長文ブログです。

タグ:Twitter

 ツイッターを見ていたら、こういう内容のツイが流れてきた。

「みなさまのおかげでチャンネル登録者数150名を越えました! ありがとうございます!!」

 誰かのRTで私のTLに流れてきた新人ユーチューバーが感謝報告ツイだった。

 自分もチャンネル登録しているユーチューバーが何人かいるので、このユーチューバーがどんなものかURLリンクから調べてみた。

 その人は1ヶ月前に開設した新参者で、動画の本数は6本・時間は平均2分辺り。累計視聴回数は1084回で登録者数150名突破。

 こちらはブログ開始して3ヶ月と数日。記事の本数は(前ブログも含めて)342本・文字数は平均3000文字辺り。累計アクセス回数は6875回でLINE読者数0名。

 時代の流れなのか、向こうの急上昇率よ。

 やっぱり今の需要は動画なのだろうか。他のSNS(ツイッター・インスタ・ブログなど)を見ても人気あるアカウントは動画・漫画・イラスト系がほとんどで、数少ない文章系の人気アカウントはあっても、その全ては細かく写真が添付されており、私みたいな文章オンリーは私が知る限りお見かけしない。

 どうやら今のネットユーザーは視覚からの情報を求めている傾向があるようだ。そりゃ同じ見るなら文章より漫画・映像の方が理解にかかる負担は少ない。ならばこれからの文章界は相当面白くない限り危機に立たされている(私が典型例だ)。

 実は何度か文章から鞍替えしようか考えてみたが、どうにも文章以上の代物が生まれる気配がない…。

 試しにスヌーピーを描いてみた。

TtqkLcP6

 去年はピカチュウを描いてみた。

iJMVxSd6

 数年前ヤン坊マー坊のどちらかを描いてみた。

SJsbJG0o

 ついでに以前自己紹介で披露したバスケも。

CCF20180517_00000

 どうでしょう、漫画ブログに鞍替えした方が良いのかどうか…(ひとつデカい米粒持った薬物中毒のカ〇オくんがいたような)。

 昔読んだ本で、素人がその技術を習得するのに約1万時間の練習が必要らしい。1万時間とは約417日(1年と1ヶ月と22日)である。ただしこれは24時間換算なので、睡眠6時間を引いたら約521日(1年と6ヶ月と6日)。これから就職するとして、1日の趣味に当てられる時間は捻出して約3時間、日数に換算すると約1109日(3年と14日)。この時点で研修終了で、そこから人気アカウントになるまでの必要期間を1年と見越すと今日から約4年後。

 趣味範囲の漫画・イラストで一山当てようと狙うにはハイリスクすぎるのだ…。

 自分が文章ブログを始めたのが17歳で、それからツイッターに活動移籍したが、ほぼ毎日文章書く機会はあったけど1日1時間程度で、よそより3倍遅れて約12年。そう、29歳の今日の今年なのだ。

 今年になってやっと趣味の研修期間が終わったのだ。これから人気ブログに向かう可能性のある12年分のスキルを放棄するなど賢明でない選択なのは分かるだろう。

 もしどうしても鞍替えする必要があるなら、まだ先ほどのユーチューバーになったほうが良いかもしれない。1カットの多少下手な動画でも流行コンテンツに乗れば少しは成果が速まると予測する。

 ただ個人的にネットの顔出しは絶対したくない。顔出しをネット最大の危険行為と育った世代の性である。それならばアバターキャラで活動するバーチャル・ユーチューバー(通称Vtuber)でやればいいが、イラスト作成+特殊動画編集のスキルが必要になるので、先ほどの計算の間を取って約8年。配信できる環境を外注したら中くらいでも100万円は覚悟した方が良いかと。

 やっぱり文章でもう少し頑張ることにしよう…。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1回投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!





LINE・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【あとがき】

 電卓を片手に自己流で計算しながら記事を書いていったのですが、計算すればするほど青ざめていきました…。

 そのかわり最初から文章ブログでやっていくつもりでいたので、12年間に文章読本や人気エッセイ本に小説・脚本の技術集など技術向上のために金額も時間もそれなりにつぎ込んだから、もう後戻り出来ませんね…(遠い目)。

スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

 それからの生活はというと「安心」とは程遠いもので、前回も書いた通り、とにかく泣きぐずる沸点が低い子だった。

「癇癪持ち」

 そう言えばそうなのだが、ただこの単語が抱えるキャパを遥かに超えていた。

 普通、赤ちゃんの泣き声というと

 えーん えーん えーん

 おぎゃー おぎゃー おぎゃー

が主流だが、私の場合は……

 あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

 これに「エビ反りと白目と荒呼吸とよだれボタボタ状態」で泣いていた。いや鳴いていた。

 まさにリアル・エクソシストである。

 さらに泣く原因が何なのかも分からなかった。

 ただ聞いた話によると、雲の隙間から日光が射したり、急に風が吹いたり、テレビの音が聞こえたりとすると恐怖で震えた小猿みたいにウーウー泣いていたよう。

 まだ家の中ならば良いが、問題は外出先での癇癪である。そう書くことから察する通り、もちろん起こった。計数器が1回転するほど起きた。スーパー、デパート、バスや電車の中、駅の改札路途中など…原因が分からないから場所も選ばない。

 そして泣いた後はどうするか、

①赤ちゃんが泣く

②お母さんがあやす

③赤ちゃん泣き止む

 これが普通の流れ。

 だが、私のは……

①私が泣く

②母があやす

③抱いた瞬間、母の髪の毛を力と体重の限り引っ張る

④髪の毛が抜けると同時に頭皮も破れて流血する

 別の日は

③母の肩に全力で噛みつく

④着てたTシャツが出血により肩部分だけ赤く染まる

 こんなの普通の親からしたらブチ切れるだろう。でも何故か母は怒らなかった。そもそも温厚な性格もあるのだが、たとえ怒っても泣き止まないし通用しない子だというのが最初から分かっていたからだ。

 この一連の流れが家でも外でも行われる。特に外で癇癪が起こると通りかかった人たちは100%立ち止まる。でも生まれた時代が早かったおかげでTwitterやYoutubeに拡散されてる危険性はなかった。

 そんなある日、近所の駅構内でコレが起こった時に見かねた知らないオバチャンが母に説教した。

「あんたがそんなんだからこの子がこうなるのよ! 見てなさい!」

 オバチャンは私の腕を掴んで叩こうとした。でも私はオバチャンの掴んだ腕に噛みついた。パニックになって腕を振り回すオバチャンと、どんなに振り回されても腕から離れない私。犬かな、私は…。

 さすがに数秒後には振り飛ばすことに成功した。遠心力で飛んだ私は勢いよく地面を転がっていった。でも止まったと同時に四つん這いでヨダレ垂らしながらウーウーとオバチャンを睨みつけていた。犬ではないな、これは…。

 その異常すぎる様子にオバチャンは

「…ば、化け物よ! この子、化け物よ!」

 と大声で何処かへ走り去っていった。

 異常だ。異常すぎる。
 
 これは義母である祖母にも言われた。ただ祖母の意見は、

「この子がこんなのになったのは○○さん(母の名前)が入会しなかったからよ! 入会しなかった祟りよ! どうしてくれるの!?」

であった。

 当時の祖母はある新興宗教団体の熱心な信者だった。

 母が入会しなかった。信仰心がなかったからこうなった。全て母のせい。あらゆる罵声が飛んだ。
「もういい、先生に事情を話したら特別に『有り難いお言葉』を掛けてもらえる事になったから」

 どうやら新幹線で遠くから突然やってきた祖母の帰りはひとりだけではない。最初から私を連れていくつもりだった。

 うちの子が連れ去られる。普段大人しい母は必死に抵抗した。

「やめてください!! この子に悪霊などいません!! お義母様には関係ありません!!」

「黙りなさい黙りなさい!! さぁ、もうすぐ新幹線が出発する時間だからこっちによこしなさい!!」

「いやです!! ちょっと来ないで!!」

「ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」

 修羅場となったわが家のリビング。

 予約した出発時間を逃しかける祖母は汚い捨て台詞と実家との離縁を残して家を去った。

 荒れ果てたリビングには、

「ごめんね、ごめんね…」

「ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」

 泣く母と鳴く私の声が響いていた。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加しています!
たった、たったの1クリックで1日1票投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!





LINE・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

【本日の参考文献】


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【あとがき】

 現在、祖母との問題は解決しています。

 数年前に祖母が「よくある病気」で他界したので。

スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

このページのトップヘ