処理中に問題が発生しました。

 吾輩は根暗である。職歴はまだ無い。端の多い生涯を送って来ました。――みんなが当たり前に持っている見えないモノが生まれつき持っていない「私」。たった一つだけ足りない、それだけで日常は異常を孕み始める。常識というような空漠たる概念を、どう学べばいいか知らないし分からない。けれど常識はそれを決して許さない。これはつまらない絶望と希望で構成された日々の中で「私」を考え、そして失敗するまでの軌跡譚……という執拗な説明文から筆者(LD:学習障害)の悪癖が分かる共感度0%な長文ブログです。

タグ:2016年



---------------
  監督:ヨン・サンホ
キャスト:コン・ユ、マ・ドンソク
ジャンル:ゾンビ/スリラー
 製作年:2016年
 製作国:韓国
上映時間:118分
  評価:★★★★★
---------------

【あらすじ】

 
ファンドマネージャーで仕事人間の主人公ソグは、妻と別居し、実母と娘スアンの3人で都会のマンションに暮らしていた。

 もうじき誕生日を迎える娘に、ソグは何が欲しいか尋ねると「プサンにいるお母さんに会いたい」と言う。仕事が忙しいと一度断ったソグだったが、娘との関係を直したい気持ちを考え、翌朝2人はソウル発・プサン行きのKTX101列車の3号車に乗り込んだ。

 KTXがソウル駅を出発するが、発車する直前、12号車にてひとりの女性が異様な様子で駆け込んできた。同時刻、発車直後に車窓を見たスアンは駅員が何者かに襲われる様子を目撃したが、他の乗客は誰も見ていなかった。

 一方、駆け込んできた女性は廊下で倒れ、介抱した女性乗務員に噛みついた。駆け込んできた女性はゾンビウィルスの感染者であった……。

■□
■□■□■□■□

【感想的な雑文】

 普段あまり観ない(というか初めて)韓国映画から凄いゾンビ映画が現れたとのことで観賞。

 何と…これは…凄すぎないか!!?

 世界中にある過去ゾンビ映画の中でもトップファイブに入る完成度だし、心が揺さぶられる部門で言えばナンバーワンだと言いたい。

 まさかゾンビ映画でここまで号泣させられると思わなかった…。

 家族や友人や恋人、誰か大切な人のことを想像して観ると(某中年会社員を除いて)彼らの行動に共感する。

 特に妊婦の旦那がカッコよすぎる…!!

 どう人生歩んだらあんなにカッコよくなれるんだ!?

 将来自分に嫁と子供ができたら、あそこまで守ることできるか…(それ以前に旦那の筋力が桁違いなので最低限の筋トレはしておこう…)。

 また本作の舞台となるKTX(韓国の高速鉄道。分類的には新幹線ではないので邦題のダサさが際立つ)の車両を移動する際、各車両にいるゾンビたちを乗り越えないといけないのだが、これが車両特有の細長い部屋を上手く利用していて、横スクロールのゲーム画面をイメージさせる。だからなのか生きるか死ぬかの最中なのに大変ドキドキする。

 次々と襲いかかる障害にどう乗り越えるか、一般車両だから銃も刃物もないし(せいぜい野球部のバットぐらい)、乗客も一般人だから基本的に武器は扱えない。ゆえに登場人物たちの知恵と行動が目立つ。この悪条件を用意した製作側のセンスに相当のものを感じた素晴らしいっ!!!

 あと場面場面に出てくる無駄にエモいシーンは、この凄惨すぎる世界に残る数少ない優しさなのか、この監督とスタッフの愛情が感じた。本当カメラワークが美しすぎるんだよ…!!!

 ちなみに個人的に笑いのツボ的な意味でウケたのが、序盤に出てくるバイオ工場事故による防疫の車道検問での会話。

 トラック運転手「またブタを埋めるのか?」

   車道警備員「口蹄疫じゃなくて」

 トラック運転手「今度またブタ埋めたら ただじゃおかない」

 2010年に宮崎県で口蹄疫が流行った時、韓国でも「口蹄疫が流行っているのでは?」との疑いがあったが、韓国政府は「そんな事実はない」と回答した。

 ただ現地の地方新聞などで感染の可能性が確認されてるのでWHOなどが現地調査を申請したが政府は頑固突っぱねて、そして同時進行で感染したブタたちを殺処分していたが、ブタの数があまりに多すぎて薬殺用の薬が足りず、極秘に大量のブタを生き埋めした噂が世界中に広まった(CNNなどは証拠映像を公開したが、日本のマスコミは一切報道しなかった)。

 政府的には後にも先にも口蹄疫などない方向で進めたい中での、この“また”が付く会話である。

 なかなかアナーキーなことやってくれるじゃねえか!

 --などなど一度観ただけでは抱えきれない評価を踏まえて、もっとこの作品の存在を世間に広まってほしいと心から願いたい。

 日本では興行的にヒットしなくて、ほとんどの劇場は2週間足らずで終わったが、大きい原因の二つにダサすぎる邦題とあまり宣伝されなかったところがある。

 前者はともかく、後者はなぜ宣伝されなかったんだろう。

 ……口蹄疫かな?

■□
■□■□■□■□



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1回投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!






LINE・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

コン・ユ
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク



---------------
  監督:ピーター・バーグ
キャスト:マーク・ウォールバーグ
ジャンル:ノンフィクション
 製作年:2016年
 製作国:アメリカ
上映時間:107分
  評価:★★★★☆
---------------

【あらすじ】

 
2010年4月20日、メキシコ湾沖約80kmにある世界最大級の石油掘削施設が海底油田からの天然ガス逆流の引火により大爆発が発生。海上一面が炎の海と化した。だが、それは歴史上最悪の“人災”でもあった……。

■□■□■□■□■□

【感想的な雑文】

 
やっぱり徹底とした安全管理は必要だし、テストに掛かるコストは微塵もケチっていけないと改めて痛感した。

 前半は利益重視の上層部との衝突シーンが続くが、噴出事故発生後からの展開が怒濤続きで1秒たりとも見逃せない。しかも実話だから悪化する事態に余計に頭を抱えてしまう…。

 テレビで観ても迫力があったのだから重低音が効いた映画館で観たら更に良かったんだろうけど、とにかく現場が地獄絵図すぎて関係者じゃないのにイップス(心理的原因で出来なくなる症状)引き起こしてしまいそう…。

■□
■□■□■□■□



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1回投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!






LINE・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

マーク・ウォールバーグ
2017-08-16
  • 楽天市場
  • 7net
  • スポンサードリンク
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    スポンサードリンク



    ---------------
      監督:伏原健之
    キャスト:津端修一・英子樹木希林(ナレーション)
    ジャンル:ドキュメンタリー
     製作年:2016年
     製作国:日本
    上映時間:91分
      評価:★★★★☆
    ---------------

    【あらすじ】

     
    90歳を迎えても現役の建築家として活躍する津端修一。たとえどんなに時間と手間がかかろうと、若い頃から決めている“依頼主の希望を第一”をモットーに丁寧な仕事ぶりが評判だった。衰えを感じさせない彼がこれほどいきいきとした毎日を過ごせるその秘密は、87歳になる妻英子との悠々自適な生活にあった……。 
    ■□
    ■□■□■□■□

    【感想的な雑文】

     
    本作を知った当初は老夫婦の暮らしを追ったドキュメンタリーなど興味持てなかったが、様々なメディアで褒賞・推奨コメントを見かけるので観てみた。

     まず、人生まだ若い内の今に本作に出会えたことを感謝したい。

     欲なく、淡々と、互いを尊重し、暮らしを慈しむ。人生コツコツ。有難う。


    ■□
    ■□■□■□■□



    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

    どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
    どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
    人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
    たった、たったの1クリックで1日1回投票できます!!
    このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!






    LINE・Twitterで
    『処理中に問題が発生しました。』
    更新通知を受け取りますか?
    →①はい →②Yes →③OK牧場

    つばた 英子
    文藝春秋
    2018-01-04

    スポンサードリンク
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    スポンサードリンク

    このページのトップヘ