処理中に問題が発生しました。

 吾輩は根暗である。職歴はまだ無い。端の多い生涯を送って来ました。――みんなが当たり前に持っている見えないモノが生まれつき持っていない「私」。たった一つだけ足りない、それだけで日常は異常を孕み始める。常識というような空漠たる概念を、どう学べばいいか知らないし分からない。けれど常識はそれを決して許さない。これはつまらない絶望と希望で構成された日々の中で「私」を考え、そして失敗するまでの軌跡譚……という執拗な説明文から筆者(LD:学習障害)の悪癖が分かる共感度0%な長文ブログです。

タグ:日本

picture_pc_b64a06f9681a9c632712ea728278794e

---------------
  作者:ヤチナツ
ジャンル:コメディ
 出版年:2020年
 出版国:日本
 出版社:同人冊子
ページ数:104ページ
読書回数:1回
  評価:★による定評評価はおこがましいため、今回は割愛させていただきます。
---------------

【あらすじ】

 天才的なワードセンスで皆に愛されるボブ女子きみちゃん、月星座占いと悩み相談が得意な心優しきメガネ女子りさこちゃん、兄貴と姉御の肌を併せ持つ頼れるボーイッシュ女子こはるさん。同じ会社に勤める三人娘は夜な夜などこかで集まって、酒の肴に恋や愛や性について赤裸々に報告し合っていた。ダメな男、ズルい女、それぞれのダサい本音、隣の席から聞こえる今宵の報告は――。

---------------

【感想的な雑文】

 更新されたら意識して読んでいた作品が明日12日に初書籍化されると聞き、単行本をネット予約した後、作者のヤチナツさんが昨年2月に開催されたCOMITIA131で限定販売した同人冊子の復刻ダウンロード版(PDF式)を久々に読み直した。

 あらすじでも書いたように、仲良いアラサー女子3人を中心とした出来事や体験談を通して、彼女たちと彼女たちを取り巻く女性陣の様々な接点の物語が始まる(ちなみに、この記事での性別は心の性別を指し、身体的男性のトランスジェンダーも女性となります)。

 昔から女性と縁のない生活の身にとって、同じ世代の女性たちが抱えるリアルな悩みを読み知るのは若干スリルであり結構グロテスクでもあるが、「異性だから」って向こうの悩みを知らなくていい理由にはならない。むしろ能動的に知ろうと思うことで、(ご時世的な理由で直接手助けすることできなくても)知っていることで生まれる「何かしらの形」としてサポートができると思う。理解の意識、そういう意識をコメディドラマを通して私に与えてくれた。

 主人公の3人は性格もファッションも物事の価値観も違う。これが現実だったら、おそらく友達にはならないけど、そんな彼女たちが仲良いのは、3人とも他人に対する「理解の意識」が備わっているからだと思う。たとえば誰かが「元彼のヘンテコな癖」を話したとき、普通なら「何それキモっ!w」と一言で片づけてしまうところを、残りの2人は知恵と経験と勘で「きっと、こういう理由があったんじゃない?」と推測する。

 考えるというのは大変しんどい行為で、たとえ一時的でも対象者の人生を背負うことになる。誰もが自分のことでいっぱいいっぱいで、正直に言って他人の人生も背負うほど人は本当は優しくない。だけど、逆に彼女たちは書類運びを手伝う感覚で相手の相談に乗るし、おやつを共有する感覚で他の意見を訊く。そこには複雑な心理や計算があるわけではなく、ただ単に「やさしい」だけ、それも底抜けに(ただし女の敵には容赦ない)。だから「愛」が心を受け入れると書くように「理解を示す」のも一種の「愛…!!」なのだ。

 この作品に登場する人たちの例と悩みは決して他人事ではなく、そして男性特有の「コイツは俺に惚れてる」と驕っている描写には同じ男性の自分にとってグサッと突き刺さる…。どれのどこまでがフィクションなのか分からないけれど、男性陣のお前ら、まあ、これを読んで勉強しとけ。その下心、女性陣にすべて筒抜けだから…。

 また、読者に直接話しかけるのではなく、彼女たちの会話内で終わらせる。これもあらすじでも書いた隣の席からちょっと聞こえてきたぐらいの距離感が絶妙に心地よい。その距離から「フェンシングセッ久(読み方は察して)」「コンテンホ゜ラリーチンホ゜」「豚フォルダ」「母より大きな、オカママインド」、こんな破壊力抜群なパワーワードらが聞こえてきたら、もう席を外すわけにはいかない。もうちょっと詳しく聞くためには財布から1050円(ダウンロード代)握りしめるしかない。

 だけど、明日12日まで待てば+100円ちょっとで単行本(電子版も同時発売)が買えるので、正直なところ同人版を買う必要はないかもしれない。だけど、私はこの出版社にまだ整えられていない、情熱が迸る粗削りの、荒々しくて猛々しく初々しい言画の息吹がたまらなく好きです。

 もう何回目の経験なのか分からなくなりましたが、応援していた連載作が一冊の本として認められるのは、やっぱり感慨深いものがあります。そして、今回のこの一冊も私の思い出になると思います。ヤチナツさん、この度は『20時過ぎの報告会』書籍化おめでとうございます!!

(※まだまだ書きたいことありますが、続きは単行本版の感想で)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1票投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!





LINE・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

【本日の参考文献】

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【あとがき】

 主人公のひとりで個人的に推しのキャラ、メガネ女子「りさこちゃん」の趣味のひとつが独学で学んだ占い(占う側)で、(本人は隠していますが)作中で登場人物たちのお悩みを数々解決していくんですが、実は、これ誰にも話したことないんですけど…実は自分も占い(占う側)やってるんですよ。もうかれこれ10年近く。

picture_pc_abc706ea4517d55cceb2dd8f7b9c4f22

 りさこちゃんは、生年月日の数字をバラバラにして一桁になるまで足していった数字「運命数」の運勢と相性を占う「カバラ数秘術」と、太陽・月・惑星・星座の位置で運勢と相性を占う「ホロスコープ」のふたつを扱います。

 私のはタロットカードのひとつで、全78枚のうちの「大アルカナ」と呼ばれる絵柄21枚で運勢と相性を占う手法(やり方がたくさんある)を扱います。しかも誰にも言わず相談されずで10年間ひとりだけでひたすらタロットカードをめくって遊んでいました…。

 タロットカード始めたのは、そもそも少し興味あったというのもあるのですが、それよりも「タロットカードって何かカッコいい」という中2な理由でした。作中でりさこさんは「クソスピリチュアル女」という称号(こはるさん命名)を持っていますが、また別の意味で私もクソスピリチュアル野郎でございます。りさこさんは相談に乗る責任感から途中で「占い師見習いおばさん」に昇格しますが、誰にも話さないでいた私は「クソスピ野郎」のままでございます。

「占い師見習いおじさん」、字面クソ最悪ですが…内心では誰か救ってみたいですし、占い歴も10年目、もうそろそろ昇格したいので、お茶をする形でりさこちゃんと対談したいです…。美人だし優しいし可愛いし理想の先輩…あっでも年齢ほぼ近いからタメの可能性あるな。でもね、そんなのって本当にどうでもよくて、カッコいい女性というのはいつでも誰でも憧れる…!!
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク



---------------
  監督:小林啓一
  脚本:小林啓一
  原作:世紀末
  主演:間宮祥太朗、桜井日奈子
ジャンル:恋愛
 製作年:2019年
 製作国:日本
上映時間:122分
  評価:★★★★☆
---------------

【あらすじ】

「死ぬ」が口癖の鹿野ななと「殺す」が口癖の小坂れい、恋に生きる撫子と愛を知らない八千代、生きることが下手な地味子と上手すぎて不器用なきゃぴ子。同じ高校で別々に過ごす3組6人であったが……。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【感想的な雑文】

 今年も9名の逮捕者と数多のゴミ拾い者が呻き蠢いた渋谷ハロウィンの10月31日夜、そこから東京メトロ銀座線で6駅ほど離れた虎ノ門のニッショーホール(日本消防会館)にて開催の本作試写会に参加しました。

 漫画家・イラストレーターの世紀末さんが自身のTwitterで発表し、10代20代を中心に絶大な支持を得たSNS漫画『殺さない彼と死なない彼女』を実写映画化。

 Twitter投稿からずっと見守り、原作本も発売日に購入し、読み終わった後10分ほど何も考えれず呆然となって読み返したほど思い入れのある作品だったので、漫画特有の表現との相違など大人の事情は多少あるとしても原作を損ねるようなクオリティでは許しませんぜ体勢で観賞に挑んだのですが、その結果はかなりというか相当の良い意味で裏切られました。

「みんな、画面の中で生きてる…!!!」

 もちろん最初は小坂れい演じる間宮祥太朗さん(撮影時点で25歳)の制服姿に『アオハライド(2014年)』の東出昌大さん(撮影時点で25歳)にも感じた「こ、これで高校生っすか…?」があったが、物語が経つにつれ気づいたのが小坂は全てが婉曲でしか表現できず、その歪んだ内面が間宮さんの鋭い表情という媒体を通じて露呈して、エンドロールで名前が出てくるまで“間宮”の字が頭から消えていました。ちょっと顔が良いとかの理由では配役できない小坂の存在は、間宮さんのおかげで生きました。良い演技をありがとうございます!

 そして本作の主軸ヒロインである鹿野ななこと桜井日奈子さんには感謝しかありません。原作のちんちくりんさが見事再現されていて、実際に町中で見たぐらいの感覚で自然な彼女を自然に見つめてしまいました。全体的にこじんまり・絶妙な口の悪さ・どたどた走る姿・くしゃっとした笑顔、作者の絵柄の関係上、実写化不可能(特に走り方)と勝手に思っていたので微笑ましいと同時に嬉しかったです。元々桜井さん自身大変可愛い方なので、この配役の時点で軍配は成功に上がってたんだと帰りの電車に振り返って悟りました。おそらく世紀末さんの世界観を一番表現した功労者です。自然豊かな演技をありがとうございます!

 主演二人以外にも恒松裕里さん(地味子)、堀田真由さん(きゃぴ子)、箭内夢菜さん(撫子)、ゆうたろうくん(八千代)など次世代を担う若手俳優陣による瑞々しい競演もまた見逃せません。妻夫木聡さん、小栗旬さん、新垣結衣さん、本田翼さんなどが初めて世間に出たときのように彼らも後の世間が知る俳優・女優として成長する過程のその最初として注目したいポイントですね。

 このほかにも主題歌と劇中音楽を担当する奥華子さんの優しく包み込むような曲と歌詞と歌声、劇中にカメオ出演している原作者の世紀末さん渾身の初演技、原作とはちょっと違う登場人物たちの相関図、タイトル『殺さない彼と死なない彼女』の文字一部を使って並び変えると『“小坂れい”と“鹿野なな”』になる由来の仕掛け……などなど伝えたいことがたくさんあるのですが、その中でも私が一番気になったのが、上の予告でも見て分かるとおり印象的な光の表現の仕方。

 たとえば教室を照らす日光の加減が窓側と廊下側ではまったく違い、照らすものが遠くなるほど暗くなる。まあ至極当然のことなんですが、それは私たち現実の話で映画やドラマでは《照明》のおかげで必要以上の光に満ちた世界で構成されてます(時代劇のロウソクあんなに強くないしドコから光ってんの的な)。

 それが本作では余計なもの使わず、自然光と部屋の照明だけで撮影されています。安心の合成着色光不要・無添加照明です。なので明るい部分と暗い部分のムラが目立ちます。そのムラこそが彼ら自身のリアリティを隠喩しており、登場キャラが朝晴れの日に暗い気持ちで登校したって日差しはキャラの気持ちに関係なく眩しいです。よくよく考えたら現実とはそういうものです。だからこそ相対的な暗い表情が目立ち、キャラの些細な動きに観客は意識するというズルい計算が編み込まれてます。

 また陽が強くなる瞬間だけ空から現れる《光の筋》とファインダーの中に現れる《虹の筋》、この一緒には見られない二つの筋が同じ画面に存在することでエモーション、つまり登場人物の嬉しいや悲しいなどの情景を間接的に表現する手法は日本映画が昔から得意とするもので、現代でこれほど巧妙に操った作品も珍しいです。その演出をした小林啓一監督を私は初めて観たので具体的な特徴などまだ知りませんが、今回を機に何本か過去作チェックしてみたいと思います(前作『逆光の頃(2017年)』がAmazonプライムビデオで配信されてるらしいので、まずはここから)。

 以上、批評なのか感想なのか解説なのか輪郭曖昧なダラダラ文が続いてしましたが…もう一言でまとめると、

「原作を愛する人も初めての人も観に来てほしい!!!」

 これっ、これに尽きます。

 私が参加した試写会(ライブドアブログ主催)では、若い女性に限らず老若男女、幅広い客層がいて、その中には原作が好き、映画が好き、試写会に当たったなど幅広い理由があっての集合なんだと思うのですが、物語終盤に連れ、胸を締め付けられる感動的場面になると所々すすり泣く音が…。私の隣に座る50代の少し厳ついオジサンも鼻下に拳置いていて、様々な理由でたどり着いた会場の客たちが同じ画面で感動をシェアしている今に何か尊いものが奥底からこみ上げました。

「いやぁ、映画って本当に良いもんですね」--水野晴郎

 そして上映が終わったとは改めてタイトルを読み返してください。そのときに本当の意味で涙します。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1回投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!






LINE(ブログリーダー)・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

【本日の参考文献】

桜井日奈子、間宮祥太朗
2020-04-24
楽天ブックス

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【あとがき】

 上映後、ロビーに出るとパンフレットの先行販売(本来なら公開日の11月15日発売)をやっていたので購入に並ぶと、受付には上映前の挨拶に登壇した小林啓一監督の姿が!

 何と今なら監督のサイン貰える上に直接お話ができる機会が得られるわけです。列の関係上、1人の持ち時間はせいぜい10秒前後。私は上記の10%ほどを100文字程度の文章にまとめたものを「あっ……うっ……すごく面白かったです」と伝えました。

 社会不適合生活によるコミュ障!!!!!

 屈辱のとき誰もがカイジ顔になる……圧倒的コミュ障!!!!!(NA:立木文彦)

 だけど監督は嫌な顔少しもせず「若い女性に限らず様々な人や世代に観てほしかったので嬉しいです。ありがとうございます!」と私の目を見ながら優しく言ってくれました。

 何なの…聖人なの…?

 そんなこと言われたら大ヒット貢献したくなるじゃない。ガチャ時のiTuneカードばりに映画チケットたくさん買っちゃうじゃない。いや財布のなか帰りの運賃+1000円ちょっとしかないけど。

 しかし貢献したい気持ちは本当の形した本物なので、ウオオオオオオ!!!!!!!……とサイン入りのパンフレットを横手に現在ここまでたどり着きました。

IMG_20191102_001040_144

 この記事を書いたことで何か変わるかな。彼らたちが出会えたように何かが変わるといいな。

 あと関係ない話だけど、パンフレット売るロビー受付で並んでるとき、監督の隣の隣にライブドアブログの名物プロデューサー、宮Pさん(?)がいました。いやご本人の顔見たことないんですよ。でもね、同じライブドアブログでニート漫画の巨星、まめきちまめこ大先生の描いた似顔絵に激似なんですよ。(良い意味で悪い意味で)2.5次元が歩いているレベルでそっくりなんですよ。

91a29724

 もしご本人だったらちょっと話したいなぁ。毎日読むほど大ファンのまめきちまめこの名物担当者だし、もし今後ブログ関係でお世話になるとしたら今のうちに挨拶的なこと済ませとくべきでは…?

 でも本人だという確証ないし、今挨拶したって何話すのか正直分かんないし、どうしたものか…。

「次の方、次の方どうぞ」

「えっ、あっ……うっ……すごく面白かったです」

 これがコミュ障の舞台裏、別名サイドストーリーです。そして確証が得られない以上は声を掛けれず帰宅しました。二兎を追う者は一兎をも得ずです。知りたかった分くやしい…。しかしサインゲットと感想伝えたこと考えたら三兎を追う者は一兎だけ得ずなので、通算打率6割6分6厘ですから即メジャーリーグ行きです。控え目に言って明るい未来しかない…!!!

 明るい未来、なんて保証はどこにもありませんが、大切な人と出会えただけは未来に希望を見いだせると思います。その大切な人のおかげで人生変わるなんて普通に考えて奇跡ですよね。

 その奇跡の瞬間を、ぜひ劇場でご覧ください。

 ただのスイーツ映画と思いきや、結構裏切られますよ(耳元に小声)。

スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク



---------------
  監督:大森立嗣
  脚本:
大森立嗣
  原作:宮川サトシ
  主演:安田顕、賠償美津子
ジャンル:ノンフィクション
 製作年:2018年
 製作国:日本
上映時間:108分
  評価:★★★★☆
---------------

【あらすじ】

 母の2年に及ぶ胃ガンの闘病生活から亡くなり、葬儀も火葬の段階まできた。燃え尽きた母の遺骨を見た息子サトシは、ふと「遺骨を食べたい」と思う。なぜサトシはそう思ったのか、それには38年もおよぶ母との可笑しくてパワフルな毎日があった……。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【感想的な雑文】

 原作は漫画家として活躍する宮川サトシがウェブコミックに連載した実録コミックエッセイ。そのため、その描写のほとんどが事実に基づいた“リアルさ”で構成されている。だからなのか、観ているあいだ「つらっ…キツい…」と本音を漏らしそうになる場面が数多くあった。けれど、最後まで視線逸らさずに観れたのは先生が母の死に対して(たとえスローペースでも)向き合う姿勢を見せてきたからだと後になって思う。

 幸いにもまだ親の死別を経験していないが、いつかはその日が必ずやってくる。だから余裕のある間にいざというときの準備をしなければいけない(大変メンタルが削られる作業なのだが…)。本作を観ている間も(まだ後ろ向きだけど)その必要性が重々に感じた。

 劇中の中でサトシは、診療室で一緒にガン宣告を聞いたのにもかかわらず、隣に座る母に「たぶんこの人は死なない」と根拠のない自信を持つ。もちろん親の死をまだ受け入れられない部分もあるのだが、遺骨の件と同様、なぜサトシはそう思ったのか。それにはサトシが中学生のときまで遡る。

 サトシは中学生のとき、急性白血病になった(原作では大学生のときに発症している)。水泳の池江璃花子選手が発症した病気と同じ物である。池江選手のTwitterでも綴られている通り、その闘病生活は耐え難い日々だった。治療中の激痛と副作用、医療モルヒネの意識朦朧など正直生きているか死んでいるか分からなくなる中、自分を支えてくれたのは母親の山本"KID"徳郁を彷彿させる鋭い眼光だった。あの眼光のおかげで今の自分がいるし、その持ち主が死ぬわけがない。だから今度も助かるし今度は自分が助ける、という理由である。

 もう分かっているだろうが、神の子と呼ばれた山本選手も胃ガンで亡くなった(正確には全身転移による多臓器不全)。やはりこの世に無敵などいないわけで、懸命に頑張った治療生活もむなしく、あの眼光の母も家族に見守られて亡くなった。

 また通院生活中、自宅で投薬の副作用で髪も少なくなった母親が具体的な終活を始める。その母親の姿にサトシは苦虫噛み潰した顔で怒鳴ってしまう場面がある。それは母自身が死ぬことを受け入れているわけで、サトシにとって一番見たくない姿なのである。もし自分がサトシの立場だったら、同じことをしてたかもしれない。本編の中で一番キツかった場面だった。

 そういえば母が本格的に入院して、ある晩にイビキをかき始める場面がある。以前ウチの母から聞いた話で、ウチの祖母(母方)が腎臓ガンで末期のとき、病室のベッドで大きなイビキをかいていたらしい。それから数時間後に亡くなってしまった。担当医によると、脳が損傷し指令が滞ることで筋肉が弛緩し、舌を支える筋肉も緩んで呼吸が苦しくなりイビキのような音が鳴る。それは絶命直前に見られることから別名「死のイビキ」とも言われているらしい。それを間近に見た母の証言を覚えていたので、本作がいかにリアルに作られているなのかが分かる。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1回投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!






LINE(ブログリーダー)・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

【本日の参考文献】

倍賞美津子
2019-09-18
楽天ブックス

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【あとがき】

《※ここから先は個人的な話》

 ちなみに本作は母と一緒に観に行ったのですが、昔母が祖母を病院で看取るとき、末期の祖母が激痛で叫んで、何本も輸血しながら吐血し続ける姿を見ていたらしいです。それは地獄のような光景で、やっと楽になれると安らかに亡くなっていきました。

 だけど母にとってはやはり耐え難い事実で、実家に帰宅後吐くように号泣して、その姿を見た祖父は「何泣いとんや?」と聞いてきました。「お母ちゃん亡くなったんやで」と母は怒鳴ったのだが、祖父は「だから? アイツやっと死んだから(入院代)もう払わなくてすむ」と言いました。その意見に母の姉も横で同意していたよう(前妻の子だから母親といっても他人だし、性格は祖父に瓜二つだった)。

 普段温厚な母もさすがにブチ切れたが、それ以上に祖父からブン殴られました。まだ幼稚園にも通えない小さい兄の目の前で。

「んなことより知ってんだぞ。アイツの隠し口座あんの。はよ出せやゴルァ」と髪の毛を掴みながら脅かしてきました。

 それは本当だった。だけどそれは母と祖母が2人で暮らすためにコツコツ貯めた資金で、その約束は何があっても母は守るつもりだったが、怖がって泣く兄にまだ火が点いた煙草が入った灰皿を投げつけたことで母は通帳を差し出した(祖父は金のためなら実の母親を鉄パイプで殴り続ける人だったので)。

「ホンマおまえ頭までブッサイクやな(笑)」←幼少の頃から言われてきた言葉

 祖母も形見も失ったことで精神ボロボロになった母は、新幹線で家に帰ってすぐ父に話した。

「え? 何が悲しいの。ババァ死んだだけじゃん」

 祖父と全く同意見だった。通帳のことはまだ話してなかったが、それも意味のないことだった。

「そんなこと言わないで、お願い」と母は父に抱きついたが、「気持ち悪っ」と母を突き飛ばしました。そして母は精神を病みました。

 朝も晩も突き飛ばされた場所の家の狭い廊下に倒れて、「クソ邪魔」と父に足蹴りされて、もう戻れそうにないところを小さい兄が「ママごめん…ママごめん…」と揺すりながら泣いて謝っていたらしいです。事情がまだ分からない兄は自分のせいだと勘違いしていて、その姿で母は意識を取り戻せた。

 それから30年以上、「母親が死んで悲しむのは異常なこと」と(冷静に考えて普通じゃない)呪縛に囚われ続けていましたが、本作を観たことで母はようやく当時の自分の気持ちが肯定されたと、本作を観れたことに大変感謝していました。だから私からも原作者と編集スタッフと映画スタッフに感謝を申し上げたいです。

 本当に素晴らしい作品をありがとうございました。

スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク



---------------
  監督:英勉
  脚本:高橋泉
  原作:中村航
  主演:土屋太鳳、間宮祥太朗
ジャンル:コメディ
 製作年:2017年
 製作国:日本
上映時間:98分
  評価:★★★☆☆
---------------

【あらすじ】

(滑り止めの)工業大学に(不本意で)入学した(1浪の)新女子大生ゆきな。一目惚れした人力飛行機部のパイロットでイケメンの部長:高橋先輩の勧めで二人乗り飛行機のパイロット候補になったゆきなは、当部に在籍するもう一人のパイロット坂場先輩の存在を知るが、それがメンタル最弱のヤンキーかぶれで……。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【感想的な雑文】

 とにかく本編の主軸となるゆきな(土屋太鳳)と坂場(間宮祥太朗)の喧嘩トークが、まぁ終始やかましいっ!!!(褒め言葉)

 撮影終わる度に酸素ボンベを渡してあげたいぐらい二人が並ぶシーンはハイテンション元気フルスロットル放電エネルギッシュ有頂天で、ある意味コント番組見てるようなコメディ強めだが、途中からラブ要素がチラチラ見えてきて、結果面白い少女マンガ読んでいるような爽やかな気持ちになって、(あまり期待してなかった分)結構良かった。

 ただ理系学生にとって青春の場となる三大番組『高校生クイズ』『学生ロボコン』『鳥人間コンテスト』、そこに恋愛要素が絡むとなると、個人的にしらけてしまう…。

 あそこに出場する学生たちのほとんどが出場のために勉強以外の貴重な時間を費やして、時には耐え難い挫折を乗り越えて、そして他のチームを蹴落とす覚悟で彼らは戦って念願の優勝を掴み取る。

 甲子園が代表されるスペシャリストたちの青春群像劇!!!

 これが番組たちの最大の見物なのに無駄に美男美女の出場者がいて、対決終盤になって「私たち付き合ってまーす!」「今から告りまーす!」とか流れ関係なしにコメントし始める。

 ふざんけとんのかぁ?!!

 マジョリティが持ち合わせてないものを見せつけないで……自分たちにはそれがないことを知らせないで……(嫉妬100%)。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1回投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!






LINE(ブログリーダー)・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

【本日の参考文献】

土屋太鳳
2018-01-26
楽天ブックス

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【あとがき】

※劇中の彼らに合わせてハイテンション元気フルスロットル放電エネルギッシュ有頂天でお送り致しました。
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク



---------------
  監督:三谷幸喜
  脚本:三谷幸喜
  原作:オリジナル
  主演:香取慎吾、綾瀬はるか
ジャンル:SF、コメディ
 製作年:2015年
 製作国:日本
上映時間:110分
  評価:★★☆☆☆
---------------

【あらすじ】

 西暦2265年、木星と土星の間に浮かぶスペースコロニー「うず潮」と地球を結ぶスペース幹線道路、通称ギャラクシー街道。かつて活気あった道路も開通して150年、老朽化がひどく閉鎖の噂まで聞こえてくる。そんな街道の中央にひっそりと佇む小さなハンバーガーショップ「サンドサンドバーガー・コスモ店」。今日も様々な星から宇宙人がやって来るが、その日は開店史上最も慌ただしい1日であった……。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【感想的な雑文】

 まるで少々長めの質の悪い夢を見ているような…。けどハッピーエンドなのが本作の数少ない救いで、やっぱり三谷幸喜の世界だと実感した。

 ただ同じエアポート系を観るなら『大空港2013』を勧めたい。本当に同じ人(脚本・監督)なのか…?と疑うぐらい完成度が超絶高い。今ならAmazonプライムで観れるよー。

 あと綾瀬はるかのMr.スポック感が物凄い。色々と奇妙な宇宙人が出てくるなかで、おかっぱヘアーだけで他の宇宙人を食ってしまうとか天性の才能だと思う(褒め言葉)。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1回投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!






LINE(ブログリーダー)・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

【本日の参考文献】

香取慎吾
ポニーキャニオン
2016-05-03
楽天ブックス

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク



---------------
  監督:伏原健之
     脚本:なし
  原作:なし
  出演:津端修一・英子、樹木希林(ナレーション)
ジャンル:ドキュメンタリー
 製作年:2016年
 製作国:日本
上映時間:91分
  評価:★★★★☆
---------------

【あらすじ】

 90歳を迎えても現役の建築家として活躍する津端修一。たとえどんなに時間と手間がかかろうと、若い頃から決めている“依頼主の希望を第一”をモットーに丁寧な仕事ぶりが評判だった。衰えを感じさせない彼がこれほどいきいきとした毎日を過ごせるその秘密は、87歳になる妻英子との悠々自適な生活にあった……。 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【感想的な雑文】

 本作を知った当初は老夫婦の暮らしを追ったドキュメンタリーなど興味持てなかったが、様々なメディアで褒賞・推奨コメントを見かけるので観てみた。

 まず、人生まだ若い内の今に本作に出会えたことを感謝したい。

 欲なく、淡々と、互いを尊重し、暮らしを慈しむ。

 人生コツコツ。有難う。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1回投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!






LINE(楽天ブックス)・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

【本日の参考文献】

つばたしゅういち
文藝春秋
2018-01-04
楽天ブックス
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

 

---------------
  監督:三浦大輔
  脚本:三浦大輔
  原作:朝井リョウ
  主演:佐藤健、菅田将暉、有村架純、二階堂ふみ、岡田将生、山田孝之
ジャンル:サスペンス
 製作年:2016年
 製作国:日本
上映時間:97分
  評価:★★★★☆
---------------

【あらすじ】

 就職活動の情報交換のために一部屋に集まった5人の22歳。内定だけが肯定とされる就活を通して自身が「何者」なのか、それぞれが思いや疑問をツイートに抱かせて就活に立ち向かっていた。だが、それは表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、やがて人間関係にも歪みが生じ始める。そして「内定者」が現れたとき、見えてきたのは自身すら知らない裏の顔だった……。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【感想的な雑文】

 本作は一部屋に偶然集まった5人の大学生の『Twitter』を通して見た就活にまつわる精神密室劇だが、ただ単に「今時の就活生たちの一部始終を描きました」では終われない人間の弱さ・怖さ・醜さがそこにはあった。

 自分が仲間と居る時に書くツイートを演劇の観客として見たとき、何を思うか。原作が世に発表されたとき、一部ネットでは「就活生を殺す小説」と呼ばれていた。それほど読者を世界に引き込ませるのだから、直木賞を受賞するのも納得できる。

 一見刹那的題材に見せといて、21世紀前半の社会体制を普遍的に描いているので、自分たちが50年前の映画を観たり、100年前の小説を読むように、きっと50年後も100年後も見られるでしょう。

 そして劇作家でもある三浦大輔監督の畳み掛ける後半の演出がニクいほど素晴らしい。演劇に挫折した主人公と無意識に比較してしまうのも計画なのか。

 あと映画の結末は原作と少し違っている。でも、それは上映97分以内に無理やり収めたとかでなく意図的に。97分以降も彼らは生きていると知らせる為に。

 ずいぶんと長くなったが……この作品は小説的にも映画的にも傑作であると普遍的に証明された、と自分の中で思っている。

 これから就活を迎える就活生には大変キツい内容かもしれないが、端の見えない社会の大きい流れに乗っていく・乗らされていく彼らの姿をTwitterのように観客から見てみるのも“アリ”だと思う。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1回投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!






LINE(楽天ブックス)・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

【本日の参考文献】

佐藤健
2017-05-10
楽天ブックス

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【あとがき】

 --と、ここまでが当時映画館で観た感想で、あれから就活はともかくSNSの形は大幅に変わり、今や『LINE』『Instagram』が若者の(ヒエラルキーも含めた)コミュニケーション・ツールとなってます。就活を控える現在の大学生(二十歳前後)が観たら、終始『Twitter』しか出てこない環境にどういう感想を抱くのでしょうか。

「本作は2012年時点の就活スタイルを描いている」と細やかな時代背景を汲み取る読解力があるか別に問われそうです。
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

このページのトップヘ