処理中に問題が発生しました。

 吾輩は根暗である。職歴はまだ無い。端の多い生涯を送って来ました。――みんなが当たり前に持っている見えないモノが生まれつき持っていない「私」。たった一つだけ足りない、それだけで日常は異常を孕み始める。常識というような空漠たる概念を、どう学べばいいか知らないし分からない。けれど常識はそれを決して許さない。これはつまらない絶望と希望で構成された日々の中で「私」を考え、そして失敗するまでの軌跡譚……という執拗な説明文から筆者(LD:学習障害)の悪癖が分かる共感度0%な長文ブログです。

タグ:知能検査

 わが家の電話機が鳴った。通話相手は知能検査関連の職員。数日前に受けた私の検査結果の報告だった。

 4歳に受けた知能検査はマンツーマンの個別形式だったが、今回受けたのは私1人に対して専門家複数人が診断してポイントを測定する、本格的な『面接形式』での検査だった。こう言うのも変な話だが、彼らの前でごまかすことは恐らく不可能である。向こうのイスにはベテランの検査官、言語療法士、児童心理カウンセラー……そんなスペシャリストたちが出した質問に対して私が返した内容や沈黙の時間、目の動き、手足のクセ、私の何もかもが検査されている、これはどうしようもない。

「今回、渡辺綿飴君が特殊学級に編入すべきか知能検査を調べました結果、『編入する必要はない』と診断を下しました。むしろ前回行った検査結果に比べて大変良くなっています。今回検査を担当した先生たちも綿飴君を褒めてましたよ。『これほど落差が激しい子は珍しい』と」

 ここでいう『落差が激しい』とは言語野と他の知能野の障害の差を指す。

 今まで読んできた通り、私は相手と会話が出来ない。ただ相手が伝えたいことは、その表情や動作からおおよその予測はできる。後はそれに私が考えた答えを指さしなりジェスチャーなり図形や矢印など自分なりに駆使して伝える。つまり言語を使わないでも一連の会話は成立しているのだ。

 そもそも脳は物事を考えるときに「ロジック」として最初に側頭葉にある『言語野』という部分で処理する。そこで処理された情報は脳の各専門野に送られる訳だが、何事にしろ言語野の可動が大前提である。

 私の場合、その言語野が最初から壊れてる。パソコンでいえばCPUだけが壊れている状態に近い。たとえ残り部分は優秀でも意味がない。ワードやエクセルやパワーポイント以前に何もできない。それなのに会話が成立している。彼は一体どうやって物事を考えているのか分からない。たぶん専門家からしたら色んな意味で興味を感じる存在なのでしょう(最後に自分で美化したので実際は知らない)。

 今回の検査結果は教育委員会及び小学校に通知される。

 ちなみに知能指数や細かい情報は教えられない。あくまで目的は「編入は必要かどうか」なので、当初の目的以外での情報公開は禁止されているらしい。

 とにかく重要なのは、「そのまま普通学級に居て良い」「以前よりも知能指数が上がっている(ただLDには変わりないので通級は必要)」。

 そして10歳の時点で検査をクリアしたので、今後委員会に「編入申請」を送っても却下される事実だけが残った。事実上、小学校側の負けである。

 電話報告を受けた次の日、常にニコニコだった南先生から笑顔は消えていた。

「知らない」

「はやくやれ」

「勝手にしたら?」

 関係ない他の生徒にも当たるようになった。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1票投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!





LINE・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【あとがき】

 それから数日後。

「せんせぇ~、表面じゃなく本質で見ようや? なっ?」

 イヤな先生に対抗して、イヤな生徒ごっこ。(※やってません)

スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

 ここは数日前に知能検査を受けた施設の一室。部屋には結果を待つ母と私と結果を持つ医者こと先生。手帳とその先にある将来が決まる分、その空気は張りつめていた。
 
 まず簡潔に知能検査の説明すると「集団式」と「個別式」の2種類があるのだが、私が受けたのは被検者と検査官がマンツーマンで対話しながら積木や模型を使って診断する「個別式」だった。そして、そこからいくつかの部門に分けて数値を出し、その平均値が『その人の知能指数』となる。

 障害者認定となる基準数値は『75未満』である。それを踏まえて下に進めてほしい。

「今回、綿飴君と対話してみた結果…」

「はい」

「これほど凄い子は見たことないですね」

「すごい…そんなに低いのですか?」

「いえいえ逆です、基本的に高いですよ」

「えっ? そんなに高いのですか?」

「特に『思考力』『空間認知力』においては大人に負けないぐらい優れてますよ」

「そうですか…! 良かった!!」

「ただ…ひとつだけ低い項目があります」

「低い? 何がでしょうか?」

「『言語力』です。主に文字と言葉が大変苦手のようですね」

「はー…そうですか。たしかに生まれてから会話が得意でない子でしたから」

「では全体の知能指数を伝えます」

「はい!」

「綿飴君の知能指数は『78』です」

 母は驚愕した顔をしていた。

「えっと…あの…基本的に数値高いんですよね?」

「はい」

「それなら、何故こんな数字に…?」

「だから『凄い』のです。言語力単独の数値でいえば『35』で、これ以下のない『最重度レベル』。つまり事実上の【重度言語障害児】になります。もしかしたら言語力は2歳児未満と思われます」

「2歳児未満…」

「それに伴い以下も診断されます」

 先生が予め用意した書類には四つの項目が書かれていた。

◆言葉が話せない『言語障害』
◆文字が読めない『識字障害』
◆文字が書けない『書写障害』
◆計算が出来ない『計算障害』

「おそらく綿飴君は『言葉と文字』を『雑音と模様』としか認識してません。本来、人間は物事を考える時に無意識に脳の『言語野』と呼ばれる部分で処理するのですが、綿飴君は質問された積木や模型のテストに言語を使わず正解しています。たぶん『前頭葉』など他の部分が備わる『思考力』『空間認知力』などが補っているのでしょう。これは他の能力が相当優れていないと不可能ですし、『目の前にある情報だけで応用に導く』という生きる上で一番重要な力が4歳でほぼ持ち合わせているとも言って良い」

「で、では『お、お、お』が息子なりの会話なんですか…?」

「そうですね。単に『言語が認識できない』だけですから。それに指数35で平均78ですから、他の高さは相当の物です」

「他が高いなら、成長が遅くても後に『喋れる』ようになるのでは?」

「それはありえませんね。お母さん、はっきり言いますが綿飴君は『遅い』のではなく『無い』のです」

「無いって…」

「では生まれつき手足のない子供が成長したら手足が生えてきますか? いわば綿飴君は天性の運動神経を持った手足のない子供なのです」

「そんなの…才能の生殺しじゃないですか」

「だからこの先、綿飴君は誰よりも苦しむでしょう。自分と外部の連絡が遮断されたまま生涯を過ごすことになるのです」

「では…将来私たち家族がいなくなったら…この子はどうすれば…?」

「それは…分かりません。できるだけ言語を使わない職場や環境に身を置くことしかアドバイスできません」

「そんなの、無理ですよ…」

「無理ですね…」

◆知能指数『78』
◆言語指数『35』

 特殊学級には賢すぎた言語の障害児。

 普通学級に進級する最底辺の一般児。

 長い長い旅が始まる。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1票投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!





LINE・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【あとがき】

 このブログを読んでる人たち全員が思うでしょうが、もう今は普通に喋れますし文字も読み書き出来ます。

 もちろん理由や経緯も今後書く予定なのでよろしくお願いします。

 外国では私のような「重度言語障害者」のことを、言葉も文字も分からない「永遠の旅行者」と呼ぶそうです。

 旅は続くよ、どこまでも。

スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

このページのトップヘ