処理中に問題が発生しました。

 吾輩は根暗である。職歴はまだ無い。端の多い生涯を送って来ました。――みんなが当たり前に持っている見えないモノが生まれつき持っていない「私」。たった一つだけ足りない、それだけで日常は異常を孕み始める。常識というような空漠たる概念を、どう学べばいいか知らないし分からない。けれど常識はそれを決して許さない。これはつまらない絶望と希望で構成された日々の中で「私」を考え、そして失敗するまでの軌跡譚……という執拗な説明文から筆者(LD:学習障害)の悪癖が分かる共感度0%な長文ブログです。

タグ:キッチン

 正月のおせち料理が嫌いな人がいる。

 かく言う我が家も元々そうだった。

 発案者の父はおせちはおろか正月そして季節イベント自体も嫌がっていた。正月を祝うものは「崇拝」、そして季節的イベントは全て「洗脳」と言い捨てる始末。その時期その時期のイベントを祝う民衆に何か侮蔑の感情を抱いていた。

 ケーキも、そばも、その料理自体は普段食べていても、そこに何か特別な意味があることで一気に嫌いな料理になるのだ。

 だけど、それも10年ぐらい前から我が家の食卓事情も徐々に変更していき、この数年はわりとキチンとしたおせち料理を食べられるようになった。過去の父が決めたルールに自身が少し飽き始めたからだ。だから(事前に提案して)自身がOKだと思ったものは食卓に並べられる。

 そのおかげでクリスマスケーキも年越しそばもその祝う日に食べられる傾向になった。

 よそのアンチおせち主義者はどうなのだろうか。

 実は我が家の身近にも何例かいた。

 私や兄が生まれる少し昔、正月の挨拶回りで父が勤めていた会社の上司(副社長)宅に行った際、昼食がわりに食事を頂くことになった。

 その家庭はおせち料理に好きなものがないので、毎年正月にはカレーを食べるのがルールだった。もちろん理解できる理由である。ただ面白いのが、その家庭でカレーを食べるのは1年で正月だけなのである。

 普段もカレーが好きだから正月にカレーを食べるわけでもなく、むしろ逆なのだ。普段カレーを食べないから、おせちのない正月に食べることになったのだ。

 それは単にカレーという形をしたおせち料理ではないか。

 そもそもおせち料理は年に1回だけ食べられる豪華な料理をおめでたい正月に食べる習慣が始まりだ。その理論で行くと、年に1回だけ決まって食べるものは「おせち料理」の資格があるのだ。

 たしかにおせちを食べなかった期間の我が家の食卓には必ずおもちは並べられていた。鍋に入れる、お好み焼きに入れる、細かく切ってたこ焼きに入れる(オススメ)などおもちを使う場面は年間で何度もあるが、おもち単体を食べるのは正月ぐらいしかなかった。

 なんだ、昔からおせち食べていたんじゃないか。

 他にも正月はラーメンを食べる家庭もあったが、そこも同じく普段食べる習慣はなかった。もしかしたらうまい棒も毎年正月だけ食べていたら「おせち料理」に昇格するかもしれない(めんたい味を海苔で巻いて食べると明太子おにぎり味になって、断然美味しくなるからやってみてほしい)。

 桜も春にだけ咲くから春の風物詩だろうし、セミも夏にだけ現れるから夏の風物詩になる。

 もし季節に関係なく雪が降ったらどうなっていたか。

 まだ最初は異常気象として報道機関総なめで「狂ってる!」と言うかもしれないが、5年10年も続けばニュース番組の綺麗なお天気お姉さんが「お盆シーズンは北西からの強い風により冷たい雨もしくは雪が降るでしょう」と淡々に読み上げるかもしれない。

 それこそ昔では考えられなかった冬にかき氷を食べる行為も生まれるかもしれない。一見おかしく書いてみたけど現在どうだろう。暖房器具を点けながらアイスを食べる人は相当いると思う(自分がそうなんだが)。

 むしろ夏に食べるアイスより一段と美味しく感じてしまう。

 何でだろう、背徳感?

「タバコとお酒が最も美味しく感じるのは19歳まで」の理論と同じだろうか。

 実を言うと、まだおせち禁止期間のとき、正月に父に隠れて母と一緒にキッチンでミニミニおせちセットを食べていた(兄は偏食家なので不参加)。

 何でだろう、そのときのおせちが1番美味しかった。

■□■□■□■□■□



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1票投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!




LINE・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

朝日新聞出版
2014-11-07

【あとがき】

 副社長さん宅に挨拶回り行った際、カレーを出されて父はボソッとひとつ言いました。

「おい。帰るぞ」

 言われた母も、そこにいる副社長さんもキョトンとなります。そして続く決め手の一言。

「俺、カレーがいっちばん嫌いなんだよねぇ」

 相手が副社長さんでも普段カレーが好きな父のセオリーは一切ブレません…。

 副社長さんはどう思ったのか。

「そ、そうか。渡辺くんカレーが嫌いなのか。それはすまないことをしてしまった。本当にすまん…」

 そう、めちゃくちゃ良い人なんですよ。

 しかもウチの両親の仲人さんでもあるのに、そんな態度に出たんですよ。横にいた母なんか「本当にすみません…本当にすみません…」と副社長さんに平謝りし続けて、一気に場の空気が悪くなりました。ほんと何考えてんだ…。

 終いにはキッチンにいる奥さんに「何か他のものはないか?」と聞きに行って、向こうもカレーの予定だったから他の用意がなくて「どうしましょう、カレーしかない」と困った事態になる悪循環。

「○○が好きな人に悪い人はいない」の応用で「おせちが嫌いな人に良い人はいない」と本当に思います。

 ちなみに父は仕事面では社外でも有名なぐらい超有能な技術者だったので、そんな程度では評価がブレませんでした。やっぱり社会は実力がモノをいうんですねぇ…。
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

 晩ご飯の買い物から帰って、羽織ってたカーディガンをハンガーに掛けて、スマホとか財布とかズボンのポケットにある小物を出して、リビングの床に転がってた部屋着に着替える途中のTシャツとパンツ一丁姿で少し頭をポリポリ掻いていたら、掻いた右手の指にドロリとした赤黒い液体が何ヵ所にも付いていた。

 は、何これ、出血…?

 焦って頭皮の掻いた部分とそうじゃない部分を毛髪かき分け触りまくって出血元を探したが、出血どころか湿っている部分すらなかった。というより頭部に全く痛みがないのだ。そりゃそうだ、何か怪我した覚えがないから痛いはずがない。もちろん身体にも痛みや怪我はなく、そうなると余計に指の血痕がどこから来たのか怖くなった…。

 そもそも、これ血だよね…?

 そう思った理由に、怪我した際の血とは到底思えないほど赤黒くてドロドロしているのだ。まるで水気の少ない赤い絵の具のような類いの粘り気があり、指で広げると自分の知る血より広範囲に伸びた。もしこれが血なら、毛細血管や動脈部分ではなく静脈部分から出血している可能性が高い。動脈性出血ならサラサラゆえにピューピュー吹くのでまず違うし、毛細血管出血なら放っておけば1時間後には固まって塞がるが、静脈性出血ならドロドロゆえに固まりにくく塞がりにくい。まず無痛の静脈性出血してる時点で相当ヤバい…。

 匂いはどうだろうか。恐る恐る嗅いでみたら無臭だった。ご存じ血液には鉄分が含まれていて、独特な鉄の匂いが少しだけする。ごく少量なら見逃すこともあるが、これほど指の腹で広げているのに匂いが少しもしないのはおかしい。まあ舌で確認すれば手っ取り早いが血じゃなかったら嫌なので止めといて、現時点で血である可能性はかなり下がった。だけど正体がまだ分からない。

 今度はポケットから取り出した財布とスマホを調べてみた。細かい溝の部分すら付着してなかったので、つまり指に付いたのは部屋着に着替える途中だと判明した。上のTシャツは朝からずっと着ているので除外して、下の脱いだズボンを調べてみても赤いシミらしきものはなかった。そうなると付着はズボンを脱いで頭掻くまでのわずか数秒間に行われた。この事件を解くトリックはこの数秒間に潜んでいる!

 だんだん某眼鏡少年探偵みたいになってきたが、ここまで来ると真相を調べるよりも推理を楽しむことがメインになってきた。それに血ではないと判明した時点でこの液体が何かおおよその見当はついている。ただ知りたいのは一体いつどこで付いたのか。それさえ知れたら私は満足なのだ。

 現場確認でリビング一帯に目を配ったら、床にひとつだけ小さい赤い点があることに気がついた。もう拭き取られた後だったが、たしかに指に付いた色と同じ赤黒かった。点周囲の床は乾いていることから、時間的にティッシュで拭き取ったのであろう。ゴミ箱を覗くとビンゴで、赤いシミが付いたティッシュが入っていた。あとゴミ箱に被せたビニール袋の口元に広がって乾いた赤い液体の跡が残っていた。そうか、ズボン脱いだあと床のどこかに転がってるはずの下の部屋着探す途中でゴミ箱どかそうと無意識に持って、そして指に付着したのか。

 もう残りは赤い液体の犯人に訊くだけだ。

「おっ父、今日プリンターのインク入れた?」

「ああ、入れたけど」

「そのとき少しインクこぼした?」

「なんで知ってんの?」

 私の推理は見事的中した。

 あの赤い液体はプリンターの赤インクで、私が買い物に行っている間に父がインクのチャージをした際に失敗したのだ。その証拠をティッシュで吹き消して捨てた際、まだ乾ききってないインクの塊がビニール袋に擦り付いて、そこに偶然触れた私の指まで写ったのだ。

 今宵もまた難事件がひとつが解決された。だがこの世に事件がある限り、私の推理は終わらない…。

「さっきから何ニヤニヤしてるか知らねぇけど、まず何か履け」

「あっ…すいません」

 皆さんはお気づきだったか。つい推理に夢中になっていたが私はまだ下の部屋着を履いていなかった。もし30手前の男性がパンツ一丁でリビングをうろちょろ動きまわっていたら、皆さんは誰が犯罪者だと思いますか?

 訊くまでもなかったですね、さっさと部屋着を着て自室に去ります…。

 置いた財布とスマホを取って自室に向かう途中に今度はキッチンから母の大声が聞こえてきた。

「綿飴ー! お風呂沸いてるから早く入っちゃって」

「……」

 今度は洗面所で裸になった。

■□■□■□■□■□



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1票投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!




LINE・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

マリア・コニコヴァ
早川書房
2016-01-08
楽天ブックス

■□
■□■□■□■□

【あとがき】

 これ昨日あった出来事で序盤青ざめて調べてた話なんですが、ブログ記事にまとめようとしたときエピソード的にもっと面白くなるかなとミステリー風に挑戦してみたのですが、これがとんでもなく難しい…。

 文章の参考に本棚にある読み終わったミステリー小説数冊を取り出したのですが、「そうそう、ここが全ての事件の伏線になってたんだよな」「犯人が自白する度に証言が変わる理由、見事に騙されたな」「本当なんでエヴァンスに言わなかったんだろ…と思いながら読んでたけど、そうかそういうことだったのか…!! って大興奮したよなぁ」なんて普通に読書楽しんでました…(ミステリー面白いもんね)。

 おかげで(自己)満足できる記事になりました。そして世の中にいる推理作家たちの凄さがよく分かりました。アガサ・クリスティーは本当に天才だった…。シャーロック・ホームズの思考は人間じゃなかった…。江戸川コナンの世界の時間軸どうなってんだ…(それ違う話)。

 運動よりは食事、食事よりは読書、これから読書の秋なので、より一層楽しみになります!

 次は何読もうかな。

 とりあえず床に落ちてた雑誌でも読むか。こんな厚さ薄い雑誌買った覚えないけどな…。

 どれどれ、『タウンワーク』?

 ゴミ箱に捨てました。

 せ、先週号だったから…!汗
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

 何年か前からキッチンが少し臭い日がある。流し台の排水口の奥が詰まっているのか独特の腐敗臭が漂ってきて、その中で料理を作らないといけなくなる。ヘタした日は食事中のリビングまで流れてくるから、なかなか厄介だ。

 一時期あまりにひどくなったのでラバーカップ(通称スッポン)で通りを良くさせたこともあるが、それも保って数日で、またすぐ戻ってしまう。

 水道業者に依頼しても良いのだが、ウチはマンションなので、その整備はマンション全体となる。それなら大家さんに申請することになるのだが、あいにく長居がたたって部屋の部分部分が痛んでいるのだ。そんな所を大家さんに見られたら、望まぬ展開でトラブルを招く危険性がある。

 ただ内密に水道業者が来て、隠密に排水口トラブルを解決してくれないだろうか。ベテランの水道業者だった祖父が生きていたら、電話1本ですぐに片づけてくれるのだが…。

 そんな中、数年に1度のマンション全体の水道水圧洗浄が来た。やった、これで悪臭とおさらばだ!

 ウチの点検日に水道業者に事情を話して念入りに長く水を流してもらった。これは個別の依頼では出来ないから本当に助かる。

 数日後、また悪臭が漂ってきた。

 おっと、これはどういうことだ。

 この不可解さに私はグーグル先生に質問を投じてみた。先生のお答えを要約するとこうだ。

「個別に対応できん問題は全体の問題じゃ。きっとマンション全体の水道に問題でもあるんじゃろ。そんなもんマンションぶっ壊さん限り解決などせん」

 少々言葉が乱暴な物知りジジイ風に書いてしまったが、つまりは個別の範疇を超えた案件らしい。

 仕方ないが何か進展が出るまで耐えるしかない…。

 もうヨソかウチか境界線の見えない臭いに囲まれて今日もご飯を食べる。

 それも数年目。普通に食べれるようになったので私たち家族が進展したようだ。

■□■□■□■□■□



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1回投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!





LINE・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

山崎産業(Yamazaki Sangyo)

■□
■□■□■□■□

【あとがき】

 水道トラブルは本当精神エグられる…。

 危険面でいったらガスが1番だけど、精神面でいったら水道が1番だと思います。

 整備不良で水道水がマズいマンションなんか相当エグられると思います。

 昔見た『仄暗い水の底から(2002年:日本)』というホラー映画で「水道水がマズい」「中階なのに雨漏りして水浸し」「蛇口開けたら髪の毛出てきた」的な住宅トラブル(?)が出てきましたが、たしかあれ


――(以下ネタバレ)――


2年前にマンション屋上の貯水タンク清掃について行ったマンションの女の子が事故で貯水タンクに転落して、その腐乱死体が今も屋上にある(本当にあるか語られていない)という設定でしたが、排水口から何か臭うウチのマンションは大丈夫だろうか…?

 あっ、そういえばウチのは浄水装備された貯水タンクが地中に埋め込められてるから不可能だわ。

 やっぱり様々な生活排水の混ざった臭いか…。

スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

このページのトップヘ