突然だが、赤ちゃんが産まれてから約3ヶ月辺りを過ぎると区役所から「定期検診受診の通知」が届く。

 これは3,4ヶ月など特定の時期を過ぎた赤ちゃんの健康状態を見るもので、各地域の近くの病院や保健センターで無料で受診する。

 この定期検診では問診、心音、首すわり、股関節など9つを調べるのだが、その中に『大泉門』という項目がある。

 大泉門とは、おでこと頭頂部の間にある菱形をした柔らかい部分で、産まれたばかりの赤ちゃんはまだ頭蓋骨が未熟で完成しておらず、ここから1歳半まで掛けて周りの骨の成長による重なりによって閉じていくのだが、そうすると逆算から3、4ヶ月には「このぐらい閉じてるよね?」という規定数値が決まる。

 この項目では、その大泉門の現在閉じてる距離を測り、規定内かどうか調べる。

 距離が長かれ短かれ、ほとんどの赤ちゃんがパスする項目だが、私の場合は……。

「ちょ、ちょっとここで待っててください!」

 私のを測った看護師が診察室を突然飛び出た。

 ……またそういうパターンか。

 廊下へと消え去って数分後、その看護師は見るからに「ベテランの先生」を連れてきた。

 一連の話を聞いたであろうその先生も私の大泉門を測り、寝そべる私の腕を持ち上げて、何かブツブツと考えた末にこう言った。

「お母さん、お子さんには注射打てませんね」

「なぜですか?」

「いや、だって腕持ち上げたお子さん見てください」

 そこには首が座ってないにしろ有り得ないほど頭部が後ろに落ちてる私の姿があった。

 長らく一緒に過ごして鈍化した母も、これには「あー……」としか言えなかった。

「正直こんなにクラゲみたいな子、見たことないよ。これは脳に何か異常あると思うから、何処か専門施設で詳しく調べたら?」

 ズバズバと言い渡す先生。(※実際はもっとオブラート包んだ説明)

「はい、わかりました…」

 グゥの音も出ない母。

 とりあえず特殊なカルテを書いてもらい、後日に専門施設にて精密検査を受けることになった。

 それと同時並行に、様々な知人のツテから特殊な乳幼児の診療に詳しい先生に事情を話して直接診てもらえることになった。

 数週間後、都心から外れた閑静な地帯にある専門施設。ここで「ダメ」と言われたら「本当にダメ」と認定されるレベルまで来ている。

 専門医はどう見るか。

 私たち親子は入室した。

■□■□■□■□■□
 


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加しています!
たった、たったの1クリックで1日1票投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!





LINE・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

国光オブラート

■□
■□■□■□■□

【あとがき】

 言い渡された帰宅途中の電車内にて。


「あんた…怖くない?」


「グゥー」


「…そっか」
 
 ……という都合のいい妄想寸劇。

スポンサードリンク