処理中に問題が発生しました。

 吾輩は根暗である。職歴はまだ無い。端の多い生涯を送って来ました。――みんなが当たり前に持っている見えないモノが生まれつき持っていない「私」。たった一つだけ足りない、それだけで日常は異常を孕み始める。常識というような空漠たる概念を、どう学べばいいか知らないし分からない。けれど常識はそれを決して許さない。これはつまらない絶望と希望で構成された日々の中で「私」を考え、そして失敗するまでの軌跡譚……という執拗な説明文から筆者(LD:学習障害)の悪癖が分かる共感度0%な長文ブログです。

タグ:子役

渋谷駅前 2019/01/01/00:00:00 pic.twitter.com/6f7RUxPt4e

posted at 00:02:29

2019年の目標は…(極力)毎日更新。そして公式ブロガー候補入り。あと「いつも読んでます」と言われたい。でもそろそろ運転免許取らないといけないから、その体験が何か面白いネタになれたら幸いです。 自分の作ったものが評価されたい欲が最近強くて苦しい。何か評価されたい #あけおめ #2019年の目標

posted at 01:35:46

『月イチ報告回』 2018年12月のツイート fight-or-flight-response.blog.jp/archives/14494…

posted at 10:01:13

『月イチ読書回』 2018年12月の読書メーターまとめ fight-or-flight-response.blog.jp/archives/14494…

posted at 10:01:17

『おせちの新定義』 【アンチおせち論】 fight-or-flight-response.blog.jp/archives/14528…

posted at 10:26:58

『好きも馴れも3日目から勝負』 【デラックスお雑煮】 fight-or-flight-response.blog.jp/archives/14547…

posted at 22:01:17

『「みんなが俺たちを知っているのに俺たちは何も知らない」――弟アンティフォラス(『間違いの喜劇』ウィリアム・シェイクスピア(訳:小田島雄志):白水Uブックス)』 fight-or-flight-response.blog.jp/archives/14594…

posted at 22:01:17

『※刺青不要論ではありません』 【刺青の範疇】 fight-or-flight-response.blog.jp/archives/14632…

posted at 22:01:13

2018年12月の読書メーター 読んだ本の数:42冊 読んだページ数:6873ページ ナイス数:0ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→ bookmeter.com/users… → bookmeter.com/mutters/181463… #bookmeter

posted at 18:34:02

【速報】ブログ更新しました 休載③ fight-or-flight-response.blog.jp/archives/14721… #休載

posted at 22:00:06

【速報】ブログ更新しました 【テレビショッキング】 fight-or-flight-response.blog.jp/archives/14749…

posted at 22:00:06

カレーを丼で食う意味とは pic.twitter.com/sF6BxGAmw6

posted at 14:49:22

帰宅。はあ疲れた。さて早くブログにまとめな。それにしても疲れた。(つまりめっちゃ楽しかった)

posted at 20:39:42

大坂なおみ選手優勝おめでとうございます!!!!! そして世界ランキング1位おめでとうございます!!!!! 観戦中めちゃめちゃ緊張した!!!!! twitter.com/MomentsJapan/s…

posted at 20:17:11

渡辺綿飴(旧名:機械職人)が今までにツイートした文字数を文庫本に換算すると23.3冊分です。 _人人人人_ > 23.3冊分 <  ̄Y^Y^Y^ ̄ #文庫本換算 appli-maker.jp/analytic_apps/52 なのにフォロワー減ってるからコスパ最悪だな

posted at 21:49:40

2018年の読書メーター 読んだ本の数:655冊 読んだページ数:115136ページ ナイス数:92ナイス ★去年に読んだ本一覧はこちら→ bookmeter.com/user… → bookmeter.com/mutters/182676… #bookmeter

posted at 22:37:15

スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

 昨日に続き、グルメ番組ネタである。
 
 深夜に惰性で見ていたバラエティ番組で、芸能タレントが事前に考えたお手軽レシピ料理を街頭インタビューの人たちに食べてもらい、何番の料理が一番美味しかったのか競う企画をやっていた。
 
 まずは各々のタレントが自慢の料理をスタジオで紹介して、そして画面は街頭の検証VTRに変わった。
 
 インタビューで主婦やサラリーマンや学生など様々な人たちが料理を食べて様々な感想を述べる中、小学1年ぐらいの女の子の感想が気になった。
 
 食レポが異常に上手すぎる。
 
 食べる前の第一印象そして期待感、口に入れたときの味の描写、しまいには視聴者に伝わりやすいよう比喩表現まで出してきた。一通り食べ終えて、この料理が良かった部分と悪かった部分を簡潔に上げて、これまでの点を踏まえた対策法をサラサラ説明した。
 
 まるで重鎮の料理研究家が書いた台本をプロ声優が口の動きに合わせてアテレコでもしたような完成度だった…。
 
 食レポの達人:井之頭五郎(『孤独のグルメ』)でもここまで技巧を凝らした感想を出してこない。
 
 この子は何者なのか…。
 
 美食家なのか子役なのか。
 
 普通に考えたら子役の可能性が高い。通称サクラの仕込み役である。絶対台本があったんだろう。あらかじめ用意されていたんだろう。そうでないと納得ができない。それとも今時の小学1年生はこういうものなのか…(たぶん違う)。
 
 当時の自分なんてトンカツは脂部分しか食べないほど歪んでいた。いい年した今でも感想述べろと言われたらまともに言えない…。
 
 たぶん私は加齢以外であの子に勝つことは難しい。
 
 そんな子でも(美食家だった場合)将来は普通の人として暮らすのだろうか。
 
 ぜひ2代目の岸朝子先生になってほしい。
 
 そういえば誰の料理が勝ったのだ?
 
 色々と考えている間に番組が終わってしまっていた。

■□
■□■□■□■□



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1票投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!




LINE・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

池波正太郎
新潮社
1981-10-27

■□
■□■□■□■□

【あとがき】
 
 料理でも何でも批評される際、評論家より専門家の方が説得力あると感じてしまいます。
 
 ここでいう評論家と専門家とは、
 
◆評論家……その現場を査定する人
◆専門家……その現場で活躍する人
 
 たとえば料理の場合、評論家とはライター・専門家とはシェフみたいな分け方です。
 
 理工学の場合なら、評論家とは理論値の理学系・専門家とは実測値の工学系が近い表現かもしれません。
 
 同じ批評を貰うなら、現場肌の同業者に貰った方が現場を知らない理想論がなくて納得しやすい気がします。
 
 自分があまり映画や書籍などのレビューを書かないのには、そういう理由が少しあります。
 
 何を書いても現場を知らない理想論のトンチンカン発言ばかり目立ってしまって、そのレビューには信用性が一切ないと筆者自身が思ってしまいます。
 
◆結局何が言いたいんだ
◆制作者の意図はそこではない
◆その推測はミスリード招くからやめろ
 
 レビューなんて十人十色で、正解のない世界のはずなんですが、ちょっとでも自分と意見が違うと弾圧なクレームがきてしまいます。
 
 クレームは来なくても、SNSで何年も掛けて映画3000本以上レビュー書いてきてもフォロワー・アクセス数・コメント・いいねが0本だったら、わざわざ費用・時間・精神を削ってまで批評してきた自分の活動に何の意味があったのか分からなくなります。それだったら何も書かない方が精神面がエコロジーになって健康的です。
 
 嘘です。逃げました。何も行動しなかった者は完全なる敗者です。私の敵は私です、中島みゆきがそう歌ってました。アクション起こさなかった者に食わす飯は無ぇ!!
 
 でも本当に批評の書き方が分かりません。読書感想文すらあまり書いてこなかったし、数少なく書いた感想文は何の評価も返ってこずに学校を卒業しました。あれが正しかったのか間違っていたのか何を書いたのか情報皆無です。
 
 ただ提出すれば良かったのなら「○○よみました。おもしろかったです」と書いた方が断然エコロジーです。紙が少なく簡潔な上にひらがなにすることで漢字より原稿1枚に対する使用量が増えて有効的です。なんて環境に優しいのでしょう。
 
 はい。3割ヤケ4割イヤミで書いてます。
 
 ダメならどこがダメなのか正当な評価をください。黙ってる方も闘わなかった者の仲間です。そういうことで最後は私の敵は私と歌った中島みゆきのヒットナンバーで今回の記事を締めようと思います。また明日お会いしましょー!
 
“ファイト! 闘う君の唄を 闘わない奴等が笑うだろう”――『ファイト!』中島みゆき

スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

このページのトップヘ