処理中に問題が発生しました。

 吾輩は根暗である。職歴はまだ無い。端の多い生涯を送って来ました。――みんなが当たり前に持っている見えないモノが生まれつき持っていない「私」。たった一つだけ足りない、それだけで日常は異常を孕み始める。常識というような空漠たる概念を、どう学べばいいか知らないし分からない。けれど常識はそれを決して許さない。これはつまらない絶望と希望で構成された日々の中で「私」を考え、そして失敗するまでの軌跡譚……という執拗な説明文から筆者(LD:学習障害)の悪癖が分かる共感度0%な長文ブログです。

タグ:ディクレクシア

 突然だが、赤ちゃんが産まれてから約3ヶ月辺りを過ぎると区役所から「定期検診受診の通知」が届く。

 これは3,4ヶ月など特定の時期を過ぎた赤ちゃんの健康状態を見るもので、各地域の近くの病院や保健センターで無料で受診する。

 この定期検診では問診、心音、首すわり、股関節など9つを調べるのだが、その中に『大泉門』という項目がある。

 大泉門とは、おでこと頭頂部の間にある菱形をした柔らかい部分で、産まれたばかりの赤ちゃんはまだ頭蓋骨が未熟で完成しておらず、ここから1歳半まで掛けて周りの骨の成長による重なりによって閉じていくのだが、そうすると逆算から3、4ヶ月には「このぐらい閉じてるよね?」という規定数値が決まる。

 この項目では、その大泉門の現在閉じてる距離を測り、規定内かどうか調べる。

 距離が長かれ短かれ、ほとんどの赤ちゃんがパスする項目だが、私の場合は……。

「ちょ、ちょっとここで待っててください!」

 私のを測った看護師が診察室を突然飛び出た。

 ……またそういうパターンか。

 廊下へと消え去って数分後、その看護師は見るからに「ベテランの先生」を連れてきた。

 一連の話を聞いたであろうその先生も私の大泉門を測り、寝そべる私の腕を持ち上げて、何かブツブツと考えた末にこう言った。

「お母さん、お子さんには注射打てませんね」

「なぜですか?」

「いや、だって腕持ち上げたお子さん見てください」

 そこには首が座ってないにしろ有り得ないほど頭部が後ろに落ちてる私の姿があった。

 長らく一緒に過ごして鈍化した母も、これには「あー……」としか言えなかった。

「正直こんなにクラゲみたいな子、見たことないよ。これは脳に何か異常あると思うから、何処か専門施設で詳しく調べたら?」

 ズバズバと言い渡す先生。(※実際はもっとオブラート包んだ説明)

「はい、わかりました…」

 グゥの音も出ない母。

 とりあえず特殊なカルテを書いてもらい、後日に専門施設にて精密検査を受けることになった。

 それと同時並行に、様々な知人のツテから特殊な乳幼児の診療に詳しい先生に事情を話して直接診てもらえることになった。

 数週間後、都心から外れた閑静な地帯にある専門施設。ここで「ダメ」と言われたら「本当にダメ」と認定されるレベルまで来ている。

 専門医はどう見るか。

 私たち親子は入室した。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加しています!
たった、たったの1クリックで1日1票投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!





LINE・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

【本日の参考文献】


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【あとがき】

 言い渡された帰宅途中の電車内にて。


「あんた…怖くない?」


「グゥー」


「…そっか」
 
 ……という都合のいい妄想寸劇。

スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

 今までのトラブルが嘘のように病室内は穏やかだった。

 起きてるものの私は静かにくつろいでいて、そんな私を母は静かに抱えており、その横には静かに見守るスタッフさんもいた。

「もうすぐ赤ちゃんに食事を与える時間です」と用意されたほ乳瓶が母に渡された。

 聞いた話によると、赤ちゃんが産まれた瞬間から授乳が出来るわけではない。人によっては直ぐ出来る人もいるが、この母乳の出はその人の体質に左右されるので、基本的に授乳が出来るまでは赤ちゃんはほ乳瓶を飲んで待機する。これは犬でも猫でもそう。ましてや同じ哺乳類である人間もそう。そして母も同じく直ぐにあげれる訳ではなかった。今はあげれるまでほ乳瓶で待機する。

 スタッフの監視の下、母は私を抱えつつほ乳瓶の飲み口を私の半分開いた口元に近づけた。赤ちゃんは本能的に口元にある物を吸うらしい。1分1秒でも早く栄養を摂取するためとか。ちなみに私には7歳上の兄がいるが、兄の時は吸うのが大変な授乳より楽なほ乳瓶で育った。

「兄弟揃ってほ乳瓶で育つのかなぁー」

 母のその考えはこの直後に否定される。飲み口が私の唇に触れた途端、急に口を閉じだした。

 あれ…口閉じた? おかしいな? その後も何度も飲み口を触れさせても吸う気配がない。

 バトンタッチでスタッフが与えてみた。少々強めに押しつけても閉じる口元が強くなる一方だった。そこでスタッフは決して口を開かない私の身体をつねった。もちろん覚えてないのだが「痛!」かった。

 いくらなんでも乱暴すぎない? そう思うかもしれないが、この行為は正式な産婦人科マニュアルにも書いてある「口を開かない新生児への対処法」らしい。(今もあるか知らないが当時はあったらしい)

 痛い。痛い。これはさすがに泣く。

 大声で泣き叫ぼうと口を開いたと同時に間髪入れずほ乳瓶の飲み口を入れた。

 結果は…母によると本能的に吸うことよりも、痛みで泣き叫ぶことよりも、弱い舌の力で必死に先を押し返していたらしい。この様子に母は何か命の神秘を感じたそうな。

 どうしてもほ乳瓶を吸わない。先のゴムを異物として認識しているのか頑固として拒否し続けた。そもそも目も開いてないような新生児が瞬間的に本物と偽物を見分けられるなんて考えられない。

「こんなの信じられない…」

 長年勤めてるスタッフも、ほ乳瓶持った医者も、口揃えてそう漏らした。(言っておくが今回は壁に投げていない)

 何より問題なのは、産まれてから一度も食事していないことだ。これでは餓死してしまう。

「さすがにお腹がへればほ乳瓶吸うでしょ?」

 スタッフ総一同そう思った。

 ところが私のストライキは2日目に突入した。

 生後2日目。赤子だが顔面は青白い。体重は4分の3を切る寸前。スタッフ一同も負けずに青白かった。もう危険領域に達してる。

 この子は何で吸わないんだ!? この2日間、母もスタッフも出来る限り対策を練った。

 本来なら点滴摂取だ。(あまりに小さすぎて針は刺せない)

 口元に直接粉ミルクを流し込む?(事態によっては大惨事を招く)

 井戸の呼び水みたいに母乳が出なくても吸わせてみたら刺激されて出てくるのでは?(必死に吸うが出てくる事はなかった)

 スタッフとのマンツーマン指導のもと母も母乳が出るように必死にマッサージ続けた。結構強めに押していたら何かが出てきた。けど、それは真っ赤な色をしていた。乳腺が損傷して血が流れ出したのだ。マンツーマンで赤ちゃんみたいに嘆き悲しんだ。

 生後3日目。努力の成果が出た。まるで今までの反動のように出るようになった。スタッフに見守られる中、私は一生懸命に吸っていた。1分1秒でも早く栄養を摂取するために。この様子に母は何か命の神秘を再び感じたそうな。

 よそのベッドより集中的な食事とケアが続いた数日後、母と私は濃厚な思い出を残した病院を後にした。(兄は母の知人宅に預けられ、単身赴任組の父はこの時こっちに帰っていたが、「赤ん坊なんて飽きるほど会うだろ」という理由で先に帰っていた)

 ここから先は皆さんが思いつくような極一般的な日常になります。

 少なくとも、この3ヶ月後までは……。

 ……なんて意味深に書き終わらせてみる。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加しています!
たった、たったの1クリックで1日1票投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!





LINE・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【あとがき】

 このブログでは家族は登場しますが、話が進むにつれ、それほど多くは出てきません。

 理由は簡単。

 家族に許可も同意も無しに書いているので、そんな好き勝手には書けない…。

スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

このページのトップヘ