処理中に問題が発生しました。

 吾輩は根暗である。職歴はまだ無い。端の多い生涯を送って来ました。――みんなが当たり前に持っている見えないモノが生まれつき持っていない「私」。たった一つだけ足りない、それだけで日常は異常を孕み始める。常識というような空漠たる概念を、どう学べばいいか知らないし分からない。けれど常識はそれを決して許さない。これはつまらない絶望と希望で構成された日々の中で「私」を考え、そして失敗するまでの軌跡譚……という執拗な説明文から筆者(LD:学習障害)の悪癖が分かる共感度0%な長文ブログです。

タグ:アクション



---------------
  監督:アントワーン・フークア
キャスト:デンゼル・ワシントン
ジャンル:アクション
 製作年:2014年
 製作国:アメリカ
上映時間:132分
  評価:★★★★☆
---------------

【あらすじ】

 ホームセンターで同僚から生真面目で面倒見が良いと評判の店員マッコール。そんな彼の楽しみは毎晩決まった時間に馴染みのダイナーで読書すること。そのダイナーで娼婦の少女アリーナと知り合う。彼女とのたあいのない話が毎晩の楽しみとなっていた中、ある晩アリーナが集団暴行を受けて病院搬送された。デリヘルを運営するロシアンマフィアの非道さを知ったマッコールは店に単身乗り込み、わずか19秒で全員を抹殺する。この男の正体は元CIAの凄腕諜報員だった。この件をきっかけに正義が目を覚ましたマッコールは警察が介入できない不正を裁く“イコライザー”として活動する。その頃、マフィアの大ボスが送り込んだ元軍人の刺客がマッコールの存在に気づく……。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【感想的な雑文】

 さしづめアメリカ版『必殺仕事人』的なあらすじだが、原作は1984年から1989年までアメリカで放送されたドラマ『ザ・シークレット・ハンター』の劇場版らしい。向こうでも正義の始末人が夜な夜なスマートに片づける系がウケるのねぇ~~(そういえば『バットマン』が裁かれない悪を始末する正義のヒーローだから、始末人はヒーローの原型かもしれない)。

 内容はシンプルな勧善懲悪もの。展開も単純明快で画面に映る以外の出来事は基本ない。なので特に深く考察する必要もない。だから感想もシンプルめになるが、とにかくカッコいい~~強すぎる~~大爆破も振り返らない~~!!!

 エンピツ1本で敵3人倒しちゃう『ジョン・ウィック』が好きな人は本作も絶対好きってどこかのレビューに書いてあったけど、たしかにこっちも好き~~!!!

 ただ、こっちはショットガンも特殊道具も使わず、極力ホームセンターの道具で倒すから「ええっマッコールさん、それで倒しちゃうの!? 応用力パねぇ~~!!!」と妙に興奮しちゃった。これからホームセンターに行くときの目が変わっちゃいそ~~!!!

 しかも続編あるの? 絶対観る~~!!!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1回投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!






LINE・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク



---------------
  監督:デニス・デューガン
キャスト:マーティン・ローレンス、スティーブ・ザーン
ジャンル:コメディアクション
 製作年:2003年
 製作国:アメリカ
上映時間:88分
  評価:★★★☆☆
---------------

【あらすじ】

 警官志望生の黒人アールは挑発的な性格のせいで今年も採用試験に落ちてしまった。

 一方、職務中に相棒を目の前で失った過去を持つ警察官ハンクは、昼間の街で車場荒らしらしきアール(実際は車中に鍵置き忘れてドア閉めてしまった)を職務質問するが、偶然飛んできた1匹の蜂のせいで誤ってアールを殴ってしまう。

 その場面を偶然携帯で一般人に撮影されて、ハンクは懲役6ヶ月そして警官クビになってしまう。一時期ニュースになったこともあって、刑務所では黒人の囚人たちからリンチをくらうが、何とか耐えて出所したハンクは小さい警備会社の警備員として勤めることになる。

 偶然深夜に別管轄の倉庫が襲われている場面に遭遇したハンクは潜入に成功するが、そこで会ったのは、偶然同じ会社に勤める警備員アールだった。今晩のシフト担当である監視パトロールを怠ったせいで侵入されたらしい。

 彼らは互いを忌み嫌いながらも協力し、倉庫を襲った犯人と牛耳る裏の組織を追っていく……。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【感想的な雑文】

 深夜テレビつけっぱなしにしてたら何かマーティン・ローレンス(吹替:山寺宏一)の映画が始まっちゃったので、そのまま見てたら結構面白かった。

 ただ「どーせお前ら、相性最悪の凸凹コンビが銃や車でドッカンバッタンど派手に暴れる設定の映画好きなんだろ?」と言うばかりに雑というか大味な内容で、そういうバディ系にありがちな展開ばかりだったからハッキリ言おう。

 ああそうだよ、そういうの大好物だよ!

 敵も味方も脳筋の野郎らがテレビゲーム初心者みたいな銃のバカ撃ちと免許剥奪運転で道路ボォォボォォに燃やしちゃう系の頭からっぽで見れる映画って良いよな!!
 またそういう映画って存在知っていても、わざわざTSUTAYAで借りようとは思わない。かといって動画配信アプリで選ぶことも少ない。たぶん一生出会わないであろう前提の中で、ちょうど居合わせたら見れるテレビ放送は運命の導きのようであり、そういう映画が一番面白く映る距離感である。本作もまたそういう類いであった。

 やっぱ90年代のアクション映画は良いy……これ製作2003年なの!?

 バディ映画の傑作『バッドボーイズ 2バッド(こちらもローレンス出演)』と同期なの!?

 おいおい21世紀に入ってこのクオリティとは恐れ入ったぜ…。

 細部までCGが行き渡ってる映画も良いけど、たまにはこういう作りが泥臭い映画も良いじゃないか。

 その泥臭さにゲラゲラ笑い合う仲間こそ真のバディだ!!!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1回投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!






LINE・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

 

---------------
  監督:アレックス・プロヤス
キャスト:ブレントン・スウェイツ
ジャンル:ファンタジー/アクション
 製作年:2015年
 製作国:アメリカ
上映時間:127分
  評価:★★★☆☆
---------------

【あらすじ】

 神様と人間が共存する古代エジプトは「生命の神」オシリス王の統治により繁栄を誇っていた。しかし、王の弟セトのオシリス謀殺により王座は奪われ、人々は暴君セトに苦しめられていた。オシリスの子で、王座と両目を奪われた王子ホルスは、泥棒青年ベックと手を組み、エジプトの王に降臨するための鍵を握る重要な道具「神の目」を盗み出すべく、前途多難な冒険の旅に出る……。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【感想的な雑文】

 そんなあらすじをすべて踏まえて言いますね。

商人C
「あれは神話じゃねぇ、牙狼だ……」

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1回投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!






LINE・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

ブレントン・スウェイツ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【あとがき】

 そして、

商人C
「この吹替、正気の沙汰じゃねぇ……」

  

スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

このページのトップヘ