処理中に問題が発生しました。

 吾輩は根暗である。職歴はまだ無い。端の多い生涯を送って来ました。――みんなが当たり前に持っている見えないモノが生まれつき持っていない「私」。たった一つだけ足りない、それだけで日常は異常を孕み始める。常識というような空漠たる概念を、どう学べばいいか知らないし分からない。けれど常識はそれを決して許さない。これはつまらない絶望と希望で構成された日々の中で「私」を考え、そして失敗するまでの軌跡譚……という執拗な説明文から筆者(LD:学習障害)の悪癖が分かる共感度0%な長文ブログです。

タグ:グルメ番組

 昨日に続き、グルメ番組ネタである。
 
 深夜に惰性で見ていたバラエティ番組で、芸能タレントが事前に考えたお手軽レシピ料理を街頭インタビューの人たちに食べてもらい、何番の料理が一番美味しかったのか競う企画をやっていた。
 
 まずは各々のタレントが自慢の料理をスタジオで紹介して、そして画面は街頭の検証VTRに変わった。
 
 インタビューで主婦やサラリーマンや学生など様々な人たちが料理を食べて様々な感想を述べる中、小学1年ぐらいの女の子の感想が気になった。
 
 食レポが異常に上手すぎる。
 
 食べる前の第一印象そして期待感、口に入れたときの味の描写、しまいには視聴者に伝わりやすいよう比喩表現まで出してきた。一通り食べ終えて、この料理が良かった部分と悪かった部分を簡潔に上げて、これまでの点を踏まえた対策法をサラサラ説明した。
 
 まるで重鎮の料理研究家が書いた台本をプロ声優が口の動きに合わせてアテレコでもしたような完成度だった…。
 
 食レポの達人:井之頭五郎(『孤独のグルメ』)でもここまで技巧を凝らした感想を出してこない。
 
 この子は何者なのか…。
 
 美食家なのか子役なのか。
 
 普通に考えたら子役の可能性が高い。通称サクラの仕込み役である。絶対台本があったんだろう。あらかじめ用意されていたんだろう。そうでないと納得ができない。それとも今時の小学1年生はこういうものなのか…(たぶん違う)。
 
 当時の自分なんてトンカツは脂部分しか食べないほど歪んでいた。いい年した今でも感想述べろと言われたらまともに言えない…。
 
 たぶん私は加齢以外であの子に勝つことは難しい。
 
 そんな子でも(美食家だった場合)将来は普通の人として暮らすのだろうか。
 
 ぜひ2代目の岸朝子先生になってほしい。
 
 そういえば誰の料理が勝ったのだ?
 
 色々と考えている間に番組が終わってしまっていた。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1票投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!




LINE・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【あとがき】
 
 料理でも何でも批評される際、評論家より専門家の方が説得力あると感じてしまいます。
 
 ここでいう評論家と専門家とは、
 
◆評論家……その現場を査定する人
◆専門家……その現場で活躍する人
 
 たとえば料理の場合、評論家とはライター・専門家とはシェフみたいな分け方です。
 
 理工学の場合なら、評論家とは理論値の理学系・専門家とは実測値の工学系が近い表現かもしれません。
 
 同じ批評を貰うなら、現場肌の同業者に貰った方が現場を知らない理想論がなくて納得しやすい気がします。
 
 自分があまり映画や書籍などのレビューを書かないのには、そういう理由が少しあります。
 
 何を書いても現場を知らない理想論のトンチンカン発言ばかり目立ってしまって、そのレビューには信用性が一切ないと筆者自身が思ってしまいます。
 
◆結局何が言いたいんだ
◆制作者の意図はそこではない
◆その推測はミスリード招くからやめろ
 
 レビューなんて十人十色で、正解のない世界のはずなんですが、ちょっとでも自分と意見が違うと弾圧なクレームがきてしまいます。
 
 クレームは来なくても、SNSで何年も掛けて映画3000本以上レビュー書いてきてもフォロワー・アクセス数・コメント・いいねが0本だったら、わざわざ費用・時間・精神を削ってまで批評してきた自分の活動に何の意味があったのか分からなくなります。それだったら何も書かない方が精神面がエコロジーになって健康的です。
 
 嘘です。逃げました。何も行動しなかった者は完全なる敗者です。私の敵は私です、中島みゆきがそう歌ってました。アクション起こさなかった者に食わす飯は無ぇ!!
 
 でも本当に批評の書き方が分かりません。読書感想文すらあまり書いてこなかったし、数少なく書いた感想文は何の評価も返ってこずに学校を卒業しました。あれが正しかったのか間違っていたのか何を書いたのか情報皆無です。
 
 ただ提出すれば良かったのなら「○○よみました。おもしろかったです」と書いた方が断然エコロジーです。紙が少なく簡潔な上にひらがなにすることで漢字より原稿1枚に対する使用量が増えて有効的です。なんて環境に優しいのでしょう。
 
 はい。3割ヤケ4割イヤミで書いてます。
 
 ダメならどこがダメなのか正当な評価をください。黙ってる方も闘わなかった者の仲間です。そういうことで最後は私の敵は私と歌った中島みゆきのヒットナンバーで今回の記事を締めようと思います。また明日お会いしましょー!
 
“ファイト! 闘う君の唄を 闘わない奴等が笑うだろう”――『ファイト!』中島みゆき

スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

 テレビのグルメ番組で若手男性タレントが「茹でたうどんにタイカレーを掛ける『タイカレーうどん』が美味くてオススメ!」と熱く語っていた。

 視聴者である私は稲妻に打たれたような衝撃が脳内に走った。

 なるほど! その発想は盲点だった!!

 何故そんなに驚くのかというと、私は無類のカレーうどん好きだからだ。

 普段でも恍惚に美味しいカレーうどんに新感覚のエスニック要素が加わったら、もしかしたら自分の舌は新次元に飛び立つかもしれない。このカレーうどんから新たな日泰友好が生まれるかもしれない(タイは漢字で泰国と書く)。

 奇遇にもキッチンの棚には未開封のレトルトタイカレー(レッド)1人前がひとつある。たしかワゴンセールで買ったものだ。あとはうどんを茹でて、レトルトを掛ければいいがうどんのストックがないので翌日買ってくることにした。それは明日の夕食がタイカレーうどんに決まった瞬間だった

     〇

 公約通り、翌日うどんを買ってきた。食べる前から楽しみである。

 まずはいつものようにうどん2人前分茹でて(いつもそれぐらい食べる)、そしてレトルトも湯煎する(もし凄く辛かった場合のために辛さの比率0.5人前分にさせておく作戦)。

 あとはうどんをよそった丼鉢にレトルトをかけるだけ。

 しかし思ったよりもルーが少なかったので、汁なしうどんみたいに全体的に和えるスタイルで落ち着いた。

 これで完成。すごく簡単!

 調理時間10分もいらない。

 匂いはタイ料理特有のアジアンチックなスパイシーさがあって、まるでタイに旅行にきたようだ。

 これで美味だったら何も言うことはない。人生エスニック色だね!

 いつもカレーうどんには七味唐辛子をたくさんかけるが、今日はタイカレーなので控えておこう。

 さてさて食べてみようかな。

 いただきます。

 ふむ。

 汁なしうどん風だから従来のカレーうどんとはかけ離れてしまったが、グルメ番組でよく言う「新ジャンル」に当てはまる料理だ。また鼻に抜けるココナッツオイルの独特な匂いが不思議な気持ちにさせる。普段食べているカレーうどんとは全く違いすぎて面白い。

 あーやっぱり辛い!

 普段は辛党で七味唐辛子とかタバスコとかよく使うけど、タイ料理とかエスニック系の辛さはそれとは違うジャンルの辛さな気がする。正直顔の汗がポタポタ垂れるほどすごいことになっているし、手汗もすごくて丼を滑り落としそうだ。

 うん。ふーっ。うん。はぁ…。

 うーーーーん……。

 まだ4口目だけど今から本音を申す。

 かぅっっらぁぁぁぁ!!!!!

 とてもじゃないが辛すぎて舌が持たないし、全部食べられる自信がない…。

 じゃあこれ捨てるの? まさかぁ。

 どんなに過酷でも食べ残しは絶対しないのが自分のセオリーである。それに対策案もちゃんと考えてある。

 うどんの玉を買うとき、ついでに普段愛用しているカレーうどんのレトルトパック(1人前)も買っておいたのだ。レベルは辛口だけど、いつもはプラス七味唐辛子をかけるぐらいだから辛さがちょうど良くなるだろう。

 パックを湯煎して、タイカレーうどんにかけたら普段のカレーうどんになった。

 さて、今度こそカレーを楽しもう!

(食べながら)うん、うん、こりゃすごい。

 タイカレー全然負けてない…。

 エスニックの主張が激しすぎる…。

 でもこっちも意地だから、うどんは食べきってやった。

 問題は残り汁だ。普段飲みきるものが今回ばかりは口にすら入れづらい…。

 苦肉の策だが、最終兵器を用意した。

 昨日炊いた炊飯器のお米を持ってきて、丼に直接投入した。

 つまり普通のタイカレー化したわけだが、今はツッコミを受けるほどメンタルが強くないので何も言わないでほしい…。

 まずお茶碗1杯分を入れてみたが、激しい辛さは相変わらず保たれていた。2杯分を入れてみたが、まだ衰えていなかった。恐る恐るの3杯分を入れた段階で兆しが見える段階に落ちた。

 しかし、まあ、とんでもない量だ。何せお茶碗3杯分だ。今度はこれを食べきらないといけない…。

 最終的に1時間かかって完食した。

 最初のうどんが2人前。次のご飯が3人前。累計5人前。過去今までで一番胃袋が破れそうになった…。腹も舌も苦しい…。

 その余韻は翌日の朝ご飯と昼昼ご飯を抜いて、晩ご飯前の夕暮れまで持続された。

 また機会があったらタイカレーうどんに再挑戦したいか。

 愚問だな。やりたくない…。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1票投票できます!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!




LINE・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【あとがき】

 ほんとに苦しかったです…。

 エスニック料理の辛さって異常じゃないですか!?

 原材料は同じ唐辛子のはずなのにとんでもなく尾を引く辛さ……アジアの不思議です(違う)。

 一般的にタイカレーの辛さは、

「 イエロー < レッド < グリーン 」

らしいです。

 レッドでこんなに手こずったのにグリーンはそれ以上なのか…!?

 タイカレー初心者の私はイエローのお子様用から始めようと思います。

 そんなのあるのかな…。

 カレーの王子様、タイ国と外交を結ぶ予定はありませんか?

 そうですか、ありませんか…。

スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

このページのトップヘ