処理中に問題が発生しました。

 吾輩は根暗である。職歴はまだ無い。端の多い生涯を送って来ました。――みんなが当たり前に持っている見えないモノが生まれつき持っていない「私」。たった一つだけ足りない、それだけで日常は異常を孕み始める。常識というような空漠たる概念を、どう学べばいいか知らないし分からない。けれど常識はそれを決して許さない。これはつまらない絶望と希望で構成された日々の中で「私」を考え、そして失敗するまでの軌跡譚……という執拗な説明文から筆者(LD:学習障害)の悪癖が分かる共感度0%な長文ブログです。

タグ:自分

A.高校のとき同級生から『アンガールズ2人足して10倍濃縮した感じ』と言われていたので、イケメンどころか何とか人間の骨格を保ってる状態です…。


スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

A.個人的に目が綺麗な方なので、そこですかね…。
赤ん坊のとき『ネバーエンディングストーリー』のファルコンぐらい澄んだ大きい目でした。
親の欲目談ですが。


スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

このページのトップヘ