処理中に問題が発生しました。

 吾輩は根暗である。職歴はまだ無い。端の多い生涯を送って来ました。――みんなが当たり前に持っている見えないモノが生まれつき持っていない「私」。たった一つだけ足りない、それだけで日常は異常を孕み始める。常識というような空漠たる概念を、どう学べばいいか知らないし分からない。けれど常識はそれを決して許さない。これはつまらない絶望と希望で構成された日々の中で「私」を考え、そして失敗するまでの軌跡譚……という執拗な説明文から筆者(LD:学習障害)の悪癖が分かる共感度0%な長文ブログです。

タグ:束縛

A.束縛の経験がないので、束縛のイメージというと「今日は早く帰ってきて」か『SAW』ぐらいしか思いつきません。個人的には前者派です。


スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

A.強い要求の根底には先手の自己防衛本能が隠れていることが多いです。

今回のケースで考えると、きっと相手は世の異性=恋愛対象(友達の概念が少ない)と捉える傾向があるのでしょう。自分の素行を隠すためにわざと大きい声で反対意見を言うのは心理行動学ではよくある常套手段でございます。「不倫許さない!」と言うコメンテーターほど不倫願望があるのと同じことです。

むしろそう言う相手のこと疑ってみてください。
見極める基準は、その要求が「イヤ」か「ダメ」か。
前者なら「一途」、後者なら「束縛」です。


スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

このページのトップヘ