処理中に問題が発生しました。

 吾輩は根暗である。職歴はまだ無い。端の多い生涯を送って来ました。――みんなが当たり前に持っている見えないモノが生まれつき持っていない「私」。たった一つだけ足りない、それだけで日常は異常を孕み始める。常識というような空漠たる概念を、どう学べばいいか知らないし分からない。けれど常識はそれを決して許さない。これはつまらない絶望と希望で構成された日々の中で「私」を考え、そして失敗するまでの軌跡譚……という執拗な説明文から筆者(LD:学習障害)の悪癖が分かる共感度0%な長文ブログです。

2019年04月

 タイトルは思い付いても、書くテーマはまったく決まっていない。

 ということで、30分間フリーの思い付きだけでどこまで書けるか挑戦してみる。オチは期待しないでほしい。

 まず平成元年といえば、私が生まれた年だ。

 平成最初の5月30日が私の誕生日だ。

 まさか自分の30歳の誕生日が新元号を迎えるとは思わなかった…。しかも突発性崩御ではなく計画的崩御だとは…。

 最短でも10年前、20歳の自分に教えてもたぶん信じないと思う。これだから未来は信用できないんだ(良い意味で&悪い意味で)。

 20分を切った。

 これで我が家に継がれるある法則がまた続いた。

 先ほども話したが、私は平成生まれである。そして私の両親は昭和生まれである。

 実は私の(母方)祖父が大正生まれなのだ。

 曽祖父母は明治生まれ。

 そう、元号1つにつき我が家は1代ずつ受け継いでいる。

 そして明日、元号が変わる。

 自動的に将来生まれてくる私の子供は令和生まれになる。

 現皇太子の年齢を考えたら、孫が生まれる頃にはまた元号が変わっているかもしれない。

 そうなると「1元号1世代」が5代連続で受け継がれる計算だ。

 それほど長寿の家系でもないのに、なぜこうなったのか…。

 まあユニークな縛りとでも受け取っておこう。

 本当に自分に子供ができて、それ以前に結婚するのか、それ以前に彼女ができるのか。そういうことは一旦目をつぶってもらいたい…。

 それにしても、

 さよなら平成 ようこそ令和

 なんか歌詞みたいだけど、ずいぶん語呂良いな。

 古市憲寿の『平成くん、さようなら』と被っているのか。

 まったく読んだことないし興味ないから、それ以上の感情もない。

 10分を切った。

 何の話をしようか。

 反省の意味を込めて、続きは【あとがき】に書こう。

■□■□■□■□■□



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1票投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!




LINE・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

株式会社ペパレス製作所
楽天市場
7net

■□
■□■□■□■□

【あとがき】

 まず謝らなくてはいけないのが、過去編の続きを書くと言っておきながら、まったく書かなかったこと…。

 なんでこんなことになったのか。

 なんでだろう。

 予定外の予定になった4月は意識がずっとぶっ飛んでいた…。

 まさか前更新後に大ファンのオモコロが公募コンペ「オモコロ杯」を開催するなんて…。

 オモコロファンとしてはスタッフになりたい。

 だから応募作を書いた。

 1ヶ月近く渡った審査期間中は気が気じゃなかった。

 そして見事に落選した。

 別に自殺しないけど軽く死にそうになった。

 自分の抱える肯定が全て死んだ。

 それが一昨日のこと。

 そして迎えた新元号前日。

 何とか意識を戻して、スマホ直接入力の30分トライアル・ライティングを今している。

 それが私の空白の期間。

 令和の私は、何をしているのだろう。

 理想は本を出して、何かイベントに呼ばれたい。

 まあ令和のうちに叶うだろう。

 そういう意識が叶わないのだろう。

 叶える意識でないと何も動かないだろうなぁ…と年齢だけ積んだ年の功だけが理解している。

 もうそろそろ締め切りの30分だ。

 令和でまた会おう。

(令和序盤に過去編書き終わると良いな…)
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク



---------------
  監督:ティム・バートン
キャスト:コリン・ファレル、マイケル・キートン
ジャンル:ファンタジー
 製作年:2019年
 製作国:アメリカ
上映時間:130分
  評価:★★★☆☆
---------------

【あらすじ】

 
時は1919年。汽車でアメリカ国内を移動するサーカス団体のもとで暮らす姉弟ミリーとジョー。二人は出兵に行った曲芸カウボーイの父ホルトの帰りをずっと待っていた。次の赴任先で、やっと父親と合流できたが、戦争で彼の左腕は失っていた。

 出兵中にサーカスでは曲芸の相方である妻とサーカス仲間数人が流行病で亡くなってしまい、かつての活気はもうなかった。しかも資金調達のために自分の商売道具である馬たちまで売られてしまい、ホルトは激怒する。

 その代わりに団長は作った資金であるものを買い付け、ホルトにその飼育係を命じる。それはお産が近いメスの親ゾウだった。半ばヤケクソで面倒みる数日後の早朝、待望の赤ちゃんゾウが産まれる。ただ、産まれた子ゾウは普通とは思えないほど耳の大きく不格好だった。

 思い描いた期待を裏切られた団長は激怒し、姉弟は怒鳴られる子ゾウのことを心配する。姉弟は羽を使って何とか簡単な芸を教えようとするが、子ゾウは誤って羽を吸い込んでしまう。そして大きいクシャミと一緒に大きい耳を羽ばたかせ宙に浮く……。

■□
■□■□■□■□

【感想的な雑文】

 
言わずも知れたディズニーアニメ名作のひとつ『ダンボ』が名監督ティム・バートンの手により完全実写化!

 ティム・バートンといえば、唯一無二の「悪夢的童話観(広い意味のゴシック様式)」が名物だが、今作は彼の良さが全面に出されていて、監督の描く世界観が好みな私にとって大満足だった(彼の悪さを語るには『マーズ・アタック!(1996年)』がちょうどいい)。

 たとえば原作アニメのダンボで(ある意味)有名なのが、みんなのトラウマ「ピンクのゾウの夢」(そもそもピンクのゾウとは酒の酩酊や麻薬吸引などによって起こる幻覚症状の婉曲表現)。

 これがティム・バートンが手がけると、あら不思議。まったく怖くない。それどころか可愛くてメルヘンチック!

 原作ではダンボが誤ってお酒飲んじゃうことでピンクの象が出てくるが、本作では飲酒シーンはカットされて違う場面で登場する。またそのシーンが本当に素晴らしい。誰もが小さい頃に体験した夢を見ているような時間を思い出させる、そんな至極の仕上がりになっている。

 移動する汽車の細部から後半に登場する遊園地の全体まで、その間接的にディストピア感を帯びているディティールが監督らしく冴えていて、個人的に目の保養になる。1/150スケールのジオラマで部屋に飾りたい。

 そして何より実写化されたダンボがねぇ、もう、とっても可愛い…!!!

 アニメのクリクリしたお目めと愛らしい好奇心が忠実に再現されている。その姿はドラえもんとのび太が飼っていた、親とはぐれた子ゾウのハナちゃんにも通じます(『野生ペット小屋』てんとう虫コミックス版30巻収録)。

 そんなダンボが初登場する序盤ゾウ部屋にある藁山の隙間からヒョイと顔を覗かせた瞬間、「可愛いっ!」と観客の私が感じたところを、サーカス団長は一言で落とす。

「おい何だ この醜いゾウは!?」

 ディズニー映画には分かりやすい憎まれ役が何名か登場するが、この団長こそ憎まれ役の1人である(団員を養わなければいけない団長の焦る気持ちも分かるけど…)。

 また本作の憎まれ役の数、これがまた多い。むしろ姉弟以外の大人たちと子ども客たちには少なからず憎まれ要素がある。

 そんな悪環境下で、まだ幼いダンボは不安に苛まれながらショーに出演する。可愛い赤ちゃんゾウが苛められる場面は心苦しいし、周囲の大人たちに対して不快感しかない…。そんな我が子を助けるためにママゾウがショー中に乱入するが、そのせいで親子は隔離され、ママはよそに売られてしまう(ダンボが小屋に閉じこめられたママと柵窓越しに互いの鼻でハグするシーン、劇場で1人嗚咽してました…)。

「人気者になってママを取り返そう」と姉弟からの知恵で、ダンボは頑張って空を飛んでサーカスの人気者になる(そのいたいけな姿にまた泣いてしまう…)。おかげで運営資金もサーカス団員たちの気持ちも潤っていく。これでママも帰ってきて、ハッピーエンドかと思う矢先に最悪の訪問者がやって来る。

 マイケル・キートンが演じる新進気鋭の興行師ヴァンデヴァーである。空飛ぶダンボを自身が運営する遊園地の新設サーカスの目玉ショーにスカウトに来たのだ(ここからは本作の重要な部分に触れるので一旦止めます)。

 このヴァンデヴァーがね、まあクズ。ドクズ。脳みそが紙幣溶かした肥溜めなのかと疑うくらいゴミクズ。

 ディズニー映画では、憎まれ役とは別に絶対的悪の悪役キャラが登場するが、この人は美学の欠片すら無い分、非常に悪質。冷酷だからこそ『101匹わんちゃん(1961年)』の悪女クルエラ・ド・ヴィルみたいなビジネススキルがあるのかといったら微塵もない(部下からの信頼度0%だし)。

 そして勧善懲悪がモットーのディズニー映画ですので、先に言うとヴァンデヴァーは最後痛い目に遭います。良かった良かった!(これを観た子どもたちは彼を反面教師に良い大人になってくれ…!)

■□■□■□■□■□



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1回投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!






LINE・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

Colin Farrell

■□
■□■□■□■□


【あとがき】

 さてさて、ヴァンデヴァー演じるマイケル・キートンと本作の監督ティム・バートンといえば、実写版『バットマン(1989年)』の初代バットマンと監督のコンビでしょう(本当は前年の『ビートル・ジュース(1988年)』が先だけど、まだ観ていないので、ここでは触れません)。

 単純明快と言われてきたアメコミの映像化に初めてリアル(ゴッサム・シティの造形)とシリアス(天敵ジョーカーが誕生する経緯)の要素を持ち込み、後のアメコミ作品やアベンジャーズ・シリーズの礎にもなったヒーロー映画表現の転換期を象徴する名作である(元祖ジョーカー演じたジャック・ニコルソンの怪演ぶりは『シャイニング(1980年)』に続いてイカレてます。『マーズ・アタック!』のアメリカ大統領役では違う意味でぶっ飛んでます)。

 クリストファー・ノーラン監督の描く新生バットマン『ダークナイト三部作(2005年~2012年)』も、このスピリットが受け継がれているのが分かります。

『ダンボ』の悪役と監督、その2人が生み出したアメコミの記念碑的な作品を次の視聴候補に入れてみても面白いのでは?
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

IMG_20190319_152520

 分裂中に失礼します。渡辺綿飴と申します。


 突然ですが皆さま、


児ポ


 これが何の略か分かりますか?

 おそらく一部の創作関係者は嫌でも分かると思います。


IMG_20190320_063133

 読んで字のとおり、(明らかに)未成年をモデルにした卑猥な写真や動画、援助交際などを指し、その闇の深さは計りしれません…。

 このような児童に対する倫理違反行為を摘発するため、世界中をはじめ日本でも1999年に児童ポルノ禁止法という法律が作られました。

IMG_20190320_063154

 それから重なる改正法案が出されて、マンガ・アニメ・二次創作の同人誌もその摘発対象にあげられましたが、マンガなど表現に対する規制は日本国憲法21条「表現の自由」に反するど、2019年の現時点でも、その定義について常にニュースとなっています。

(先に言っておきますが、これは論説記事ではないので安心してください。このパートもうすぐ終わりますから~)


 私はそういう趣味ないので、防犯目的の規制について大いに賛成です。

 けれど、あまりにいきすぎた定義で本来問題のなかった自分の好きな作品が消えるのは嫌だし困ります。人類よ、いったい何回魔女狩り繰り返すんだ。

 今読んでいるあなたも、もしそうなったら困りませんか?

 少なくとも私は困ります。



 そもそも、この争点の根本的な問題はどこでしょう?

 答えは大変シンプル。


IMG_20190324_034810


 そこ言ってしまったらおしまいですが、要は作中のキャラが未成年だから、違法どうこう問題が延々に終わらないのだと思います。

 ならば、対策案はすぐに出ます。

 早い話、

IMG_20190324_034839


 ここに児ポ摘発から防ぐ合法化のヒントが隠されています。


「絶対離さない!」と意固地になるから現状は何も変わらない。

 たとえ「必要」だと心の底から願っていても、そういうものほど遠く離して初めて見えてくるものがある。

 生命と生命の恋と愛、まさにエロマンガと同じですねぇ。


 ……意味不明なモノローグはここまでにしましょう。


 そういう摘発対象になりそうな作品でヒロインとなる回数が一番多いキャラクター「美少女」を今回の基準として、美少女から一番遠いもの……


IMG_20190324_034904


 つまり、まとめると……


IMG_20190323_113005

 この相当痛いオッサンこそ児ポ解決を握るカギとなります!


 それがどれぐらいの合法性があるのか、今から美少女をオッサンに変えていくわけですが、ここで検証するのはエロマンガではなく……


_20190327_204918



 実は、私にはエロマンガどころかイラスト描く技術すらありません…。


SJsbJG0o

 こちらが現時点の私の画力です。

 ヤン坊マー坊のどちらか書きました。

 デカい米粒持った薬物キメるカ〇オくんではありません。



 絵が描けない、たったそれだけで、産声あげた企画を裏通りに棄てていいのか…。


 いやっ!


IMG_20190326_030813_623



 絵が描けない、だからこそ育てられる、別ベクトルのアプローチを考えました。


 その名も……

IMG_20190328_035422


 これなら作画面の上手い・下手による醜い格差が生まれません。平和的!


 そして当初に立てた企画が求める結果が得られます。


 ただ名義のある同人系の販売・配布のだと著作権とか再配布禁止とか権利面で色々と難しいので、どこか無名義で販売・配布している暗い基調の怪しいサイトから入手するのが望ましいでしょう。


IMG_20190316_033949
(※これは当ブログをモザイクにしたイメージ画像)


 ですが、販売者と同様に購入者も、その違法行為に献金するのとほぼ同じこと。

 そういうサイトでそういう音声を買った時点で私は、

IMG_xirg4c

 性犯罪者の仲間入りです。


 ここはまず、全年齢対象な音声から検証して、それで有効だと分かったら本番とやらを試してみましょう…!


 ということで、今回は高品質な音声と効果音のフリー素材サイト『効果音ラボ』さん協力のもと、企画に適応した台詞を探します。


_20190323_183053


 もちろん今から探すわけではなく、事前にこちらで用意しましたので、まずは音源の台詞を聞いてみてください。聞きたい台詞を押すと再生されます。


IMG_20190326_005718_477

《元気な女の子》


「頑張って!」

「ありがとうございます!」

「ごごご、ごめんなさ~い!」

「もう知らない!」

「くふふふっ、ふふっ」

「だって…だって~…(ヒック)」

「キャー! やだぁー恥ずかし~!」

「や、やだな~本気にしないでよぉ」

「ス~…ス~…(寝息)」


 深夜枠アニメによくある「日常系」に登場する「主人公の同級生(幼馴染)」をコンセプトに、この10本の台詞から加工していきます。よく覚えといてくださいねぇ。



 次は音声加工するソフトですが、そういう専門ソフトも技術もないので…今回は『ボイスチェンジャー』という無料スマホアプリを利用します。

_20190326_010528



 正直どのアプリでも良いのですが、まあ、星4.4なら大丈夫でしょう。食べログ基準なら代官山のイタリアン『TACUBO』と同じ評価ですし。


IMG_20190329_054949


 ついでにメニューを見てみましたら、1か月前予約のコース2種類「子羊の薪焼き(12,000円)」「十勝田くぼ牛の薪焼き(15,000円)」、+6,000円でパスタをキャビアの冷製パスタにチェンジ、別途でお席料1,500円……と、カナダのイヌイット民族の言語「イヌクティトゥット語」を初めて見たときのような感情を抱きました。


IMG_20190329_062058


 イヌクティトゥット語を完全にマスターした頃に行ってみようと思います。



 さて、日本産の日本語で書かれた先ほどのアプリでは、全部で50種類以上のエフェクト・メニューが用意されています。


IMG_20190324_121213
IMG_20190324_121346


 もうこちらで全パターン検証してみましたので、ここから先は私が厳選したエフェクトをレベル別に5種類紹介します。

 もし今読んでいるあなたが加工した音声に「合法」を感じたら……心の中で私を竹槍とかでメッタ刺しにでもしてください。


 アニメファン・声優ファンからある程度ミンチにされるのは承知なので……。



 私がまだ存命の間に、まずは《レベル1》。



_20190326_002309

《レベル1 老人》





 一応言っておきますが、まだレベル1ですからね…?

 まだまだエフェクトが続きますか……いやいやっ[戻る]押そうとしないで!汗

 これからもっと面白くなっていくから、もうしばらく付き合って!!汗

 マジで、ほんとマジでお願いしますっ!!!汗



 そう、そのまま、そのまま下にスクロールしてくださいねぇ。

 ということで次は《レベル2》。



_20190326_003005

《レベル2 巨人》





 お孫さんが使う言葉を必死に覚えようとするおじいちゃんなら、まだご愛嬌でしょう。

 ですが、これは作成者の私ですら完全にNG領域侵犯していると思います。

 それを当記事では「合法」と判定します。検証成功だよ、やったね!

 たださ、成功したとはいえさ、「ス~…ス~…」なんか普通にオッサンの寝息じゃん…。

 イヤホンで確認するたびに深く寝てるオッサンが顔面前にいるのが分かるんだよ…鼻息が当たりそうなぐらい近いんだよ…世界一楽しくないASMR体験だわぁ…。

※「ASMR」=音のVR体験みたいなもの。

 こんなのが同じ家の中にいると思うと、そりゃ思春期の娘も父親が嫌になるよなぁ…。

 でもね、ベースは可愛い女の子だから、今お父さんがウザい君も大して差に変わりないよ!(きゅるん♪)


 ヒュンッッッ


 ……今、のどもと横に吹き矢がかすったので《レベル3》にいきます(全身蒼白)。



_20190326_003046

《レベル3 六フッ化物》




※「六フッ化物(XF6)」……ヘリウムガスの正反対みたいなもの。正確には六フッ化硫黄(SF6)を指す。


 正直《巨人》がオッサンの最底辺だと思ったか?

 残念だったな、エフェクトの最底辺はマリアナ海溝よりも深いのだよ。

 そのかわり私たちの日常に生きるオッサンを越えて、ニュース番組の特集内に生きる「共感度1%未満の顔面モザイク系男子」に近いかもしれません。

 このクラスになると、別の違法性が出てきます。

 どんなのかって?

 声のイメージそのままだよ。

 でもね、ベースは可愛い女の子だから、今お父さんがウザ(ヒュンッッッ)


 ……《レベル4》にいきます。



_20190326_002721

《レベル4 怖い映画》





 もう、ねぇ、アイコンからお分かりでしょう。

 おたふく風邪っぽいジグ的なソウさんが絶不調なのどで女の子やってます。

 自身がマネージャー務める陸上部のエース選手(2年生)を応援するノリで「頑張って!」と言うのは、デスゲームで精神やられるチャレンジャーを更に追い込む作戦なのだろうか…!? 

 このエフェクトをポジティブに捉えたらそうなりますが、何十回も試聴を繰り返した私からしたら、ただ酒飲んだ後のカラオケで声潰したオッサンにしか聞こえません。

 どうです…?

 そう思うことで、このエフェクトに対する不快指数が高まりませんか?

 べろっべろに酔ったカラオケ帰りの知らないオッサンが、あなたの耳元で「くふふふっ」と笑っています。

 いざ大声で怒っても「ごめんなさ~い!」「本気にしないでよぉ」とあなたの神経を逆撫でます。

 しまいには「ス~…ス~…」とあなたのベッドにまで入り込んできます。

「やだなー、こわいなー、おかしいなー」と稲川JUN二のナレーションが流れてきそうです。

 そしてあなたは、この酔っぱらいを部屋にある凶器で片付けたいと思い始める…。

 その芽生えた感情はあなたの誰が植えつけたのでしょう?



 お待たせしました、《レベル5》です。



_20190326_002939

《レベル5 悪魔》





 あなたの奥で眠っていた危険な感情を引き出した《悪魔》こそ、(このアプリ内で)史上最悪のエフェクトとして認定しました。

 マンガやゲームでラスボスになることが多い《悪魔》。過去4種類に比べると、何か次元の違うものを感じます。

 きっと、この声の持ち主は、移動中の街中にいる明らかに目を合わせてはいけないモノでしょう。

amenohi02
(『雨の日はお化けがいるから』諸星大二郎:小学館)

 幼稚園の頃から諸星大二郎ファンの私からしたら、こんなふざけたアテレコ使いたくないのですが……児童ポルノ禁止法が決める定義から見たら、たぶんこのエフェクトが一番健全でしょう。

 だって、明らかに人外だから取り締まる法律がありません

 そういえば呪術と立証された殺人は無罪と以前どこかで聞きました。

 刑法がそういう場面を考えていないから…。

 その点を考えたら、もしかしたらオッサンより合法的かもしれませんね。


 
ここでそろそろひとつの結論出しましょう……。



IMG_20190331_113127

IMG_20190331_113145

IMG_20190331_113202

IMG_20190331_113218



※もうちょっと続きます



 企画をきっかけに全エフェクト聞き比べて分かったことは、このアプリでは大まかに

◆音程の変化
◆速度の強弱
◆エコーの加減
◆音質のざらつき
◆他エフェクトとのコーラス

の5種類で音声加工していました。


 その組み合わせの中には、「これ、良さげじゃない?」というエフェクトももちろんありました。


 不快なエフェクトばかり続いて、耳がお疲れでしょう?


 ここからは特典で、私が厳選したベスト・エフェクトをレベル別に3種類紹介します。



_20190326_002355

《レベル1 合唱》





 アイコン見て、もうお気づきでしょう…。ワーストのレベル1《老人》がメンバー入りしています。

 それなのに醸し出すハーモニーは、少年マンガによくある「異性の友達が多い主人公」の気分が味わえます。

 学生の頃、ずっと野郎コミュニティで過ごしてきた私にとって、これはとてつもないASMR体験でした。

 ――アオハルがなかった者に、このエフェクトを捧ぐ。



 いえ、まだありますよ。《レベル2》。



_20190326_002805

《レベル2 電話》





 最近の携帯電話事情を考えると、音が小さくて不鮮明で大変聞き取りづらいです。

 なのに、どこか懐かしい雰囲気があります。

 それはまだ携帯を持っていなくて、同級生と連絡取るには家の電話機を使わないといけなかった、あの頃の不便さを思い出させるでしょう。

 連絡網を見ながら何か理由つけて好きな子の家に電話します。最初に出た向こうの家族に緊張して、相手の下の名前を初めて呼んで、運良く話が弾むなかでの受話器から聞こえる先ほどの台詞たち……。

 そして向こうの電話機がコードレス型だから、相手が自分の部屋で話していて、いつの間にか寝落ちして微かに聞こえてくる「ス~…ス~…」……。

 エッロ!!!!!

 何か言い表せないけどエッロ!!!!!

 幼小中高の時そういう思い出なかったぞエッロ!!!!!

 ――アオハルがなかった者に、このエフェクトを捧ぐ。



 ……はっ。文章が乱れてしまいました。失礼しました。


 いよいよ《レベル3》。



_20190326_002653

《レベル3 酔っぱらい》





 ワーストのレベル4《怖い映画》で、さんざん酔っぱらいのことをディスりました。

 しかし、それは酔ったオッサンを前提に書いただけで、こっちの酔っぱらいは紛れもない女子です。

 高校卒業後、別々の進路で長らく疎遠だった好きだった子と同窓会で久々に再会。初めて一緒にお酒を飲むけど、彼女の酒癖の悪さに付き合わされる羽目になる…。

「おはよう!」完全に酔ってる。

「頑張って!」同僚のOLと間違えてる。

「ありがとうございます!」今度は上司かな…。

 その後も怒って、笑って、泣いて、叫んで、忙しい感情の変化で急に「実は当時、あんたが好きだった」発言し始めて、思わず黙ってしまいます。

「や、やだな~本気にしないでよぉ」

 何もせずに卒業したことが当時の心残りで、そのまま引きずっていた気持ちが今は原動力になって、そしてコップ置いて覚悟を決めた瞬間に――。

「ス~…ス~…」

 まだまだ彼女に振り回される、と寝てる姿に当時を重ねた……。

 エロいを通り越して尊い。

 自分で妄想書いて「尊い」言うなんて地産マスター地消ベーション以外の何物でもないけど別に良いや。尊い。

 こんなのドラマだったらよくある場面だけど、だからこそ日常では出会えない。その非日常感を、このエフェクトから味わってください。

 そして私みたいな人たちに贈りたい。

 ――同窓会に呼ばれたことがない者に、このエフェクトを捧ぐ。



 この度は私の記事を閲覧していただき、ありがとうございました。


 些細な思いつきから始めた今回の企画が……



 えぇ。もう終わりですけど?



 えーっと、「ワースト・ボイスが50本」に対して「ベスト・ボイスが40本」は不公平だ、と?



 わぁー…かりました。ここまで読んでいただいた皆さまのために特別に裏メニューを用意しましょう!


 実は音源となる《元気な女の子》の台詞を選ぶついでに、引用元の『効果音ラボ』の別ページに「本来は普通の台詞だけど、解釈によってはエロく聞こえる台詞」というのをいくつか見つけまして、その中でも至高10本を紹介します。

 こちらはランキング式ではないので、純粋にお楽しみください。



《見習いの女の子(15歳)》

「誰か…助けて…」



 いかがでしたでしょう。


 え?「音声すべて加工されてるじゃねぇか」って?

 ちょっとお客さん、もう忘れちゃったんですか。

 企画説明の途中で私書きましたでしょう?


“ここはまず、全年齢対象な音声から検証して、それで有効だと分かったら本番とやらを試してみましょう…!”


 先ほどの10本が、その本番です。

 私は何も騙していません。むしろ何かを期待したそちらこそ問題です。

 まあ深くは訊ねませんが、幸いにも音源は『効果音ラボ』にて公開中ですので、気になった方はぜひ聞きに行ってみてください。



 話が丸く収まったところで、本企画まとめ出しましょう。



 せ~のっ……




IMG_20190324_071746



 あれっ?


 用意してたフリップと違う…?


「合法化 大成功~♪」って入れてたはずなのに「警告」って何これ。


 あ? あんた誰? 警察の人?


 ベストのレベル3《酔っぱらい》で未成年に飲酒させた容疑!?


 いや、まって。その下の解説で「高校卒業後」と表記してるでしょ!?


 あー…まぁー…たしかにアイコンの女の子は制服着てますけど、それは声のイメージであって、本当に女子高生ってわけでは…。


 マジで? これマジで逮捕されるの?


 はぁ、未成年者飲酒禁止法違反に加えて……未成年に卑猥な発言させた強制猥褻容疑!?


 加工したとはいえ音源は全年齢対象のフリー素材ですよ!?


 それが許されないのが「児童ポルノ禁止法」……。


 ということは……


IMG_20190323_092958


 私は……


IMG_20190323_071948


 性犯罪者……。


IMG_20190323_063313


IMG_20190323_063332


IMG_20190323_063338


IMG_20190323_063343


IMG_20190323_063349


IMG_20190323_063404


IMG_20190323_063417


IMG_20190323_064056


IMG_20190323_063852


IMG_20190323_063842


IMG_20190323_063821


IMG_20190323_063816


IMG_20190323_063807


IMG_20190323_063800


IMG_20190323_063750


IMG_20190323_063248





IMG_20190328_010118







IMG_20190323_071118
 ( ↑↑↑ ボーナス・トラック ↑↑↑ )

スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

このページのトップヘ