処理中に問題が発生しました。

 吾輩は根暗である。職歴はまだ無い。端の多い生涯を送って来ました。――みんなが当たり前に持っている見えないモノが生まれつき持っていない「私」。たった一つだけ足りない、それだけで日常は異常を孕み始める。常識というような空漠たる概念を、どう学べばいいか知らないし分からない。けれど常識はそれを決して許さない。これはつまらない絶望と希望で構成された日々の中で「私」を考え、そして失敗するまでの軌跡譚……という執拗な説明文から筆者(LD:学習障害)の悪癖が分かる共感度0%な長文ブログです。

タグ:コメディ

picture_pc_b64a06f9681a9c632712ea728278794e

---------------
  作者:ヤチナツ
ジャンル:コメディ
 出版年:2020年
 出版国:日本
 出版社:同人冊子
ページ数:104ページ
読書回数:1回
  評価:★による定評評価はおこがましいため、今回は割愛させていただきます。
---------------

【あらすじ】

 天才的なワードセンスで皆に愛されるボブ女子きみちゃん、月星座占いと悩み相談が得意な心優しきメガネ女子りさこちゃん、兄貴と姉御の肌を併せ持つ頼れるボーイッシュ女子こはるさん。同じ会社に勤める三人娘は夜な夜などこかで集まって、酒の肴に恋や愛や性について赤裸々に報告し合っていた。ダメな男、ズルい女、それぞれのダサい本音、隣の席から聞こえる今宵の報告は――。

---------------

【感想的な雑文】

 更新されたら意識して読んでいた作品が明日12日に初書籍化されると聞き、単行本をネット予約した後、作者のヤチナツさんが昨年2月に開催されたCOMITIA131で限定販売した同人冊子の復刻ダウンロード版(PDF式)を久々に読み直した。

 あらすじでも書いたように、仲良いアラサー女子3人を中心とした出来事や体験談を通して、彼女たちと彼女たちを取り巻く女性陣の様々な接点の物語が始まる(ちなみに、この記事での性別は心の性別を指し、身体的男性のトランスジェンダーも女性となります)。

 昔から女性と縁のない生活の身にとって、同じ世代の女性たちが抱えるリアルな悩みを読み知るのは若干スリルであり結構グロテスクでもあるが、「異性だから」って向こうの悩みを知らなくていい理由にはならない。むしろ能動的に知ろうと思うことで、(ご時世的な理由で直接手助けすることできなくても)知っていることで生まれる「何かしらの形」としてサポートができると思う。理解の意識、そういう意識をコメディドラマを通して私に与えてくれた。

 主人公の3人は性格もファッションも物事の価値観も違う。これが現実だったら、おそらく友達にはならないけど、そんな彼女たちが仲良いのは、3人とも他人に対する「理解の意識」が備わっているからだと思う。たとえば誰かが「元彼のヘンテコな癖」を話したとき、普通なら「何それキモっ!w」と一言で片づけてしまうところを、残りの2人は知恵と経験と勘で「きっと、こういう理由があったんじゃない?」と推測する。

 考えるというのは大変しんどい行為で、たとえ一時的でも対象者の人生を背負うことになる。誰もが自分のことでいっぱいいっぱいで、正直に言って他人の人生も背負うほど人は本当は優しくない。だけど、逆に彼女たちは書類運びを手伝う感覚で相手の相談に乗るし、おやつを共有する感覚で他の意見を訊く。そこには複雑な心理や計算があるわけではなく、ただ単に「やさしい」だけ、それも底抜けに(ただし女の敵には容赦ない)。だから「愛」が心を受け入れると書くように「理解を示す」のも一種の「愛…!!」なのだ。

 この作品に登場する人たちの例と悩みは決して他人事ではなく、そして男性特有の「コイツは俺に惚れてる」と驕っている描写には同じ男性の自分にとってグサッと突き刺さる…。どれのどこまでがフィクションなのか分からないけれど、男性陣のお前ら、まあ、これを読んで勉強しとけ。その下心、女性陣にすべて筒抜けだから…。

 また、読者に直接話しかけるのではなく、彼女たちの会話内で終わらせる。これもあらすじでも書いた隣の席からちょっと聞こえてきたぐらいの距離感が絶妙に心地よい。その距離から「フェンシングセッ久(読み方は察して)」「コンテンホ゜ラリーチンホ゜」「豚フォルダ」「母より大きな、オカママインド」、こんな破壊力抜群なパワーワードらが聞こえてきたら、もう席を外すわけにはいかない。もうちょっと詳しく聞くためには財布から1050円(ダウンロード代)握りしめるしかない。

 だけど、明日12日まで待てば+100円ちょっとで単行本(電子版も同時発売)が買えるので、正直なところ同人版を買う必要はないかもしれない。だけど、私はこの出版社にまだ整えられていない、情熱が迸る粗削りの、荒々しくて猛々しく初々しい言画の息吹がたまらなく好きです。

 もう何回目の経験なのか分からなくなりましたが、応援していた連載作が一冊の本として認められるのは、やっぱり感慨深いものがあります。そして、今回のこの一冊も私の思い出になると思います。ヤチナツさん、この度は『20時過ぎの報告会』書籍化おめでとうございます!!

(※まだまだ書きたいことありますが、続きは単行本版の感想で)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1票投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!





LINE・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

【本日の参考文献】

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【あとがき】

 主人公のひとりで個人的に推しのキャラ、メガネ女子「りさこちゃん」の趣味のひとつが独学で学んだ占い(占う側)で、(本人は隠していますが)作中で登場人物たちのお悩みを数々解決していくんですが、実は、これ誰にも話したことないんですけど…実は自分も占い(占う側)やってるんですよ。もうかれこれ10年近く。

picture_pc_abc706ea4517d55cceb2dd8f7b9c4f22

 りさこちゃんは、生年月日の数字をバラバラにして一桁になるまで足していった数字「運命数」の運勢と相性を占う「カバラ数秘術」と、太陽・月・惑星・星座の位置で運勢と相性を占う「ホロスコープ」のふたつを扱います。

 私のはタロットカードのひとつで、全78枚のうちの「大アルカナ」と呼ばれる絵柄21枚で運勢と相性を占う手法(やり方がたくさんある)を扱います。しかも誰にも言わず相談されずで10年間ひとりだけでひたすらタロットカードをめくって遊んでいました…。

 タロットカード始めたのは、そもそも少し興味あったというのもあるのですが、それよりも「タロットカードって何かカッコいい」という中2な理由でした。作中でりさこさんは「クソスピリチュアル女」という称号(こはるさん命名)を持っていますが、また別の意味で私もクソスピリチュアル野郎でございます。りさこさんは相談に乗る責任感から途中で「占い師見習いおばさん」に昇格しますが、誰にも話さないでいた私は「クソスピ野郎」のままでございます。

「占い師見習いおじさん」、字面クソ最悪ですが…内心では誰か救ってみたいですし、占い歴も10年目、もうそろそろ昇格したいので、お茶をする形でりさこちゃんと対談したいです…。美人だし優しいし可愛いし理想の先輩…あっでも年齢ほぼ近いからタメの可能性あるな。でもね、そんなのって本当にどうでもよくて、カッコいい女性というのはいつでも誰でも憧れる…!!
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク



---------------
  監督:英勉
  脚本:高橋泉
  原作:中村航
  主演:土屋太鳳、間宮祥太朗
ジャンル:コメディ
 製作年:2017年
 製作国:日本
上映時間:98分
  評価:★★★☆☆
---------------

【あらすじ】

(滑り止めの)工業大学に(不本意で)入学した(1浪の)新女子大生ゆきな。一目惚れした人力飛行機部のパイロットでイケメンの部長:高橋先輩の勧めで二人乗り飛行機のパイロット候補になったゆきなは、当部に在籍するもう一人のパイロット坂場先輩の存在を知るが、それがメンタル最弱のヤンキーかぶれで……。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【感想的な雑文】

 とにかく本編の主軸となるゆきな(土屋太鳳)と坂場(間宮祥太朗)の喧嘩トークが、まぁ終始やかましいっ!!!(褒め言葉)

 撮影終わる度に酸素ボンベを渡してあげたいぐらい二人が並ぶシーンはハイテンション元気フルスロットル放電エネルギッシュ有頂天で、ある意味コント番組見てるようなコメディ強めだが、途中からラブ要素がチラチラ見えてきて、結果面白い少女マンガ読んでいるような爽やかな気持ちになって、(あまり期待してなかった分)結構良かった。

 ただ理系学生にとって青春の場となる三大番組『高校生クイズ』『学生ロボコン』『鳥人間コンテスト』、そこに恋愛要素が絡むとなると、個人的にしらけてしまう…。

 あそこに出場する学生たちのほとんどが出場のために勉強以外の貴重な時間を費やして、時には耐え難い挫折を乗り越えて、そして他のチームを蹴落とす覚悟で彼らは戦って念願の優勝を掴み取る。

 甲子園が代表されるスペシャリストたちの青春群像劇!!!

 これが番組たちの最大の見物なのに無駄に美男美女の出場者がいて、対決終盤になって「私たち付き合ってまーす!」「今から告りまーす!」とか流れ関係なしにコメントし始める。

 ふざんけとんのかぁ?!!

 マジョリティが持ち合わせてないものを見せつけないで……自分たちにはそれがないことを知らせないで……(嫉妬100%)。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1回投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!






LINE(ブログリーダー)・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

【本日の参考文献】

土屋太鳳
2018-01-26
楽天ブックス

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【あとがき】

※劇中の彼らに合わせてハイテンション元気フルスロットル放電エネルギッシュ有頂天でお送り致しました。
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク



---------------
  監督:ノーラ・エフロン
  脚本:ノーラ・エフロン、デリア・エフロン
  原作:リメイク
  主演:メグ・ライアン、トム・ハンクス
ジャンル:恋愛、コメディ
 製作年:1998年
 製作国:アメリカ
上映時間:119分
  評価:★★★☆☆
---------------

【あらすじ】

 ニューヨークの片隅、先代の母から継いだ小さな絵本専門書店の女主人キャスリーンは、インターネットで知り合った顔も声も名前も知らない[NY152]とのメール文通に夢中。

「文面でしか彼のことは知らないけど、きっと素敵な人に違いないわ!」

 そんなことを思っていたある日、自分の店のすぐ近くにカフェ併設の値引き型大型書店が出店。今まで来てくれていたお客たちが向こうに取られていって売り上げは大ピンチ!

 彼女は商売敵である大型書店の経営者で合理主義の御曹司ジョーと顔合わせる度に口喧嘩になるが、実は毎晩文通し合う[NY152][shopgirl]だとは、お互いまだ気がついていなかった……。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【感想的な雑文】

 Wikipediaの情報を元に、久しぶりにあらすじ書いていって段々と思い出してきた。何かラブストーリー系の作品を書くときの参考書として観ておいても良いぐらいラブコメ王道の一作である。

 高校生のとき、英語の課題教材として授業中に観たのだが、今となって考えたら何でこれ選んだんだろう…。

 当時それほど興味がなかったから何の印象も残らなかったけど、当時の彼らの年齢に近づいた今、改めて観たら違う感想を抱く気がする(アマゾンプライムにもNetflixにもないので、まだ分からないが…)。

 またメールや文通を知らない若い世代でも、SNSに置き換えて観てみたら、もしかしたら彼らの心情が分かるかもしれない。むしろSNSのほうが本作との相性が良いでしょう。そういう意味では、色褪せない名作だと思う。

 Wikipediaでさらに調べると、1940年に製作された『桃色の店』という作品のリメイクで、時代を反映して「手紙で文通」の設定が「インターネットでメール」に置き換えられたらしい。それならSNSが最も普及された今、「SNSでDM」という設定でまたリメイクしてもいいのでは?

 テンプレな設定のラブコメを作るぐらいなら、こっち作ってほしい…。

 このように時代も媒体も変わってしまったけれど、人が誰かに恋して想う姿は変わらないのだと実感する(たぶん翌朝に読み返したら吐くなコレ)。

 たとえ学校とか職場とか今日1日に疲れたとしても、ネットにいる誰かのメッセージで明日もまた頑張れる。それは文通の時代から続く普遍的な事実。だからこそ恋愛映画の傑作ラインナップに常に入れておきたい1作だと思います。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1回投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!






LINE(ブログリーダー)・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

【本日の参考文献】

トム・ハンクス、メグ・ライアン
2013-11-26
楽天ブックス

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【あとがき】

 それにしても、この頃のメグ・ライアンは可愛かった。今は……。
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク



---------------
  監督:三谷幸喜
  脚本:三谷幸喜
  原作:オリジナル
  主演:香取慎吾、綾瀬はるか
ジャンル:SF、コメディ
 製作年:2015年
 製作国:日本
上映時間:110分
  評価:★★☆☆☆
---------------

【あらすじ】

 西暦2265年、木星と土星の間に浮かぶスペースコロニー「うず潮」と地球を結ぶスペース幹線道路、通称ギャラクシー街道。かつて活気あった道路も開通して150年、老朽化がひどく閉鎖の噂まで聞こえてくる。そんな街道の中央にひっそりと佇む小さなハンバーガーショップ「サンドサンドバーガー・コスモ店」。今日も様々な星から宇宙人がやって来るが、その日は開店史上最も慌ただしい1日であった……。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【感想的な雑文】

 まるで少々長めの質の悪い夢を見ているような…。けどハッピーエンドなのが本作の数少ない救いで、やっぱり三谷幸喜の世界だと実感した。

 ただ同じエアポート系を観るなら『大空港2013』を勧めたい。本当に同じ人(脚本・監督)なのか…?と疑うぐらい完成度が超絶高い。今ならAmazonプライムで観れるよー。

 あと綾瀬はるかのMr.スポック感が物凄い。色々と奇妙な宇宙人が出てくるなかで、おかっぱヘアーだけで他の宇宙人を食ってしまうとか天性の才能だと思う(褒め言葉)。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1回投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!






LINE(ブログリーダー)・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

【本日の参考文献】

香取慎吾
ポニーキャニオン
2016-05-03
楽天ブックス

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク



---------------
  監督:デニス・デューガン
  脚本:ジェイ・シェリック、デヴィッド・ロン
  原作:オリジナル
  主演:マーティン・ローレンス、スティーブ・ザーン
ジャンル:コメディ、アクション
 製作年:2003年
 製作国:アメリカ
上映時間:88分
  評価:★★★☆☆
---------------

【あらすじ】

 警官志望生の黒人アールは挑発的な性格のせいで今年も採用試験に落ちてしまった。

 一方、職務中に相棒を目の前で失った過去を持つ警察官ハンクは、昼間の街で車場荒らしらしきアール(実際は車中に鍵置き忘れてドア閉めてしまった)を職務質問するが、偶然飛んできた1匹の蜂のせいで誤ってアールを殴ってしまう。

 その場面を偶然携帯で一般人に撮影されて、ハンクは懲役6ヶ月そして警官クビになってしまう。一時期ニュースになったこともあって、刑務所では黒人の囚人たちからリンチをくらうが、何とか耐えて出所したハンクは小さい警備会社の警備員として勤めることになる。

 偶然深夜に別管轄の倉庫が襲われている場面に遭遇したハンクは潜入に成功するが、そこで会ったのは、偶然同じ会社に勤める警備員アールだった。今晩のシフト担当である監視パトロールを怠ったせいで侵入されたらしい。

 彼らは互いを忌み嫌いながらも協力し、倉庫を襲った犯人と牛耳る裏の組織を追っていく……。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【感想的な雑文】

 土曜の深夜、テレビつけっぱなしにしてたら何かマーティン・ローレンス(吹替:山寺宏一)の映画が始まっちゃったので、そのまま見てたら結構面白かった。

 ただ「どーせお前ら、相性最悪の凸凹コンビが銃や車でドッカンバッタンど派手に暴れる設定の映画好きなんだろ?」と言うばかりに雑というか大味な内容で、そういうバディ系にありがちな展開ばかりだったからハッキリ言おう。

 ああそうだよ、そういうの大好物だよ!

 敵も味方も脳筋の野郎らがテレビゲーム初心者みたいな銃のバカ撃ちと免許剥奪運転で道路ボォォボォォに燃やしちゃう系の頭からっぽで見れる映画って良いよな!!

 またそういう映画って存在知っていても、わざわざTSUTAYAで借りようとは思わない。かといって動画配信アプリで選ぶことも少ない。たぶん一生出会わないであろう前提の中で、ちょうど居合わせたら見れるテレビ放送は運命の導きのようであり、そういう映画が一番面白く映る距離感である。本作もまたそういう類いであった。

 やっぱ90年代のアクション映画は良いy……これ製作2003年なの!?

 バディ映画の傑作『バッドボーイズ 2バッド(こちらもローレンス出演)』と同期なの!?

 おいおい21世紀に入ってこのクオリティとは恐れ入ったぜ…。

 細部までCGが行き渡ってる映画も良いけど、たまにはこういう作りが泥臭い映画も良いじゃないか。

 その泥臭さにゲラゲラ笑い合う仲間こそ真のバディだ!!!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1回投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!






LINE(ブログリーダー)・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

【本日の参考文献】

Joe Flaherty
2013-11-26
楽天ブックス

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

このページのトップヘ