処理中に問題が発生しました。

 吾輩は根暗である。職歴はまだ無い。端の多い生涯を送って来ました。――みんなが当たり前に持っている見えないモノが生まれつき持っていない「私」。たった一つだけ足りない、それだけで日常は異常を孕み始める。常識というような空漠たる概念を、どう学べばいいか知らないし分からない。けれど常識はそれを決して許さない。これはつまらない絶望と希望で構成された日々の中で「私」を考え、そして失敗するまでの軌跡譚……という執拗な説明文から筆者(LD:学習障害)の悪癖が分かる共感度0%な長文ブログです。

2019年03月



---------------
  監督:アントワーン・フークア
キャスト:デンゼル・ワシントン
ジャンル:アクション
 製作年:2014年
 製作国:アメリカ
上映時間:132分
  評価:★★★★☆
---------------

【あらすじ】

 
ホームセンターで同僚から生真面目で面倒見が良いと評判の店員マッコール。そんな彼の楽しみは毎晩決まった時間に馴染みのダイナーで読書すること。そのダイナーで娼婦の少女アリーナと知り合う。彼女とのたあいのない話が毎晩の楽しみとなっていた中、ある晩アリーナが集団暴行を受けて病院搬送された。デリヘルを運営するロシアンマフィアの非道さを知ったマッコールは店に単身乗り込み、わずか19秒で全員を抹殺する。この男の正体は元CIAの凄腕諜報員だった。この件をきっかけに正義が目を覚ましたマッコールは警察が介入できない不正を裁く“イコライザー”として活動する。その頃、マフィアの大ボスが送り込んだ元軍人の刺客がマッコールの存在に気づく……。

■□■□■□■□■□

【感想的な雑文】

 
さしづめアメリカ版『必殺仕事人』的なあらすじだが、原作は1984年から1989年までアメリカで放送されたドラマ『ザ・シークレット・ハンター』の劇場版らしい。向こうでも正義の始末人が夜な夜なスマートに片づける系がウケるのねぇ~~(そういえば『バットマン』が裁かれない悪を始末する正義のヒーローだから、始末人はヒーローの原型かもしれない)。

 内容はシンプルな勧善懲悪もの。展開も単純明快で画面に映る以外の出来事は基本ない。なので特に深く考察する必要もない。だから感想もシンプルめになるが、とにかくカッコいい~~強すぎる~~大爆破も振り返らない~~!!!

 エンピツ1本で敵3人倒しちゃう『ジョン・ウィック』が好きな人は本作も絶対好きってどこかのレビューに書いてあったけど、たしかにこっちも好き~~!!!

 ただ、こっちはショットガンも特殊道具も使わず、極力ホームセンターの道具で倒すから「ええっマッコールさん、それで倒しちゃうの!? 応用力パねぇ~~!!!」と妙に興奮しちゃった。これからホームセンターに行くときの目が変わっちゃいそ~~!!!

 しかも続編あるの? 絶対観る~~!!!

■□■□■□■□■□



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1回投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!






LINE・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

デンゼル・ワシントン
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク



---------------
  監督:大森立嗣
キャスト:安田顕、賠償美津子
ジャンル:ノンフィクション
 製作年:2018年
 製作国:日本
上映時間:108分
  評価:★★★★☆
---------------

【あらすじ】

 
母の2年に及ぶ胃ガンの闘病生活が終えて、葬儀も火葬の段階まできた。燃え尽きた母の遺骨を見た息子サトシはふと「遺骨を食べたい」と思う。なぜサトシはそう思ったのか、それには38年もおよぶ母との可笑しくてパワフルな毎日があった……。

■□■□■□■□■□

【感想的な雑文】

 原作は漫画家として活躍する宮川サトシがウェブコミックに連載した実録コミックエッセイ。そのため、その描写のほとんどが事実に基づいた“リアルさ”で構成されている。だからなのか、観ているあいだ「つらっ…キツい…」と本音を漏らしそうになる場面が数多くあった。けれど、最後まで視線逸らさずに観れたのは先生が母の死に対して(たとえスローペースでも)向き合う姿勢を見せてきたからだと後になって思う。

 幸いにもまだ親の死別を経験していないが、いつかはその日が必ずやってくる。だから余裕のある間にいざというときの準備をしなければいけない(大変メンタルが削られる作業なのだが…)。本作を観ている間も(まだ後ろ向きだけど)その必要性が重々に感じた。

 劇中の中でサトシは、診療室で一緒にガン宣告を聞いたのにもかかわらず、隣に座る母に「たぶんこの人は死なない」と根拠のない自信を持つ。もちろん親の死をまだ受け入れられない部分もあるのだが、遺骨の件と同様、なぜサトシはそう思ったのか。それにはサトシが中学生のときまで遡る。

 サトシは中学生のとき、急性白血病になった(原作では大学生のときに発症している)。水泳の池江璃花子選手が発症した病気と同じ物である。池江選手のTwitterでも綴られている通り、その闘病生活は耐え難い日々だった。治療中の激痛と副作用、医療モルヒネの意識朦朧など正直生きているか死んでいるか分からなくなる中、自分を支えてくれたのは母親の山本"KID"徳郁を彷彿させる鋭い眼光だった。あの眼光のおかげで今の自分がいるし、その持ち主が死ぬわけがない。だから今度も助かるし今度は自分が助ける、という理由である。

 もう分かっているだろうが、神の子と呼ばれた山本選手も胃ガンで亡くなった(正確には全身転移による多臓器不全)。やはりこの世に無敵などいないわけで、懸命に頑張った治療生活もむなしく、あの眼光の母も家族に見守られて亡くなった。

 また通院生活中、自宅で投薬の副作用で髪も少なくなった母親が具体的な終活を始める。その母親の姿にサトシは苦虫噛み潰した顔で怒鳴ってしまう場面がある。それは母自身が死ぬことを受け入れているわけで、サトシにとって一番見たくない姿なのである。もし自分がサトシの立場だったら、同じことをしてたかもしれない。本編の中で一番キツかった場面だった。

 そういえば母が本格的に入院して、ある晩にイビキをかき始める場面がある。以前ウチの母から聞いた話で、ウチの祖母(母方)が腎臓ガンで末期のとき、病室のベッドで大きなイビキをかいていたらしい。それから数時間後に亡くなってしまった。担当医によると、脳が損傷し指令が滞ることで筋肉が弛緩し、舌を支える筋肉も緩んで呼吸が苦しくなりイビキのような音が鳴る。それは絶命直前に見られることから別名「死のイビキ」とも言われているらしい。それを間近に見た母の証言を覚えていたので、本作がいかにリアルに作られているなのかが分かる。

■□■□■□■□■□



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1回投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!






LINE・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

安田顕
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)

■□■□■□■□■□

【あとがき】

《※ここから先は個人的な話》

 ちなみに本作は母と一緒に観に行ったのですが、昔母が祖母を病院で看取るとき、末期の祖母が激痛で叫んで、何本も輸血しながら吐血し続ける姿を見ていたらしいです。それは地獄のような光景で、やっと楽になれると安らかに亡くなっていきました。

 だけど母にとってはやはり耐え難い事実で、実家に帰宅後吐くように号泣して、その姿を見た祖父は「何泣いとんや?」と聞いてきました。「お母ちゃん亡くなったんやで」と母は怒鳴ったのだが、祖父は「だから? アイツやっと死んだから(入院代)もう払わなくてすむ」と言いました。その意見に母の姉も横で同意していたよう(前妻の子だから母親といっても他人だし、性格は祖父に瓜二つだった)。

 普段温厚な母もさすがにブチ切れたが、それ以上に祖父からブン殴られました。まだ幼稚園にも通えない小さい兄の目の前で。

「んなことより知ってんだぞ。アイツの隠し口座あんの。はよ出せやゴルァ」と髪の毛を掴みながら脅かしてきました。

 それは本当だった。だけどそれは母と祖母が2人で暮らすためにコツコツ貯めた資金で、その約束は何があっても母は守るつもりだったが、怖がって泣く兄にまだ火が点いた煙草が入った灰皿を投げつけたことで母は通帳を差し出した(祖父は金のためなら実の母親を鉄パイプで殴り続ける人だったので)。

「ホンマおまえ頭までブッサイクやな(笑)」←幼少の頃から言われてきた言葉

 祖母も形見も失ったことで精神ボロボロになった母は、新幹線で家に帰ってすぐ父に話した。

「え? 何が悲しいの。ババァ死んだだけじゃん」

 祖父と全く同意見だった。通帳のことはまだ話してなかったが、それも意味のないことだった。

「そんなこと言わないで、お願い」と母は父に抱きついたが、「気持ち悪っ」と母を突き飛ばしました。そして母は精神を病みました。

 朝も晩も突き飛ばされた場所の家の狭い廊下に倒れて、「クソ邪魔」と父に足蹴りされて、もう戻れそうにないところを小さい兄が「ママごめん…ママごめん…」と揺すりながら泣いて謝っていたらしいです。事情がまだ分からない兄は自分のせいだと勘違いしていて、その姿で母は意識を取り戻せた。

 それから30年以上、「母親が死んで悲しむのは異常なこと」と(冷静に考えて普通じゃない)呪縛に囚われ続けていましたが、本作を観たことで母はようやく当時の自分の気持ちが肯定されたと、本作を観れたことに大変感謝していました。だから私からも原作者と編集スタッフと映画スタッフに感謝を申し上げたいです。

 本当に素晴らしい作品をありがとうございました。
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

 

---------------
  監督:ウェイン・ワン
キャスト:ハーヴェイ・カイテル、ウィリアム・ハート
ジャンル:ヒューマンドラマ
 製作年:1995年
 製作国:アメリカ
上映時間:113分
  評価:★★★★☆
---------------

【あらすじ】

 
1990年の夏。ブルックリンの街角で小さな煙草屋を営むオーギーは、14年間毎日同じ時刻の同じ場所で同じ写真を撮影していた。煙草屋の常連客で小説家のポールは、数年前の銀行強盗の流れ弾で妻を亡くして以来、スランプに陥っていた。ぼんやりして車にひかれそうなったポールを助けた謎の少年ラシードは、お礼にポールの家で2晩ほど泊めてもらった……。

■□■□■□■□■□

【感想的な雑文】

 
まず序盤のあらすじを書くとこうなる。どうも惹かれる雰囲気を感じない。もちろんここから彼らを中心とした出来事が徐々に広がっていくが劇的ではない。だけど、どんな映画よりもドラマチックだった。

“信じる者が一人でもいれば、その物語は真実にちがいない”――ポール・オースター

 原作は現代アメリカを代表する小説家ポール・オースターがNYタイムズに載せた短編小説。その短編に感銘を受けたウェイン・ワン監督が自ら映画化権を取り、ポール自身が脚本を書き下ろした。その映画はたった1館で9万人を動員し、全国で大ヒットして、世界三大映画祭のひとつベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞した。

 こういう流れ、最近どこかで聞いたことありませんか。『カメラを止めるな!』と似た経路を辿っています。というより本作のほうが20年も前のことなので、そういう伝説的ヒットの走りである。もし『カメラを止めるな!』で普段なら出会わない単館上映作の魅力にハマったら、ぜひ本作も観てみてほしい。

 燃えてゆく煙草のように、大きな起承転結もなく淡々と日常が進むだけ。あるのは丁寧に描かれた人物と最低限の演出と音楽。それだけでとても美味い映画は作れる。そして観る回数分だけの違った感想を抱くかもしれないので、何かを感じたら次回もまた何かを感じてほしい。

 それにしても煙草を吸う彼らの姿が異様に色っぽくてカッコいい。自分は煙草は苦手だし今後も吸う気は一切ないが、それでもアクセントとなる煙草の存在は肯定的に惹かれる。過激な嫌煙活動を見てるよりはずっと心地良い。そういう意味では、こういう作品は二度と作られないのだろうな…。

 どこかで読んだ「20世紀を象徴する名作映画100選」に本作がエントリーされているのも納得である。

■□■□■□■□■□



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1回投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!






LINE・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

スモーク(字幕版)
スモーク(字幕版) [Prime Video]
ハーヴェイ・カイテル
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

 自分の住む部屋の窓から見える光景の遠い先に高圧送電用の巨大な鉄塔がある。

 そして、その巨大な鉄塔の麓にいつも利用する最寄りのバス停があり、そのバス停で待っている間、時々その鉄塔を見上げては毎回思うことがある。

「もし怪獣が実在していたら、きっとこんな風に見えるんだろうな……」

 小さい頃からゴジラとかガメラとかウルトラマンとか、最近ならクローバーフィールドとかパシフィック・リムとかキングコング(髑髏島の巨人)とか、自分にとって怪獣映画は自身の趣味を支える柱のひとつである。

 また、今まで観てきた怪獣映画の本数分の柱で構築されたような巨大な鉄塔に自分の思う怪獣像を投影しているのだ。

 もし実際に怪獣がいたとしたら、まず最初に襲われるのは最寄りのバス停で待つ私だろう。それは死活問題だから動かないでほしい。できることなら一生そのまま止まっていてほしい。

 そう考えると、まるでヤシオリ作戦が成功した後のゴジラ(『シン・ゴジラ』2016年:日本)を見ている気分だ。まあこの鉄塔よりあのゴジラのほうが数十倍も大きいから、サイズ感に基づいて言ったら新宿歌舞伎町にあるTOHOシネマズ新宿のゴジラ像のほうが近いかもしれない。

 そういえば『シン・ゴジラ』の最後に主人公(長谷川博己)は動かないゴジラを見ながら一言だけ呟く。

“「人類は、ゴジラと共存していくしか無い。」ーー矢口蘭堂”

 東京日比谷にある東宝本社前にあるゴジラ像と共に飾られている言葉だ。

 この鉄塔は自分が生まれたときにはもう建っていたから、少なくとも30年以上この場で共存している。

 最初は異質の存在だった怪獣もそれだけ共存していたら誰が目を向けるのだろうか。仮に目を向けるとしたら、きっと悪い意味で共存する概念がまだ無いものだと思う。

 つまり子供だ。子供は日常に潜む怪獣を見つける天才だ。それは常識に囚われない自由な発想の源でもある。だから常識では存在しない出来事を視覚的に具現化、そして自由な発想を全面的に肯定してくれる怪獣映画に夢中になるのだ(別にヒーロー映画でも通じる話だが、あくまで怪獣好きな元子供の個人的な意見なのであしからず)。

 待ち始める時間にもよるが、タイミングが合えば、だいたいこの辺りでバスがやって来る。だからといって妄想が終わるわけではない。今度はこのバスに乗って、硬直する怪獣からいち早く逃げなくてはいけない。怪獣は今電線で縛られて動けないから、この足かせに手間取る時間を利用しないわけにはいかない。

 バスの運賃表が数を増やす毎に怪獣の姿は住宅街の山々に隠れていった。そしてバスはビル群に突入して、駅前まで近づくことに成功した。あとはバスより速い電車に乗ればアイツの手から逃れられる。

 電車から先は普段の生活に戻る。今日の出先に向かう普段の生活に戻る。

 夜になって、あのバス停まで戻ると鉄塔の先端がゆっくりと赤い点滅をしていた。まるで呼吸してるように見えたので合わせてみた。ぐっすりと寝ているみたいだ。起こさぬように静かに帰った。

 翌朝、再び窓を覗くと、怪獣は黒長い光線を窓の先まで真横に放っていた。

■□
■□■□■□■□



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1票投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!




LINE・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

長谷川博己
2017-03-22
楽天市場
7net

■□■□■□■□■□

【あとがき】

 怪獣映画の魅力は何でしょう?

 魅力の定義は人それぞれですが、自分なりの魅力が書けた気がします。

 今日本で怪獣および特撮映画の魅力を語らせるとしたら、やっぱり『シン・ゴジラ』の総監督である庵野秀明じゃないでしょうか。

 監督の(変態的に)情熱を注ぐ部分はドラマ『アオイホノオ』にて容赦なく描かれていると思います。やっぱり原作者(島本和彦)が同級生だとキャラの人物像がいきいきとしていて、アンノがいかにバケモノなのかがよく分かります。神の申し子かと疑うぐらい変態的だからこそ最終回(ドラマ版)のモユル(主人公)に贈るアドバイスにはグッとくるものがありました(あれ本当に言ったのか気になるぐらいすごく好きなシーン)。

 そんな監督の情熱で『シン・ゴジラ』が製作されたわけですが、数日前のネットニュースでは庵野監督が『シン・ウルトラマン』が年末に製作開始するとかしないとか(円谷プロは「当社が発表したものではない」と声明だしましたけど)。

 実際どうなのか分かりませんが、さすがに来年の『エヴァンゲリオン劇場版』公開を遅らせてまでとは思いません。でも『アオイホノオ』で映像課題に自作のウルトラマン映画を製作した(これは実話)あの監督が本気でウルトラマンを作るとなると、特撮好きには見逃せない話題です。

 一部の記事では主演に岡田准一、ヒロインに土屋太鳳の名前が挙がってるみたいですが……なに、岡准が科学特捜隊(ウルトラマンに変身するハヤタ隊員的立ち位置)になるの?

 そんなの3分契約のウルトラマンより永久保証の岡准を体長40mさせたほうが手っとり早いじゃないか。

 ジークンドー(ブルース・リーが設立した実戦と哲学を重視したカンフーの流派)・カリ(フィリピンの伝統武術。棒・紐・ナイフも使用するのでFBIや世界中の軍隊が採用してる)・USA修斗(打撃と寝技の融合“打投極”を極めた総合格闘技)の師範(インストラクター資格取得)だぞ。ジョン・ウィックみたいにエンピツ2本ほど渡しとけば怪獣5匹ぐらい倒してくれると思います。さらにショットガン渡せば確実に頭撃ち抜いてくれると思います。地球防衛の永久保証“岡田准一”!

 気のせいか、だんだん岡准がマグマ大使に見えてきた。大変頼もしく感じる。

1e6ccab8

 ちなみに「マグマ大使~!(ピポポ・ピー!)」と笛を吹くマモル少年のお父さんは岡田真澄ですので、くれぐれもお間違いなく。

IMG_20190309_171644

■□■□■□■□■□

【お知らせ】

 またまたまた呼ばれて飛び出ててジャジャジャーーーン!!!と通常更新お久しぶりでございます。

 またもや更新の復活とか今後の活動とかどうこう的な話なんですが、実はしばらくの更新を昨年8月で一時停止してた過去編の続きに当てようかと思います。

 なぜそんなことを思ったかというと、平成終了まで直前に来ているのだと先月末にやっと自覚しました。

 個人的に平成は負の思い出が目立った時代ですので、負の思い出は負の思い出ちゅうに処理すべきでは…?そうしないと私は新元号を受け入れられないのでは…?と脳筋堂々巡り・悟リフレインに考えました。

 できれば3月中、いや4月いっぱい……。

 週2回更新を目安に、が、頑張ります…!汗

スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

 

---------------
  監督:フィル・アルデン・ロビンソン
キャスト:ケヴィン・コスナー
ジャンル:スポーツドラマ
 製作年:1989年
 製作国:アメリカ
上映時間:107分
  評価:★★★★☆
---------------

【あらすじ】

「それを作れば彼はやってくる」農夫はトウモロコシ畑の中で啓示を聞いた。それが野球場のことだと無意識に悟った農夫は家族の協力の下(それ以外の周囲は大反対)、収穫前の畑半分を潰して立派な野球場を完成させた。だが何も起こらない日々が続くなか、夜の野球場に一人の野球選手が立っていることに気づく……。

■□■□■□■□■□

【感想的な雑文】

「感動した泣いた」とか表面的な因果ではなく、さらに深い部分にある琴線に触れる不思議な体験がこの野球場から全てが始まって、たぶん眼球ではなく心臓から泣いた…すっごく良い映画…ラスト綺麗…好き…。

 野球はどこか人生に似ている。野球は一人の活躍では決して勝てない。誰かの協力、誰かの決断、誰かの支援、人生の困難の半分は団体戦だ。

“一人はみんなのために、みんなは勝利のために”――『三銃士』アレクサンドル・デュマ(訳:竹村猛):角川文庫

 勝利を信じたい私たちは目の前の1ゲームに夢の舞台を投影しているのかもしれない。やっぱり野球って良いなぁ…!!

 また本作が上映された当時ほど今は活気が減ったが、アメリカ人にとって野球がどれだけ愛されたスポーツなのか、よく分かった。これは日本人にとっても共感できることだと思う。甲子園・プロ野球・WBC、舞台の地が変わろうと熱気が変わらないのは野球ぐらいだ。

 今アメリカ人にとって国民的スポーツと言えば圧倒的にアメフトだ。やはりその躍動感とエンタメ感には勝てない部分が目立ってしまう。だけどスター選手と他の選手のヒエラルキーはアメリカンドリームの暗い影で大変えげつない。

 一から畑を耕すようにチームの勝利は一人では叶わない。誰かからのフォローで初めて勝利が見えてくる。そしてその勝利には不思議なご縁が繋がっていて、その繋がりの強さから成り立つんだ。自分が今何をやっているのか分からなくたっていい。きっと何か見えないご縁でやっている。それは何かの土壌となる。その土壌は素晴らしい野球場にもトウモロコシ畑にもなれる。それさえ知っていれば人生に無駄なことなんてない。そう思える映画だった。

 個人的に老年のアーチー・グラハム選手にバート・ランカスターが出演していたのは驚いた。彼は戦後の映画史を象徴する俳優である。主に西部劇で活躍していて、ワイルドな男性像を彷彿させていたが、1963年『山猫』にてイタリア統一運動で衰退していく高貴な伯爵の葛藤が評価された(本作には伯爵の甥で活動家の青年役にアラン・ドロンが演じている)。世代的には古参の俳優なのだが、こうして動く姿が見られるとは思わなかった…。

 彼は本作の次作『裁かれた壁 アメリカ・平等への戦い(1991年)』を遺作に去った。『裁かれた壁』の主演した黒人俳優シドニー・ポワチエといえば、1967年『夜の大捜査線』の主人公ヴァージル刑事である。この映画もまたクライムサスペンスの名作として上げられ、自分もつい最近観たばかりだ。村社会からの黒人差別に黙り耐えて事件を解決させる姿は高倉健にも通じる“漢”を覚えさせる。その彼と最後は共演したと言うから興奮が収まらない…!

 本作でグラハム選手は最後トウモロコシ畑に消えていく。その後ろ姿は自身の死期を悟って、栄光なる夢の舞台を去っていくようにも見える。グラハム選手が去った野球場には農夫を演じるケヴィン・コスナーが立っている。ケヴィン・コスナーは今でもアメリカ映画の第一線で活躍する俳優だ。グラハムの背中を農夫はしっかりと受け継いでいる。この一作だけでも、映画の輝かしい歴史を感じさせる。この感動をもう一度噛みしめたいので、何か人生の節目を迎えたときにまた観ると思います。

■□■□■□■□■□



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1回投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!






LINE・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

ケヴィン・コスナー
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク



---------------
  監督:英勉
キャスト:土屋太鳳、間宮祥太朗
ジャンル:ラブコメ
 製作年:2017年
 製作国:日本
上映時間:98分
  評価:★★★☆☆
---------------

【あらすじ】

(滑り止めの)工業大学に(不本意で)入学した(1浪の)新女子大生ゆきな。一目惚れした人力飛行機部のパイロットでイケメンの部長高橋先輩の勧めで二人乗り飛行機のパイロット候補になったゆきなは、当部に在籍するもう一人のパイロット坂場先輩の存在を知るが、それがメンタル最弱のヤンキーかぶれで……。

■□■□■□■□■□

【感想的な雑文】

 とにかく本編の主軸となるゆきな(土屋太鳳)と坂場(間宮祥太朗)の喧嘩トークが、まぁ終始やかましいっ!!!(褒め言葉)

 撮影終わる度に酸素ボンベを渡してあげたいぐらい二人が並ぶシーンはハイテンション元気フルスロットル放電エネルギッシュ有頂天で、ある意味コント番組見てるようなコメディ強めだが、途中からラブ要素がチラチラ見えてきて、結果面白い少女マンガ読んでいるような爽やかな気持ちになって、(あまり期待してなかった分)結構良かった。

 ただ理系学生にとって青春の場となる三大番組『高校生クイズ』『学生ロボコン』『鳥人間コンテスト』、そこに恋愛要素が絡むとなると、個人的にしらけてしまう…。

 あそこに出場する学生たちのほとんどが出場のために勉強以外の貴重な時間を費やして、時には耐え難い挫折を乗り越えて、そして他のチームを蹴落とす覚悟で彼らは戦って念願の優勝を掴み取る。

 甲子園が代表されるスペシャリストたちの青春群像劇!!!

 これが番組たちの最大の見物なのに無駄に美男美女の出場者がいて、対決終盤になって「私たち付き合ってまーす!」「今から告りまーす!」とか流れ関係なしにコメントし始める。

 ふざんけとんのかぁ?!!

 マジョリティが持ち合わせてないものを見せつけないで……自分たちにはそれがないことを知らせないで……(嫉妬100%)。

■□
■□■□■□■□



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1回投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!






LINE・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

土屋太鳳

■□■□■□■□■□■

【あとがき】

※劇中の彼らに合わせてハイテンション元気フルスロットル放電エネルギッシュ有頂天でお送り致しました。
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

2月の読書メーター
読んだ本の数:28
読んだページ数:5744
ナイス数:2

銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)
読了日:02月01日 著者:荒川 弘
銀の匙 Silver Spoon 2 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 2 (少年サンデーコミックス)
読了日:02月02日 著者:荒川 弘
銀の匙 Silver Spoon 3 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 3 (少年サンデーコミックス)
読了日:02月03日 著者:荒川 弘
銀の匙 Silver Spoon (4) (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon (4) (少年サンデーコミックス)
読了日:02月04日 著者:荒川 弘
銀の匙 Silver Spoon (5) (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon (5) (少年サンデーコミックス)
読了日:02月05日 著者:荒川 弘
銀の匙 Silver Spoon (6) (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon (6) (少年サンデーコミックス)
読了日:02月06日 著者:荒川 弘
銀の匙 Silver Spoon(7) (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon(7) (少年サンデーコミックス)
読了日:02月07日 著者:荒川 弘
銀の匙 Silver Spoon (8) (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon (8) (少年サンデーコミックス)
読了日:02月08日 著者:荒川 弘
銀の匙 Silver Spoon (9) (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon (9) (少年サンデーコミックス)
読了日:02月09日 著者:荒川 弘
銀の匙 Silver Spoon (10) (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon (10) (少年サンデーコミックス)
読了日:02月10日 著者:荒川 弘
銀の匙 Silver Spoon (11) (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon (11) (少年サンデーコミックス)
読了日:02月11日 著者:荒川 弘
銀の匙 Silver Spoon (12) (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon (12) (少年サンデーコミックス)
読了日:02月12日 著者:荒川 弘
銀の匙 Silver Spoon (13) (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon (13) (少年サンデーコミックス)
読了日:02月13日 著者:荒川 弘
百姓貴族 (1) (ウィングス・コミックス)百姓貴族 (1) (ウィングス・コミックス)
読了日:02月14日 著者:荒川 弘
百姓貴族 (2) (ウィングス・コミックス)百姓貴族 (2) (ウィングス・コミックス)
読了日:02月15日 著者:荒川 弘
百姓貴族 (3) (ウィングス・コミックス)百姓貴族 (3) (ウィングス・コミックス)
読了日:02月16日 著者:荒川 弘
ハガレン研究所DXハガレン研究所DX
読了日:02月17日 著者:荒川 弘
旅をする木 (文春文庫)旅をする木 (文春文庫)
読了日:02月18日 著者:星野 道夫
東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法
読了日:02月19日 著者:山口真由
語りかける中学数学語りかける中学数学
読了日:02月20日 著者:高橋 一雄
Newtonライト『古代エジプトのきほん』 (ニュートンムック)Newtonライト『古代エジプトのきほん』 (ニュートンムック)
読了日:02月21日 著者:
清新作品集 12連休 (ビームコミックス)清新作品集 12連休 (ビームコミックス)
読了日:02月22日 著者:吉田 覚
本の雑誌426号2018年12月号本の雑誌426号2018年12月号
読了日:02月23日 著者:
本の雑誌428号2019年2月号本の雑誌428号2019年2月号
読了日:02月24日 著者:
JTB小さな時刻表2018年12月号JTB小さな時刻表2018年12月号
読了日:02月25日 著者:
BRUTUS Mid century in our lifeBRUTUS Mid century in our life
読了日:02月26日 著者:マガジンハウス
Casa BRUTUS(カーサ ブルータス) 2019年 2月号 [理想の家のつくり方]Casa BRUTUS(カーサ ブルータス) 2019年 2月号 [理想の家のつくり方]
読了日:02月27日 著者:
Casa BRUTUS(カーサ ブルータス) 2019年 3月号 [ル・コルビュジエと世界遺産]Casa BRUTUS(カーサ ブルータス) 2019年 3月号 [ル・コルビュジエと世界遺産]
読了日:02月28日 著者:

読書メーター
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

2019年1月の読書メーター 読んだ本の数:31冊 読んだページ数:6028ページ ナイス数:2ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→ bookmeter.com/users/… → bookmeter.com/mutters/182683… #bookmeter

posted at 00:42:54

【速報】ブログ更新しました 2019年01月のツイート #子役 #刺青 #月イチ #不要論 #2018年 #神秘体験 fight-or-flight-response.blog.jp/archives/15225…

posted at 10:01:22

バレンタインチョコ🍫ください! 😭🙏📮 #バレンタインポスト share.valentine-post.com/shares/users/q… 短い間のお遊戯お付き合いください

posted at 22:25:25

【速報】ブログ更新しました 2019年01月の読書メーターまとめ #ページ数 #読書メーターまとめ #ナイス #2019年 #著者 #読了 fight-or-flight-response.blog.jp/archives/15225…

posted at 10:01:21

エッセイ集『でも、ふりかえれば甘ったるく』 絶対店頭では置いてないと思ってた本が置いてあったから迷わず買った。ありがとう #蔦屋家電 !!! bit.ly/2G4KEb2 pic.twitter.com/I7niT8HadJ

posted at 23:56:48

無職の息子を説教する米津玄師「ろくに働き出ないで毎日お前フラ、フラ、フラ、フラミンゴォ♪」

posted at 14:34:10

今日の激レアさん面白すぎる。 リュウと春麗が結婚して双子産まれるとかストⅡめっちゃ遊んでた世代からしたら胸熱だわ泣きそう!!!

posted at 00:19:53

【今日の言い間違い】鬼のように+親の仇のように=鬼の仇のように

posted at 21:40:38

【速報】ブログ更新しました 【映画評『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』サリンジャーに捧ぐのにうってつけの日】 #サリンジャー #映画 #感想 #ライ麦畑 #小説 #バナナフィッシュ fight-or-flight-response.blog.jp/archives/15456…

posted at 22:00:10

映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』★★★★4.9点。  こうして話を始めるとなると、君はまず最初に、今日どういう映画を観たいと思って… filmarks.com/movies/68144/r… #Filmarks #映画

posted at 22:42:20

【速報】ブログ更新しました 【映画評『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』サリンジャーに捧ぐのにうってつけの日】 #サリンジャー #映画 #感想 #ライ麦畑 #小説 #バナナフィッシュ fight-or-flight-response.blog.jp/archives/15456… bit.ly/2WZH1rW pic.twitter.com/N3sbh8O574

posted at 23:42:03

バレンタインチョコ🍫ください! 😭🙏📮 #バレンタインポスト #バーチャルギフト share.valentine-post.com/shares/users/b…

posted at 22:00:45

オモコロの大ファンだし、マンスーンさんのヘドバン赤べこ応援したいんだけど……電車のモーター扇風機、真面目に欲しい。もし20万円しても良い。良いからくれっ(原田芳雄風) #タモリ倶楽部

posted at 00:53:50

【ご報告】任命から必要な手続きを経て、正式にFilmarks(@Filmarks )サポーターになりました。映画好きなのにあまりに感想が下手くそすぎて滅多に書いてませんが…(私の感想力は引用RTから…)これからは観た作品の魅力を頑張って書いていきます。ID:MachineShokuninです。どうぞよろしくお願いします。 twitter.com/wata_nabe_ame/…

posted at 23:15:19

映画『スーパーサイズ・ミー』が観たい。FilmarksにClip! filmarks.com/movies/26617 #Filmarks #映画 #スーパーサイズミー

posted at 17:07:38

映画『珈琲哲學 恋と人生の味わい方(仮題)』が観たい。FilmarksにClip! filmarks.com/movies/70505 #Filmarks #映画 #珈琲哲學恋と人生の味わい方仮題

posted at 17:12:25

映画『バースデー・ワンダーランド』が観たい。FilmarksにClip! filmarks.com/movies/82387 #Filmarks #映画 #バースデーワンダーランド

posted at 18:09:08

何となく耳たぶ触ったら太い耳毛が生えていたと気づいた東京は午前0時

posted at 00:44:52

【カフェのある美術館 素敵な時間をたのしむ】を読みたい本に追加 → bookmeter.com/books/11510336 #bookmeter

posted at 05:51:09

【カフェのある美術館 感動の余韻を味わう/青い日記帳】を読みたい本に追加 → bookmeter.com/books/13318739 #bookmeter

posted at 05:51:12

映画『ギャラクシー街道』★★2.0点。 まるで少々長めの質の悪い夢を見ているような…。 けどハッピーエンドなのが本作の数少ない救いで、やっぱり三谷幸喜… filmarks.com/movies/61445/r… #Filmarks #映画

posted at 06:23:13

【失われた、自然を読む力/トリスタン・グーリー】を読みたい本に追加 → bookmeter.com/books/13418415 #bookmeter

posted at 09:34:31

スリーナイン pic.twitter.com/wdNrQTGc0J

posted at 19:33:55

映画『ビューティフル・ボーイ』が観たい。FilmarksにClip! filmarks.com/movies/79774 #Filmarks #映画 #ビューティフルボーイ

posted at 22:11:20

【純喫茶トルンカ (徳間文庫)/八木沢 里志】を読みたい本に追加 → bookmeter.com/books/7463275 #bookmeter

posted at 23:27:54

映画『アメリカン・アニマルズ』が観たい。FilmarksにClip! filmarks.com/movies/79357 #Filmarks #映画 #アメリカンアニマルズ

posted at 05:02:19

映画『母を亡くした時、 僕は遺骨を食べたいと思った。』が観たい。FilmarksにClip! filmarks.com/movies/81004 #Filmarks #映画 #母を亡くした時僕は遺骨を食べたいと思った

posted at 05:03:11

映画『オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主』が観たい。FilmarksにClip! filmarks.com/movies/56260 #Filmarks #映画 #オッドトーマス死神と奇妙な救世主

posted at 11:32:04

【母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。(新装版)/宮川 サトシ】を読みたい本に追加 → bookmeter.com/books/13333445 #bookmeter

posted at 11:35:27

【ほっと文庫 郵便少年/森見 登美彦】を読みたい本に追加 → bookmeter.com/books/4053824 #bookmeter

posted at 18:01:37

映画『タロウのバカ』が観たい。FilmarksにClip! filmarks.com/movies/79589 #Filmarks #映画 #タロウのバカ

posted at 18:57:08

映画『コレット』が観たい。FilmarksにClip! filmarks.com/movies/68749 #Filmarks #映画 #コレット

posted at 18:57:29

映画『THE GUILTY/ギルティ』が観たい。FilmarksにClip! filmarks.com/movies/79879 #Filmarks #映画 #THEGUILTYギルティ

posted at 19:09:32

【新しい植物分類体系—APGで見る日本の植物/伊藤 元己他】を読みたい本に追加 → bookmeter.com/books/12859754 #bookmeter

posted at 19:26:21

半額だってよ pic.twitter.com/PFTeUHGvsP

posted at 21:28:36

その少し先では在庫処分セール pic.twitter.com/96mCysvRzz

posted at 21:34:18

映画『シャザム!』が観たい。FilmarksにClip! filmarks.com/movies/62790 #Filmarks #映画 #シャザム

posted at 20:59:55

映画『ONCE ダブリンの街角で』が観たい。FilmarksにClip! filmarks.com/movies/22499 #Filmarks #映画 #ONCEダブリンの街角で

posted at 21:00:08

映画『アラジン』が観たい。FilmarksにClip! filmarks.com/movies/79546 #Filmarks #映画 #アラジン

posted at 21:01:17

【映画にまつわるXについて2/西川 美和】を読みたい本に追加 → bookmeter.com/books/11705404 #bookmeter

posted at 22:41:48

【ゴダール 映画史(全) (ちくま学芸文庫)/ジャン=リュック ゴダール】を読みたい本に追加 → bookmeter.com/books/4608559 #bookmeter

posted at 22:42:18

【&Premium(アンド プレミアム) 2019年 04月号 [心に響く言葉、との出合い。]】を積読本に追加 → bookmeter.com/books/13564411 #bookmeter

posted at 22:56:40

映画『ミスティック・リバー』が観たい。FilmarksにClip! filmarks.com/movies/16380 #Filmarks #映画 #ミスティックリバー

posted at 03:40:46

【p進ゼータ関数 (シリーズ「ゼータの現在」)/青木 美穂】を読みたい本に追加 → bookmeter.com/books/13484821 #bookmeter

posted at 04:08:58

【宇宙流体力学の基礎 (シリーズ宇宙物理学の基礎1)/福江純他】を読みたい本に追加 → bookmeter.com/books/7889822 #bookmeter

posted at 04:11:32

【輻射輸送と輻射流体力学 (宇宙物理学の基礎)/梅村 雅之他】を読みたい本に追加 → bookmeter.com/books/11287362 #bookmeter

posted at 04:11:39

【ブラックホール宇宙物理の基礎 (宇宙物理学の基礎 第6巻)/小嶌 康史他】を読みたい本に追加 → bookmeter.com/books/13485516 #bookmeter

posted at 04:11:57

【惑星探査機の軌道計算入門/半揚 稔雄】を読みたい本に追加 → bookmeter.com/books/12232151 #bookmeter

posted at 04:12:49

【小説「映画 ドラえもん のび太の月面探査記」/辻村深月】を読みたい本に追加 → bookmeter.com/books/13220515 #bookmeter

posted at 04:13:58

【「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義/シェリー・ケーガン】を読みたい本に追加 → bookmeter.com/books/12981826 #bookmeter

posted at 04:39:47

@ #アットマークを打って出た人のおねがいを聞く本人が気付かなきゃ回避 唯一の相互フォロワーが海外のニュース垢…それ以外はツイッター界有数のインフルエンサー…(詰んだ) pic.twitter.com/gTOrlTCErU

posted at 19:47:03

今度は偶然ではなく書店で取り寄せて、やっと揃った。 . 『#エンドロール』 『でも、ふりかえれば甘ったるく(#でもふり ) 』 . 良いミニシアター作品を見終わった後のような、普通の本では味わえない情動があります。 ift.tt/2XhzN2J pic.twitter.com/gqU0eLZ0em

posted at 22:41:59

【カフェイン・ガール (リュエルコミクス)/飯塚 めり】を積読本に追加 → bookmeter.com/books/12658608 #bookmeter

posted at 23:12:02

【アリスと太陽 2 (ジャンプコミックス)/凸ノ 高秀】を積読本に追加 → bookmeter.com/books/13407206 #bookmeter

posted at 23:12:08

【アリスと太陽 3 (ジャンプコミックス)/凸ノ 高秀】を積読本に追加 → bookmeter.com/books/13407205 #bookmeter

posted at 23:12:12

【総特集 森見登美彦: 作家は机上で冒険する! (文藝別冊)】を積読本に追加 → bookmeter.com/books/13338788 #bookmeter

posted at 23:12:16

【無脊椎水族館/宮田 珠己】を積読本に追加 → bookmeter.com/books/12912760 #bookmeter

posted at 23:12:23

【この世界は思ってたほどうまくいかないみたいだ/新井 見枝香】を積読本に追加 → bookmeter.com/books/13520812 #bookmeter

posted at 23:12:28

【エンドロール (PAPER PAPER/シネボーイ)/伊波真人他】を積読本に追加 → bookmeter.com/books/13318756 #bookmeter

posted at 23:12:33

【君がいない夜のごはん (文春文庫)/穂村 弘】を積読本に追加 → bookmeter.com/books/13392312 #bookmeter

posted at 23:12:38

【ファースト・マン 下: 初めて月に降り立った男、ニール・アームストロングの人生 (河出文庫)/ジェイムズ・R. ハンセン】を積読本に追加 → bookmeter.com/books/13386780 #bookmeter

posted at 23:12:49

【ファースト・マン 上: 初めて月に降り立った男、ニール・アームストロングの人生 (河出文庫)/ジェイムズ・R. ハンセン】を積読本に追加 → bookmeter.com/books/13385109 #bookmeter

posted at 23:13:19

レタス #私の嫌いな食べ物晒す見た人もする 篠原RYO子「青臭さと 土臭さと シャキシャキさと」 pic.twitter.com/3HXY3b8xrw

posted at 02:20:20

映画『アマデウス』が観たい。FilmarksにClip! filmarks.com/movies/5711 #Filmarks #映画 #アマデウス

posted at 17:23:01

映画『ユー・ガット・メール』★★★3.0点。 【携帯のメール着信音を「You've Got Mail!」にしてた頃が懐かしい】 高校生のとき、英語の課… filmarks.com/movies/7399/re… #Filmarks #映画

posted at 03:45:43

【作家の読書道】を読みたい本に追加 → bookmeter.com/books/537767 #bookmeter

posted at 14:53:56

映画『ROMA/ローマ』が観たい。FilmarksにClip! filmarks.com/movies/80397 #Filmarks #映画 #ROMAローマ

posted at 15:09:52

映画『バイ・バイ・バーディー』が観たい。FilmarksにClip! filmarks.com/movies/16976 #Filmarks #映画 #バイバイバーディー

posted at 22:07:41

映画『ガス燈』が観たい。FilmarksにClip! filmarks.com/movies/22426 #Filmarks #映画 #ガス燈

posted at 22:31:13

映画『メリー・ポピンズ リターンズ』★★★★★5.0点。 自分が思い描いた以上に夢のようなひと時で、上映中シャツの襟元がびしょ濡れになるぐらいずっと泣… filmarks.com/movies/68424/r… #Filmarks #映画

posted at 22:37:09

【名作をいじる 「らくがき式」で読む最初の1ページ (立東舎)/阿部 公彦】を読みたい本に追加 → bookmeter.com/books/12162787 #bookmeter

posted at 23:10:39

映画『インパクト・クラッシュ』が観たい。FilmarksにClip! filmarks.com/movies/80282 #Filmarks #映画 #インパクトクラッシュ

posted at 05:43:00

映画『第7鉱区』が観たい。FilmarksにClip! filmarks.com/movies/2685 #Filmarks #映画 #第7鉱区

posted at 17:10:37

#他人に理解されにくい自分の苦手なもの 剣客商売の設定 ◆主人公(60歳)より強い剣豪出ない ◆再婚の嫁が41歳下で毎晩本番求められる ◆息子が超父慕い ◆田沼意次とマブ友 ◆田沼の娘からも慕われる ◆町民からも先生と慕われる ◆息子と田沼の娘が結婚→男児出産 ◆全登場人物で最後に死ぬ(老衰93歳) pic.twitter.com/4JNWsMNJ4V

posted at 21:44:08

【速報】ブログ更新しました 2019年2月の映画評 fight-or-flight-response.blog.jp/archives/15801…

posted at 22:08:18

【天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ/北野 唯我】を読みたい本に追加 → bookmeter.com/books/13406910 #bookmeter

posted at 23:21:50

【スタン・リー: マーベル・ヒーローを創った男/ボブ バチェラー】を読みたい本に追加 → bookmeter.com/books/13530775 #bookmeter

posted at 23:22:08

【鳥肉以上,鳥学未満./川上 和人】を読みたい本に追加 → bookmeter.com/books/13530595 #bookmeter

posted at 23:22:36

【予測の科学はどう変わる?: 人工知能と地震・噴火・気象現象 (岩波科学ライブラリー 282)/井田 喜明】を読みたい本に追加 → bookmeter.com/books/13533009 #bookmeter

posted at 23:22:56

【問題解決力がつく数学プロブレム/オリヴァー ローダー】を読みたい本に追加 → bookmeter.com/books/13445096 #bookmeter

posted at 23:23:17

【世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく/渡辺 健介】を積読本に追加 → bookmeter.com/books/570867 #bookmeter

posted at 23:23:22

【絵とはなにか/ジュリアン・ベル】を読みたい本に追加 → bookmeter.com/books/13445990 #bookmeter

posted at 23:23:41

【吾輩はライ麦畑の青い鳥-名作うしろ読み/斎藤 美奈子】を読みたい本に追加 → bookmeter.com/books/13445204 #bookmeter

posted at 23:24:11

【板極道/棟方 志功】を読みたい本に追加 → bookmeter.com/books/13453316 #bookmeter

posted at 23:24:32

【星の文人 野尻抱影伝 (中公文庫 い 107-2)/石田 五郎】を読みたい本に追加 → bookmeter.com/books/13446565 #bookmeter

posted at 23:24:47

【ソーシャルメディア論・改訂版/藤代 裕之】を読みたい本に追加 → bookmeter.com/books/13526954 #bookmeter

posted at 23:26:13

映画『ラッシュアワー3』★★★3.0点。 filmarks.com/movies/32652/r… #Filmarks #映画 #ラッシュアワー3

posted at 02:01:06

スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

このページのトップヘ