処理中に問題が発生しました。

 吾輩は根暗である。職歴はまだ無い。端の多い生涯を送って来ました。――みんなが当たり前に持っている見えないモノが生まれつき持っていない「私」。たった一つだけ足りない、それだけで日常は異常を孕み始める。常識というような空漠たる概念を、どう学べばいいか知らないし分からない。けれど常識はそれを決して許さない。これはつまらない絶望と希望で構成された日々の中で「私」を考え、そして失敗するまでの軌跡譚……という執拗な説明文から筆者(LD:学習障害)の悪癖が分かる共感度0%な長文ブログです。

タグ:祖母

 ここまでの私をまとめると「あああああ」と絶叫する異常な子供だった。でも3歳を過ぎるとさすがに違った。

 よちよちあんよで3歩進み(※当時3歳)

 全身の力を使い布団寝返り(※当時3歳)

 でも下半身の栓は閉められず(※当時3歳)

 なにより当時の私の大変お喋りで

「お、お、お」

 や

「お、お、お」

 や

「お、お、お」

 と、たくさん話していた。

 どうでしょう、明らかによその3歳児とは違う。

 何より、この繰り返す「お」とは?

 たぶん見当がつくかもしれないが、実は当時の私はこの「お」しか言えなかった。いや、正確に書くと『“お”に近い音』を発していた。
 
 ちょっと分かりにくいので朝の体操番組風に説明すると、

①まずは準備に猫背の姿勢~!

②次に、唇や声帯の力を目いっぱい抜きましょ~!(よだれが垂れそうなほど口をポカンと開ける)

③その状態で力を入れずに何かを発声!

④その声を断片的に出して!

⑤(イチッ)! (ニッ)! (サン、シッ)!

 それが当時の私の「言語」のすべて。
 
 もちろん我が家や地元のリハビリ施設とかで必死に言葉の練習をしたが、どんなにやっても回数も抑揚の使い分けのない「お」の連音しか言えなかった。

「パパ」
「ママ」
「お兄ちゃん」
「わんわん」
「にゃーにゃー」
「ぶーぶー」

 すべてが「お、お、お」

「おなか空いた?」
「ねむたい?」
「トイレ行きたい?」
「おもちゃで遊ぶ?」

 こたえは「お、お、お」

「あっ転んじゃったね! 痛くない?」
「ちょっと血が出てるじゃない!?」

 泣きながら「お! お! お!」

 周りからしたらこの子が何を言っているか分からない。私からしたら必死に伝えているのに何故か伝わらない。

 そのジレンマがピークに達すると私は癇癪を起こして、辺りの物を壊して、泣き叫びながら暴れた。

 しつこいが、この時点で3歳を過ぎてる。

 世間的に3歳児の代表格といえば、サザエさんの一人息子「タラちゃん」だ。『サザエさん』を観たことある人なら分かるが、タラちゃんは「普通の子供」だ。

 みんなと走って遊んで、自分の意志でトイレ行って、家族や友達とペラペラ喋る。これが私には出来なかった。言語能力の成長の異常に遅い。それなのに体ばかりはよその子よりも大きかった。それは目の前に体だけが大きくなる赤ちゃんがいるのように、日を重ねる毎にその異常性が吠える私をくるんでいった。

 あの時の専門医が診断した「知能が高い」は間違いだったのか。

 これは「障害」の一言で済むレベルなのか。

 私に関わった周りの人たちは皆そう思っていた。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加しています!
たった、たったの1クリックで1日1票投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!





LINE・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【あとがき】

 もし私がアメリカ生まれだったら、どうだったのでしょう。

 毎日「Oh! Oh! Oh!」と、ずいぶん愉快なチャイルドになっていたのでしょうか。

 そういえば私の祖父アメリカ人だったな。

 でも私の曾祖父母が明治時代のハワイにおける労働者確保として移民した純血日本人で、その間に生まれた出生地ハワイの日系アメリカ人の息子が日本に移住し帰化して日本人女性(第5話の祖母)と結婚したので、法律上では私はクォーターだが、血液上では私は100%日本人だ。

 というか私が生まれるずいぶん前にその祖父は亡くなっているので、名前は知っていても会ったことはない。家族の話だとハワイ人らしい年中アロハシャツのずいぶん愉快な人だったらしいから、やっぱり影響なのか。しかし最後まで日本語を覚えず英語しか話さなかったので、未だに英語が覚えられない私は少なからず影響を受けていない。

 つまり私のは、やっぱり日本語表記の「お、お、お」なんだな…。

スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

 それからの生活はというと「安心」とは程遠いもので、前回も書いた通り、とにかく泣きぐずる沸点が低い子だった。

「癇癪持ち」

 そう言えばそうなのだが、ただこの単語が抱えるキャパを遥かに超えていた。

 普通、赤ちゃんの泣き声というと

 えーん えーん えーん

 おぎゃー おぎゃー おぎゃー

が主流だが、私の場合は……

 あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

 これに「エビ反りと白目と荒呼吸とよだれボタボタ状態」で泣いていた。いや鳴いていた。

 まさにリアル・エクソシストである。

 さらに泣く原因が何なのかも分からなかった。

 ただ聞いた話によると、雲の隙間から日光が射したり、急に風が吹いたり、テレビの音が聞こえたりとすると恐怖で震えた小猿みたいにウーウー泣いていたよう。

 まだ家の中ならば良いが、問題は外出先での癇癪である。そう書くことから察する通り、もちろん起こった。計数器が1回転するほど起きた。スーパー、デパート、バスや電車の中、駅の改札路途中など…原因が分からないから場所も選ばない。

 そして泣いた後はどうするか、

①赤ちゃんが泣く

②お母さんがあやす

③赤ちゃん泣き止む

 これが普通の流れ。

 だが、私のは……

①私が泣く

②母があやす

③抱いた瞬間、母の髪の毛を力と体重の限り引っ張る

④髪の毛が抜けると同時に頭皮も破れて流血する

 別の日は

③母の肩に全力で噛みつく

④着てたTシャツが出血により肩部分だけ赤く染まる

 こんなの普通の親からしたらブチ切れるだろう。でも何故か母は怒らなかった。そもそも温厚な性格もあるのだが、たとえ怒っても泣き止まないし通用しない子だというのが最初から分かっていたからだ。

 この一連の流れが家でも外でも行われる。特に外で癇癪が起こると通りかかった人たちは100%立ち止まる。でも生まれた時代が早かったおかげでTwitterやYoutubeに拡散されてる危険性はなかった。

 そんなある日、近所の駅構内でコレが起こった時に見かねた知らないオバチャンが母に説教した。

「あんたがそんなんだからこの子がこうなるのよ! 見てなさい!」

 オバチャンは私の腕を掴んで叩こうとした。でも私はオバチャンの掴んだ腕に噛みついた。パニックになって腕を振り回すオバチャンと、どんなに振り回されても腕から離れない私。犬かな、私は…。

 さすがに数秒後には振り飛ばすことに成功した。遠心力で飛んだ私は勢いよく地面を転がっていった。でも止まったと同時に四つん這いでヨダレ垂らしながらウーウーとオバチャンを睨みつけていた。犬ではないな、これは…。

 その異常すぎる様子にオバチャンは

「…ば、化け物よ! この子、化け物よ!」

 と大声で何処かへ走り去っていった。

 異常だ。異常すぎる。
 
 これは義母である祖母にも言われた。ただ祖母の意見は、

「この子がこんなのになったのは○○さん(母の名前)が入会しなかったからよ! 入会しなかった祟りよ! どうしてくれるの!?」

であった。

 当時の祖母はある新興宗教団体の熱心な信者だった。

 母が入会しなかった。信仰心がなかったからこうなった。全て母のせい。あらゆる罵声が飛んだ。
「もういい、先生に事情を話したら特別に『有り難いお言葉』を掛けてもらえる事になったから」

 どうやら新幹線で遠くから突然やってきた祖母の帰りはひとりだけではない。最初から私を連れていくつもりだった。

 うちの子が連れ去られる。普段大人しい母は必死に抵抗した。

「やめてください!! この子に悪霊などいません!! お義母様には関係ありません!!」

「黙りなさい黙りなさい!! さぁ、もうすぐ新幹線が出発する時間だからこっちによこしなさい!!」

「いやです!! ちょっと来ないで!!」

「ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」

 修羅場となったわが家のリビング。

 予約した出発時間を逃しかける祖母は汚い捨て台詞と実家との離縁を残して家を去った。

 荒れ果てたリビングには、

「ごめんね、ごめんね…」

「ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」

 泣く母と鳴く私の声が響いていた。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加しています!
たった、たったの1クリックで1日1票投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!





LINE・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

【本日の参考文献】


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【あとがき】

 現在、祖母との問題は解決しています。

 数年前に祖母が「よくある病気」で他界したので。

スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

このページのトップヘ