処理中に問題が発生しました。

 吾輩は根暗である。職歴はまだ無い。端の多い生涯を送って来ました。――みんなが当たり前に持っている見えないモノが生まれつき持っていない「私」。たった一つだけ足りない、それだけで日常は異常を孕み始める。常識というような空漠たる概念を、どう学べばいいか知らないし分からない。けれど常識はそれを決して許さない。これはつまらない絶望と希望で構成された日々の中で「私」を考え、そして失敗するまでの軌跡譚……という執拗な説明文から筆者(LD:学習障害)の悪癖が分かる共感度0%な長文ブログです。

カテゴリ: 最しょのさい初

 本編に入る前に『学習障害(LD)』について少し説明しましょう。

 今読んでも後で読んでも本編に影響はありません。お好きなときに読んで頂ければ幸いです。(あれこれ説明したら長くなりました。控えめに言って覚悟してください)

【学習障害】とは……「基本的には全般的な知的発達に遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算する又は推論する能力のうち特定のものの修得と使用に著しい困難を示す様々な状態を指すものである。学習障害は、その原因として、中枢神経系に何らかの機能障害があると推定されるが、視覚障害、聴覚障害、知的障害、情緒障害などの障害や、環境的な要因が直接の原因となるものではない。」(引用:Wikipediaより)

 人間の脳には「シナプス」という無数の神経細胞がありまして、その隣接するシナプス同士が接続し合い、新しく入ってきた情報を前頭葉や海馬などの各得意な処理機能部分に送ります。そこで初めて記憶更新や思考命令、感情操作や感覚処理などが発信されます。この一連の流れを脳は起きてる間も寝てる間も24時間フル稼働に行っているのです。

 ですが、LDは生まれつき不特定かつ多数の部分が接続されていません。もし脳が筋肉の一種ならば鍛えれば接続しますが、あいにく脳は臓器の一種なので筋肉みたいに鍛えることは困難です。

 もちろん網目上に繋がっているので、直通はなくとも遠回りすれば目的地に到着するかもしれませんが、一体どこがどこに繋がっているのか分かりませんし、もしかしたら最初から繋がっていないのかもしれないし、先ほど選ばなかったシナプスが唯一の通り道だったかもしれません。

 そんなこんなで情報のほとんどが迷子になって脳の果てへと消えてしまいます。(ではフラッシュバックとは迷子から脱出した記憶の子かな?)

 いうなれば脳は車の交通網と似ています。目的地まで直通で行けるか迂回で行けるかで到着時刻が変わる点に関して言えば特に。

 さらに道路の幅が太く綺麗に舗装されて繋がっていたら、車たちは渋滞もなくスムーズに進みますよね?

 では脳はどうか? 全く同じです。

 要するに世間で言う「頭がいい人」とは生まれつき脳の交通網が優れてる人の事を指すのです。(これを最初に知ったときは身震いするほど感動しました)

 そうすると「頭がいい人」とは、脳のシナプスが多い人のことを指す……と思われがちですが、驚くことに事実は違います。

 東京大学・大学院薬学部研究科教授で神経科学を専門とする脳科学者の池谷裕二(いけがやゆうじ)先生が2018年5月16日に自身のTwitterで、ある研究記事を紹介しました。


 意外なことに「知能の高い人ほど神経回路がシンプル」であることが、世界的に権威のあるイギリスの総合学術雑誌『nature』のオープンアクセスジャーナル『Nature Communications』(オープンアクセスジャーナルとは、学術雑誌のうちオンライン上で閲覧可能な記事が無料で読めるウェブマガジンみたいなもの)で発表されました。

 論文の著者いわく「回路が簡素なほうが余計なシステムエラー(ここで言う情報の迷子)が起こらず、よりシンプルな処理が行える」、池谷先生いわく「整理された部屋と同じで余計なシナプスが少ない断捨離な脳のほうが思考がスッキリと進む」と見解を述べています。

 仕事も遊びもオシャレにこなす人ほど厳選されたシンプルな装いですが、脳もまた同じなんですね!

 ここまで神経回路が必要最小限な人ほど賢いという話をしましたが、あいにくLDは(部分によって)必要なシナプス間が繋がっていない、もしくは不必要な本数で情報がパンクしているのが実情です。

 またLDに限らず「思うように頭が回らない」という一般的な悩みに対し、今の脳科学に基づいて答えると、「新しい接続は出来なくても現在繋がっているシナプス間ならば誰でも太くすることは可能」です。

 その方法とは同じ情報を繰り返し送り続けること。世間で言う「勉強」「練習」ってやつですね。地道に復習すると上手くなる理由を科学的に説明するとこういうことでございます。(復習嫌いにとってホント嫌な情報…苦笑)

 もちろんLDにも共通した話なので必要な接続が少ない分、普通の人以上の復習が必要になります。(自分の指で書いているはずなのに耳が痛い…苦笑)

 ちなみにLD自体は珍しい障害ではありません。まず検査対象となる幼児に限って言えば、

男の子:約100人に1人
女の子:約400人に1人

未検査の大人も含めると国民の約1割はその可能性があるのではないかと言われています。

 やや海を渡ってアメリカでは入学や入社時の調査アンケートに

「以下の持病の方は丸せよ『虫歯・近眼・LD』」

と書いてあるぐらい多く居るし多く知られています。

 いわば異常性とか特殊性ではなく、誰にでも起こりえるし誰にでも可能性のある「ありふれた障害」なのです。

 これは極稀な現象ですが、こういう復習の連続をやったLDの中には繋がっていないシナプス間にバイパス(副道)が現れることがあるらしいです。ただこれは1000人に1人いるかいないかのレベルなので、あっても宝くじのような確率です。そして仮に早いバイパスが出来たとしても普通の人より約0.01秒遅いらしいです。(逆にシナプスは0.01秒も争う世界である)

 このようにLDは接続が足りないので、他の人に比べて遅れをとっていますが、肝心の処理機能自体は割と普通に動きます。それどころか分野によっては普通以上の優れた能力を持ってる人がほとんどです。なので、海外では昔から「天才の脳」とも呼ばれています。

 また現在までの歴史上に残る偉人のほとんどがLDだったのではないかとも言われてまして、有名な人物をあげると……

◆アルベルト・アインシュタイン
◆レオナルド・ダ・ヴィンチ
◆トーマス・エジソン
◆アガサ・クリスティ
◆ウィリアム・シェイクスピア
◆坂本竜馬

……すべて書いたら切りがありません。

 多くの有名な科学者、作家、芸術家は失読症や学習不能などの学習障害を持っていたと論じた『天才たちは学校がきらいだった』(講談社)の著者トマス・ウェストは文中にこう述べています。

「(取り上げた偉人たちは)障害があったにもかかわらず成功した、のではなくて、障害があったからこそ成功した」

 この本の登場により、社会的に学習障害というものを見直すきっかけとなりました。

 現代でも失読症など抱えてもなお、社会的に活躍されている有名人は数多くいます。

◆トム・クルーズ
◆スティーブン・スピルバーグ
◆キアヌ・リーブス
◆キーラ・ナイトレイ
◆黒柳徹子
◆ジャック・ホーナー(恐竜が鳥類に近い生き物であったと証明した古生物学者:映画『ジュラシック・パーク』の主人公、アラン・グラント博士のモデル)

なんかが有名ですね。

 それとは別に、よく最近【発達障害】というワードを聞きませんか?

 発達障害というのは、

・学習障害(LD)
・自閉症スペクトラム(ASD)
・注意欠陥障害(ADD)
・注意欠陥・多動性障害(ADHD)

などの総称で、「一般に比較的低年齢において発達の過程で現れ始める行動やコミュニケーション、社会適応の問題を主とする障害」とされてます。

 平成17年4月1日に施行された『発達障害者支援法』によると、

「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するもの」

を【発達障害】とされています。

 正式に言えば「学習分野における発達障害」なんですが、私が診断された頃には発達障害などのワードはなく、具体的に【学習障害】と告げられました。

 あれから時代は進んで社会の受け入れもあってか、昔に比べて歌手や俳優など有名界にもこの手のカミングアウトが見受けるようになりましたが、正直幅が広い分野なので「発達障害です」と言われても「えっと…何の?」とツッコミ入れたくなります。

 ちょうど「理系です」と言われても「えっと…何の?」とツッコミ入れたくなるのと似てるかと。だって、理系をざっくり分けても「理学・医学・農学・工学」と幅が広い分野なのに…ねぇ…。

 最後に余計なお世話かもしれませんが、一部の人に言っておきます。

「告白したからといって、トム・クルーズにはなれません」

 もちろん私だって告白した今、トム・クルーズになってません。

 それでもトム・クルーズになりたい?

 そういう時は逆を考えましょう。トム・クルーズも私にはなれません。みんな誰もがオンリーワン&不揃いという平等の個性&だからこの世界の人間は全て美しい&ビューティフルピースフルワンダフルワールドなのです!笑

 まあ、とりあえず最近テレビなどで流行っている

「わたし昔から人見知りでぇ~!」
「わたし昔からヤンチャでぇ~!」
「わたし昔からいじめられっ子でぇ~!」

の仲間入りをしないことを願います…。

 ほんの少し筆を進めたつもりが、とんでもない量になってしまいました。おそらくよその記事3,4本分はあると思います…。

 所々に独断と偏見の混じった説明になりましたが、だいたいの基礎は終わりです。

 学習障害のことを大体分かって頂けましたでしょうか?

 本当はここから派生した問題もありますが、それは後日どこかで軽く書きます。

 では、次回から本編開始です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加しています!
たった、たったの1クリックで1日1票投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!





LINE・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

【本日の参考文献】
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【あとがき】

 ちなみに、さっきの正しい和訳は

「わたし昔から人気あるヤツ嫌いでぇ~!」
「わたし昔から見境無く人殴っててぇ~!」
「わたし昔からアゴで命令する側でぇ~!」

 たぶん怒られるなコレ…。

スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

 知ってる人、こんにちは!

 知らない人、はじめまして!

 このnoteの筆者「渡辺綿飴」と申します。

 まだ始まって4行目ですが、自己紹介代わりに2つカミングアウトさせて頂きます。

 まず私は幼少期に医者や専門家から「知的発達遅滞による重度の学習障害(LD:Learning Disabilities)」と診断されました。(※「学習障害(LD)」については次回の記事で詳しく書きます)

 そして、これは本当に情けない話なんですが…私は現在ニート(高卒・職歴皆無)でございます。

 このnoteでは、そんな私が現在までに見て・聞いて・体験した事を"思い出せる範囲内で"時系列に追って書こうかと思います。

 今後色々な人物が登場しますが全体的に中心となるのは私一人だけです。

 あと学習障害といってもその種類は様々で、私がどういうタイプの学習障害なのかは本編で追々発表しますので、朝の情報番組にある時刻欄見るぐらいの感覚でお楽しみください!

 ついでに尋常じゃないほど絵心がないのでコミックではないエッセイになるわけですが、まとまった文章を書くのはあまり慣れていないので、少々下手くそな部分がありますが、何も言わず温かく見守ってやってください。

 たぶん天狗になってそのままですから。

 嘘です。

 苦笑いされぬよう精進いたします。

 また、昔やっていたブログの過去記事をまとめたマガジン『古日記』には一部これから公開される本編の内容に触れる可能性がありますので、

「あーオレ別にネタバレとか平気だし、さっさと結末知りてぇわ」

「あたし心臓弱いですし、サプライズとか嫌いなので前もって知っておきたい……」

という方はどうぞ。

 ――とはいっても実際は読んでも読まなくても本編に影響与えないほど薄っぺらい内容なのでヒマ潰しにどうぞ。

 あと過去記事から筆者のダサ痛い黒歴史を引っ張り出したいという方も…ど、どうぞ…。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加しています!
たった、たったの1クリックで1日1票投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!





LINE・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

【本日の参考文献】

スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

このページのトップヘ