処理中に問題が発生しました。

 吾輩は根暗である。職歴はまだ無い。端の多い生涯を送って来ました。――みんなが当たり前に持っている見えないモノが生まれつき持っていない「私」。たった一つだけ足りない、それだけで日常は異常を孕み始める。常識というような空漠たる概念を、どう学べばいいか知らないし分からない。けれど常識はそれを決して許さない。これはつまらない絶望と希望で構成された日々の中で「私」を考え、そして失敗するまでの軌跡譚……という執拗な説明文から筆者(LD:学習障害)の悪癖が分かる共感度0%な長文ブログです。

タグ:対処法

A.布団にくるまり自己熱で人の温かさを味わう。要するに人として末期です。


スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

A.まずは何も言わず隣に座ります。それから背中を擦ります。そして話せそうな雰囲気になったらあなたから話しかけましょう。相手が愚痴を言えるぐらいの余裕が出てきたら、ひたすら聞き役に徹します。
ここではまだあなたの意見を言ってはいけません。相手は愚痴を言うことで自分はどうしたいか主張や方向性を整理してるので他者の意見を求めていません。相手から「どう思う?」と出たらあなたの意見を言っていい合図です。最初は必ず同意しつつ情報が足りない部分や矛盾に感じた部分を正直に伝えましょう。そうすることで相手は自分に興味持ってくれてると感じるので、相手はあなたに心を開きます。普段ぐらいに相手が落ち着いたら食事にでも誘いましょう。もちろん今回はあなたの奢りで。


スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

A.苦しい過去には新しい環境が良いでしょう。

新しい恋、新しい趣味、新しい職場、新しい部屋。

職場恋愛・同棲ならともかく、まさか失恋が理由で転職・転居なんて正直やってらんないので恋か趣味なんてどうでしょう。前回の失敗を踏まえて80%ぐらいの絶妙な距離感でハマっていれば嫌な過去を振り返る隙間なんてありません。

時たま仕事に没入する人もいますが、その仕事が面白いならいいのですが、別に好きでもないなら止めておきましょう。仕事と自棄は区別しないと本当の意味で心身蝕まれますよ。


スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

A.自分よりエグい挫折した偉人エピソードを読んで、その偉人が経験で生んだ名言を噛みしめる。

「私は、あなたが倒れたことになど関心はない。あなたが立ち上がることに関心があるのだ」とリンカーンの言葉を気合で立ち上がれない寝起きに思い出します。


スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

A.せっかくなのでトイレ行くまでの道のりをエンタメ化してみましょう。

部屋から2秒以内に行けたらハーゲンダッツ奢ります笑


スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

A.出来た大人なら平常心を保つのでしょうが、私はまだ心が未成年なのでいっそ逆にイライラの極限まで極めます。もちろん行動おこしてはいけません。あくまで妄想のなかだけです。頂点の後は衰退しかありません。

あとは好きなR15のアクション映画を重低音イヤホンで観るのも良いですよ。

個人的に『ジョン・ウィック チャプター2』でキアヌ・リーブスが洞窟の銃撃戦でショットガンで敵の膝と頭を撃ち抜く瞬間。あれは観るTPSですよ。


スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

A.猫画像!!!

子猫こそ平和で正義!!!


スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

このページのトップヘ