処理中に問題が発生しました。

 吾輩は根暗である。職歴はまだ無い。端の多い生涯を送って来ました。――みんなが当たり前に持っている見えないモノが生まれつき持っていない「私」。たった一つだけ足りない、それだけで日常は異常を孕み始める。常識というような空漠たる概念を、どう学べばいいか知らないし分からない。けれど常識はそれを決して許さない。これはつまらない絶望と希望で構成された日々の中で「私」を考え、そして失敗するまでの軌跡譚……という執拗な説明文から筆者(LD:学習障害)の悪癖が分かる共感度0%な長文ブログです。

2017年11月



---------------
  監督:トラヴィス・ナイト
キャスト:アート・パーキンソン、シャーリーズ・セロン、マシュー・マコノヒー
ジャンル:アニメ
 製作年:2016年
 製作国:アメリカ
上映時間:101分
  評価:★★★★☆
---------------

【あらすじ】

 いつの時代でもない遠い昔の日本。少年クボは海に突き出た崖の洞窟で衰弱した母と一緒に暮らしていた。クボは左目を失っているが不思議な力を宿しており、村に下りては魔法の三味線を奏でて、いきいきと動く折り紙の人形劇で生計を立てている。そんな日々が続くと思ったとき、そこに突然母の妹と名乗る怪しい黒衣をまとった双子が現れたことからクボの壮大な冒険が始まった……。

■□■□■□■□■□

【感想的な雑文】

 
これは日本で配給が決まる前から気になっていた一作。

 外国が日本を舞台にストップモーション・アニメを作るなんて興味ばかりが湧くし、日本で公開するならより良い設備の映画館で絶対観るべきだと期待を大に観賞した。

 その緻密なクオリティ、唯一無二のエキゾチックな世界観、何より日本へのリスペクトが沁みる…!!
■□■□■□■□■□



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1回投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!






LINE・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

アート・パーキンソン
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク



---------------
  監督:アンディ・ムスキエティ
キャスト:ビル・スカルスガルド
ジャンル:ホラー
 製作年:2017年
 製作国:アメリカ
上映時間:135分
  評価:★★★★★
---------------

【あらすじ】

 
1988年、アメリカの田舎町デリー。主人公ビルの弟が雨の強い夜の日に行方不明になった。その日から連続で子供たちが突如失踪する事件が発生していた。夏休みに入る頃、消えた子供たちの捜索が進まないことにしびれを切らしたビルは友人たちと一緒に連続行方不明事件の真相を探ることにした……。

■□
■□■□■□■□

【感想的な雑文】

 
世間的に知られてる『IT(1990年)』は元々テレビ放送用に作られた物なので事実上初の映画化となる一作。

 謎のピエロ(らしき生命体)「ペニーワイズ」にどん底まで恐怖を叩き付けられても跳ね返して戦う少年たちの姿はホラーではなく青春物で大変美しく、そして何よりペニーワイズが生み出す恐怖の造形が大変素晴らしい…!!

 ただ『SAW(2004年)』などグロ系ホラーが好きな人には物足りないかもしれないので「ビビりだけどホラーに挑戦してみたい人」に勧めたい。

 ホント初心者に丁度良いぐらいの怖さ設定なので、ホラー苦手な人ほど肝試しにオススメ!!!

※YouTubeのVR予告も完成度が高くオススメなので判断基準に“どうぞ”(←押すとVR予告に飛びます。ただし自己責任で)。

 後編となる『chapter 2』の公開予定が2019年で2年後が楽しみなんですが、ただ彼らの淡い青春を楽しんだ自分は大人になった彼らに親しみ持てるか心配になります…。

■□■□■□■□■□



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1回投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!






LINE・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

ジェイデン・リーバハー
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

 

---------------
  監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
キャスト:ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォード
ジャンル:SF/サスペンス
 製作年:2017年
 製作国:アメリカ
上映時間:163分
  評価:★★★★☆
---------------

【あらすじ】

 2049年、ロサンゼルス市警の「ブレードランナー」として旧型のレプリカント(人造人間)を「解任(抹殺)」する職務に就くKは、ロサンゼルス郊外の合成農場を営む逃亡レプリカントの解任するが、その庭にある枯れ木の根本深くから遺骨の入ったトランクを見つける。

 検死の結果、帝王切開の合併症で約30年前に死亡した女性だと判明した。ただ遺骨には製造番号が刻まれており、生殖機能を持たないレプリカントであったことも判明する。事態の深刻さを察した市警本部はKに徹底的な情報処分を命じる。レプリカント製造を管理するウォレス社を訪れたKは、過去の記録から遺骨はレプリカントのレイチェルであること、そして逃亡直前にロス市警の元ブレードランナーであるリック・デッカードと恋愛関係にあったことを知る……。

■□■□■□■□■□

【感想的な雑文】

 前作の『ブレードランナー(1982年)』、前作と本作を繋ぐサイドストーリー『ブレードランナー 短編三部作(YouTube:2017年)』両方とも観た状態での観了。

 感想は言えない、何を話してもネタバレに繋がりそうで気軽には話せない…。

 でも『ブレードランナー』で描かれた未来の映像美に感動した人、純粋なSFを観たい人に薦めたい。

 観る前に唯一アドバイスすると、前作の『ブレードランナー』観てないと本当に分からない内容となっている。

 つまり、それぐらい正式な続編を意識した内容なので、観て損することは絶対ない。

■□■□■□■□■□



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ

どこかで勇気が生まれたとき鐘の音が聞こえる。
どこかで面白いと思ったとき票の音が聞こえる。
人気ブログランキング・にほんブログ村に参加してます!
たった、たったの1クリックで1日1回投票できます!!
このブログの鐘を鳴らすのは、あなたです…!!!






LINE・Twitterで
『処理中に問題が発生しました。』
更新通知を受け取りますか?
→①はい →②Yes →③OK牧場

ハリソン・フォード
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

このページのトップヘ