処理中に問題が発生しました。

 吾輩は根暗である。職歴はまだ無い。端の多い生涯を送って来ました。――みんなが当たり前に持っている見えないモノが生まれつき持っていない「私」。たった一つだけ足りない、それだけで日常は異常を孕み始める。常識というような空漠たる概念を、どう学べばいいか知らないし分からない。けれど常識はそれを決して許さない。これはつまらない絶望と希望で構成された日々の中で「私」を考え、そして失敗するまでの軌跡譚……という執拗な説明文から筆者(LD:学習障害)の悪癖が分かる共感度0%な長文ブログです。

タグ:サスペンス

 

---------------
  監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
キャスト:ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォード
ジャンル:SF/サスペンス
 製作年:2017年
 製作国:アメリカ
上映時間:163分
  評価:★★★★☆
---------------

【あらすじ】

 2049年、ロサンゼルス市警の「ブレードランナー」として旧型のレプリカント(人造人間)を「解任(抹殺)」する職務に就くKは、ロサンゼルス郊外の合成農場を営む逃亡レプリカントの解任するが、その庭にある枯れ木の根本深くから遺骨の入ったトランクを見つける。

 検死の結果、帝王切開の合併症で約30年前に死亡した女性だと判明した。ただ遺骨には製造番号が刻まれており、生殖機能を持たないレプリカントであったことも判明する。事態の深刻さを察した市警本部はKに徹底的な情報処分を命じる。レプリカント製造を管理するウォレス社を訪れたKは、過去の記録から遺骨はレプリカントのレイチェルであること、そして逃亡直前にロス市警の元ブレードランナーであるリック・デッカードと恋愛関係にあったことを知る……。

■□■□■□■□■□

【感想的な雑文】

 前作の『ブレードランナー(1982年)』、前作と本作を繋ぐサイドストーリー『ブレードランナー 短編三部作(YouTube:2017年)』両方とも観た状態での観了。

 感想は言えない、何を話してもネタバレに繋がりそうで気軽には話せない…。

 でも『ブレードランナー』で描かれた未来の映像美に感動した人、純粋なSFを観たい人に薦めたい。

 観る前に唯一アドバイスすると、前作の『ブレードランナー』観てないと本当に分からない内容となっている。

 つまり、それぐらい正式な続編を意識した内容なので、観て損することは絶対ない。

■□■□■□■□■□



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1回投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!






LINE・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

ハリソン・フォード
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

 

---------------
  監督:三浦大輔
キャスト:佐藤健、菅田将暉、有村架純、二階堂ふみ、岡田将生、山田孝之
ジャンル:サスペンス
 製作年:2016年
 製作国:日本
上映時間:97分
  評価:★★★★☆
---------------

【あらすじ】

 就職活動の情報交換のために一部屋に集まった5人の22歳。内定だけが肯定とされる就活を通して自身が「何者」なのか、それぞれが思いや疑問をツイートに抱かせて就活に立ち向かっていた。だが、それは表の顔。内定が決まらない中、お互いの就活へのスタンスや取り組み方の違いに嫌悪感を抱き、やがて人間関係にも歪みが生じ始める。そして「内定者」が現れたとき、見えてきたのは自身すら知らない裏の顔だった……。

■□■□■□■□■□■

【感想的な雑文】

 本作は一部屋に偶然集まった5人の大学生の『Twitter』を通して見た就活にまつわる精神密室劇だが、ただ単に「今時の就活生たちの一部始終を描きました」では終われない人間の弱さ・怖さ・醜さがそこにはあった。

 自分が仲間と居る時に書くツイートを演劇の観客として見たとき、何を思うか。原作が世に発表されたとき、一部ネットでは「就活生を殺す小説」と呼ばれていた。それほど読者を世界に引き込ませるのだから、直木賞を受賞するのも納得できる。

 一見刹那的題材に見せといて、21世紀前半の社会体制を普遍的に描いているので、自分たちが50年前の映画を観たり、100年前の小説を読むように、きっと50年後も100年後も見られるでしょう。

 そして劇作家でもある三浦大輔監督の畳み掛ける後半の演出がニクいほど素晴らしい。演劇に挫折した主人公と無意識に比較してしまうのも計画なのか。

 あと映画の結末は原作と少し違っている。でも、それは上映97分以内に無理やり収めたとかでなく意図的に。97分以降も彼らは生きていると知らせる為に。

 ずいぶんと長くなったが……この作品は小説的にも映画的にも傑作であると普遍的に証明された、と自分の中で思っている。

 これから就活を迎える就活生には大変キツい内容かもしれないが、端の見えない社会の大きい流れに乗っていく・乗らされていく彼らの姿をTwitterのように観客から見てみるのも“アリ”だと思う。

■□■□■□■□■□



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1回投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!






LINE・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

佐藤健

■□■□■□■□■□

【あとがき】

 --と、ここまでが当時映画館で観た感想で、あれから就活はともかくSNSの形は大幅に変わり、今や『LINE』『Instagram』が若者の(ヒエラルキーも含めた)コミュニケーション・ツールとなってます。就活を控える現在の大学生(二十歳前後)が観たら、終始『Twitter』しか出てこない環境にどういう感想を抱くのでしょうか。

「本作は2012年時点の就活スタイルを描いている」と細やかな時代背景を汲み取る読解力があるか別に問われそうです。
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

このページのトップヘ