処理中に問題が発生しました。

 吾輩は根暗である。職歴はまだ無い。端の多い生涯を送って来ました。――みんなが当たり前に持っている見えないモノが生まれつき持っていない「私」。たった一つだけ足りない、それだけで日常は異常を孕み始める。常識というような空漠たる概念を、どう学べばいいか知らないし分からない。けれど常識はそれを決して許さない。これはつまらない絶望と希望で構成された日々の中で「私」を考え、そして失敗するまでの軌跡譚……という執拗な説明文から筆者(LD:学習障害)の悪癖が分かる共感度0%な長文ブログです。

2012年11月

年寄りになると朝が早くなるから困っちゃうな

朝の挨拶っていいね!

見返りを求める助けは確かに偽善だね。だから自分は偽善者でしょうね。だけど誰かが悲鳴をあげていて、そして他の誰かが助けに差し伸べた手が偽善行為ならば助けの分かれ目とはなんでしょう?

もし電車でお年寄りや妊婦さんに席を譲ったら、それは乗客全員への見せつけの偽善行為なのでしょうか?もちろん譲った人の心意なんて分かりませんけど、どちらにせよ譲られた側は確実に助かってますよね。そして譲った時に出てくる「ありがとう」の言葉。この一連の流れに誰が傷つきましたか?

たとえ偽善であっても助けた事には変わりないですし、ちゃんと行動しただけマシだし偉いと思います。そしてその一部始終を見た乗客達はこれから席を譲るでしょう。それが更に続いて、そして誰かが誰かを救う良い社会になるかもしれませんね!キッカケとはそういう小さいものです!

ではそんな中、他の人がやった善意行為に「あいつ偽善者!」と叫ぶ人はなぜ助けずに貶して叫ぶのでしょう?それはその人も偽善者でやる気持ちが分かるからだと思います。もしかしたら自分が偽善心で席譲るつもりが先を越された。つまり譲った人に自分の気持ちを投影して見ちゃうのでしょう。

さらに叫ぶことでオレ周りに知らせたぞ!という善意行為に浸れます。結果的に叫ぶ行為は偽善心の裏返しによる自分への防衛行為ということです。

でも叫んだ人に感謝する人なんてもちろんいない。譲った側と譲られた側はアウェイの空気に苦しむ。乗客全員が席譲りを躊躇う。つまり誰も救われない結末。真の偽善者は叫ぶ人の方かもしれませんね…。叫ばなければ誰も傷つかなかったという事実に気づけない残念な人。

(そこまで考えてしまう自分は本物の偽善者なんでしょうね…苦笑)

『少し読書したつもりがもうこんな時間!?秋の夜長か』『凄く勉強したつもりがまだこんな時間?!飽きの夜長か』←あなたはどっち?

セ・リーグの優勝が読売巨人で、パ・リーグの優勝が日本ハムか。巨人とハムか…どうしよ…進撃の巨人っぽいイメージしか出てこない。

2009年10月3日。本日は中川昭一さん(満56歳没)の御命日です。この方は常に日本の将来を考え、その存在は今だに偉大で、そして同時に大変悔しくて無念な思いです…。少しでも中川さんが目指した日本にしていけるよう努力していきたいです。 合掌

いつからサザエさんを観てるのか正直覚えてません。おそらく病院で産まれて退院して帰宅した日から観てるんじゃないかと思われます。

そういえば23年前にドイツで崩壊された『ベルリンの壁』。あの壁は東西ドイツの境界線上にある壁じゃなくて、東西ベルリンの境界線上にある壁なので、実際は東ドイツど真ん中の位置にありますから勘違いしないように~!(←ここテスト出るよ~!)

宇多田ヒカルさん(´・ω・`)なんか色々と逞しいね…。

マリアナ海溝レベルの懐の持ち主になりたいものですね!

勉強というアクションをするから試験というイベントがあるのか、試験というイベントがあるから勉強というアクションをするのか…。

つまり受験勉強を命題でまとめると…

命題『勉強するから合格する(優等生)』
 逆『合格するから勉強する(塾講師)』
 裏『勉強しないから合格しない(学校教師)』
対偶『合格しないから勉強しない(劣等生)』

うーん…真理だなー…。

というか『七人のおたく』なんて懐かしすぎてビックリしたわ。あの時のウッチャンはジャッキー・チェンに近かったな…!

まさか『七人のおたく』を覚えてる人がこんなにいたとは…!

ジュラシックパーク!

なんだかもう一回見たくなってきたな、TSUTAYAにあるか危ういけど…。

ジュラシックパークは好きすぎてDVD持ってるからいつでも見れる!自分の中で一番最初に読んだ海外小説であり一番最初に観た洋画で特殊撮影が発展した現代でも衝撃と感動を凄く与えるから本当大好き!クライトン&スピルバーグ&ウィリアムズ&ウィンストンなんて現代じゃ豪華すぎて不可能だわ…!!

今までこの4人が係わった映画何本観てきたことか…!!久々にジュラシックパークのサントラを聴こう!たぶん涙流す!

最近、自分が選んでやっている行動に自信が持てない…

三池崇史監督ほど男の美学(主に義理と殺陣とナンセンス)を描ける監督も珍しい!(※そのせいでほとんどR15系…)

ほどよいグロさですね(初期はグロすぎるけど…)

悪趣味といえば悪趣味ですが、美学といえば美学です。

【今宵の深イイ話】江頭2:50は本当に江頭が好きで結婚したい!っていうすごい可愛い子との交際を拒絶したらしい。 理由は「俺がもし彼氏だったらこの人がいくら俺を好きでも周りからの笑い者だ、この人が悲しむ。俺は人を笑わせる為に生きているが人を悲しませるために生きていない」から。

漢ですね~!兄貴ですね~!芸人の鑑ですね~!

憂鬱

『眼球落ちそう…』と書いて「眠たい…」と訳す。

もしあなたが相手にも他の人も、その人のことを「嫌い」と言えるとしたら、その人のことは本当には嫌いではないのでしょう。嫌いな人とは、そういうものです。マザー・テレサの言葉『好きの反対は嫌いでなく無関心である』のように、無視をすればその人とサヨナラ出来るのに、何故言うのでしょうね…?

恨み 妬み 苦しみ 積み 今宵も叫ぶ身。


素で敵

異様に寒いからパーカーでも羽織ろう

うおおおお!!!!!山中教授ノーベル医学生理学賞受賞おめでとうございます!!!!!!

だいぶ前に買って読んだ山中教授と益川教授の対談本また読もうかな!お二人の研究の経緯や日常が面白可笑しく書かれていて研究者を目指す方は一度読んでみることをオススメします!

iPS細胞の正式名称は『人工多能性幹細胞(induced pluripotent stem cell : iPS細胞)』です

ある方のツイート「山中教授がこの受賞で満足している訳が無いと俺は確信している。 山中教授は、断じて、賞のために研究してきたのでは無いと思うから。 医者として、iPS細胞が患者の役立つことを目指して研究されてきたはず。 俺はその信念が素晴らしいと思う。研究者としても医者としても。」

リプもRTも出来ないから転載という形を取りました。不快に思われたら申し訳ありません。

理系学生として尊敬してます

さて、今日は物理学賞の発表です。医学生理学賞に続いて日本人の受賞になるのでしょうか?

ノーベル物理学賞が気になるなー…

今年のノーベル物理学賞はフランスのSerge Haroche博士とアメリカのDivid Wineland博士。

今は出先だから研究内容は家に帰ってから詳しく読もう

さて、そろそろ考えないとな…

さて、今日は化学賞の発表です。医学生理学賞に続いて日本人の受賞になるのでしょうか?…というより他の国が受賞しても臨時ニュースで受賞者の名前と研究テーマを流してほしいものです。

『失敗した また失敗した だから成功する 無理だと笑う奴は笑え(東京モード学園)』 祝!5000ツイート目!!!!!

理系における化学と生化学と有機化学の境界線は冷戦状態の国境線並み。

一般の人には分かりづらい超デリケートな違いがあるのです。だから有機化学関係の人に生化学の話題をしてはいけませんよ。

長い揺れになると不安な気持ちになる

ジュラシック・パークは現実不可能なのか…

ノーベル文学賞を受賞した莫言(ばくげん)氏を検索エンジンで入力して変換したら爆言と誤変換された…。しかもあながち間違ってはないからリアクションに困る…。

『莫言』1955年山東省生まれ。60年代半ばの文化大革命で小学校中退を余儀なくされ、人民解放軍在籍中に執筆活動を開始し中国当局の検問を避けるため、暗示や比喩などを駆使し、中国国内でタブーとされる政治的に敏感な内容を含んだ作品を発表してきた。代表作は『赤い高粱』(参考元:産経新聞)

҉  ←何だよこの記号は

どこかの活動家でなく欧州連合が授与か。このノーベル平和賞の受賞基準がいまだに分からないな…。

欧州連合にしろ組織が授与の場合、具体的に誰が受け取るの?議長?国務長官?

EUはオレのイニシャルだからオレが受賞!(←ウソ。イニシャル違います)

長年EUの悪夢に振り回されてるドイツはどう思うんだろ…

もうすぐ『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』が始まる!ドハマりしたドラマの続編がやっと見れる!

「メレブ」がツイッターのホットワードにあがってる笑

経済学賞に関してはそんなに盛り上がらない。あそこは資本主義国家の独壇場だし。というか経済学賞は『アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞』というスウェーデン国立銀行がノーベル財団に働きかけて作った部門なので他に比べると少し非公式な雰囲気が漂う。

知らないって怖いことであり幸せなことなんだよなー…。

知ったからこそ始まる不安と対策の毎日。

知らなければ何も抱えずに終えれたはずなのに…。

一つを知るとは一つの恐怖と戦うこと。

人生は戦いの毎日。死ぬ瞬間まで戦う。逆に言えば戦いをやめた瞬間に死ぬ。常に生と死の毎日。つらい毎日。そうでしか人は生きていけない。本当につらい話だ…。

そして、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい…。

家の中にコオロギがいたから捕まえてみたけど、よく見てみたら少し形が違っていて気になったので調べてみたらカネタタキ♀という虫だと判明し、とくに害虫ではないと安心して外に逃がせれたので、これから風呂に入ってきます。

蕎麦、エビ、キウイ。自分がアレルギーでないとは分かっているけれど口の中に入れたときの何とも言い難い緊張感…。

ちなみにどれも好きです。でも好きだからこそ緊張してしまって恐ろしい感情が出てきます。

外は雨だけど今日は良い日楽しい日嬉しい日

大雨降って「ウォー雨!!!」

…まあ長くは続かないよね

露骨

むしろ媚びてない素のリアクションが出てて面白いし空気と雰囲気が盛り上がる!

もっと根本的な所からツッコまなければならないな

炎上ツイート発信源のほとんどは極度のかまってちゃん体質なので集中爆撃するより完全無視したほうが本人かなりもがき苦しむと思う。

かまってちゃんにとっての無視はこの上ない屈辱だろうし無視にキレて叫んでも無反応だったら正直精神もえぐれてくる

そろそろ部屋の本棚もデフラグが必要かなー…

TOTO(トートー)とtoto(トト)

“と”ばっかり!

あなたの常識は誰かの非常識。

原作の20世紀少年1~5巻(現代編)は異常なほど怖かった。なにより一番衝撃的なのは怪獣でも化け物でもなく全て生身の人間だということ…。

つくづく自分の意志の弱さと愚かさに嫌気がさしてくる。なんで自分はこんなにダメなの?いつも自分のやりたい事を妨害してるのは紛れもなく自分だ。そんな自分が嫌いで悔しい…。

勉強に将来に人間関係に嫌気さしたそんな日に限って飼い猫が甘えてきて一緒に遊んでる間に疲れた心がふっと癒していく……という一連の妄想で見てる猫画像

(でも実際憧れているし何かペット飼いたいなと思っている…)

「スリル」の最後の字を平仮名にして「スリる」と動詞っぽくしたけど、これではスリする人の心境を表す単語になったので不採用!

引けば 引くとき 引いてしまう

「泣いたら負けだよ?」「泣かなくても負けですからせめて泣かせてください」

プププランドに移住して帰化する。それが幼稚園の頃の夢。

ぅをぉぉいい!!!

とても急な話ですが昨日から我が家に新しくペットができました!以前自分が書いたペット飼いたい宣言とは関係なく父親の好奇心で始めた飼育です(でも生き物が好きな自分にはとても嬉しいことです!)

そして今回飼うのはオカヤドカリという陸上に生息するヤドカリ。1匹2センチ程度のヤドカリなんですが、その数…18匹!!(購入時は15匹だったんですがお店がオマケで3匹付けてくれた)。多い方が楽しいだろ!という父の発想での数です。

しかし今回ネットでの購入だったので宅配便で届きましたが、中には配達中の揺れでのストレスのせいか今日の朝には1匹死んでいました…。この子には本当に申し訳ない終わり方をさせてしまったな…。本来の死とはこうじゃないと思うんだよな…。今日は暴風雨だから出来ないけど明日この子の埋葬します。

一応、名前も考えたのですが…なにせ17匹もいるし貝殻も入れ替わってややこしいから17匹まとめて『陸宿組(オカヤドグミ)』と名付けることにしました。調べるとオカヤドカリを漢字で書くと「陸宿借」らしくて、更にゴツい体格の集団というと○○組ってイメージあったので合わせてこの名前に決定!

そんなこんな感じですが新しい家族が増えましたのでこれからも宜しくお願いいたします。

ちなみに今日の昼に梨を食べたので剥いた時に出る梨の皮(実が付いてる部分)を置いてみたら集まって食べていて大人気でした!(その後も皮3枚に置いたら3グループに分かれて食事してました!かなり素直な集団のようです!)

お は よ う !

良い朝。悪い朝。そんな朝。結局は全て同じ朝。朝から頑張りましょ~!

お絵かきをする人なら必ずぶつかる難関の壁

あれはかっこいいのレベルじゃない…日本特撮史上最高の決戦であり究極の立ち姿!! RT @ 10fucking_laugh: ゴジラ対デストロイヤ覚えてる人いるかな? あのゴジラのモンスターアーツがかっこいいからちょっと見てほしい

どれぐらい好きって…いまだにゴジラvsデストロイヤの映画下敷きを大切に持ってるぐらいゴジラ大好き!!あの頃の小学生はみんな心を鷲掴みされたからね!!

下敷きの裏は平成ゴジラの決戦ポスターヒストリー。ちなみに人生最初に映画館で観た日本映画は『ゴジラvsモスラ』か『ドラえもん のび太の雲の王国』のどっちかだったな…。

ひげ剃りに失敗して皮膚切ってしまった…この歳になって失敗なんて情けないな…。

ヒリヒリ…

今日、街を歩いてたら急に女性から「手相の勉強をしているのですが…」と止められて流れで手を見せたら「お兄さん結婚運低いですね、子供にも恵まれない相が出てますよ」と言われたので「そりゃできないですよ男同士では」と返したら、その女性は顔面真っ青でどっかに去りました。まだまだ甘いなっ!笑

…言っとくけど自分はムカついてそう言い返しただけでゲイとかホモとかじゃないのでそこは勘違いしないように!

本当に勘違いされないか心配だな…

ペットショップに行くと時々セールをやっているのだが、命あるものに安売りなんて正直よろしくない気がする。生き物は場所・時間・環境が選べないように店頭のペットだって好きでそこにいるわけじゃない。定価はビジネスだから百歩譲るとしても店の勝手な都合でセール売りとは本当によろしくない。

そして動物はなんでこんなにかわいいんだ…大変よろしくない。

今日ペットショップにいるのは陸宿組(我が家で飼ってるオカヤドカリたち)の飼育に関する視察のために少し行ったのだが、どうも他の動物にも目移りをしてしまうな…。

でも参考になった。基本的なエサ・水・砂場環境がよく分かったので参考を基に少しずつやっていきます!

今日は「十三夜」です。「十五夜(中秋の名月)」に次いで美しい月を見ることができるそうですよ。澄んだ夜空に浮かぶ綺麗な綺麗な光を放した満月が見られたら、なんだか願いが叶いそうな気がしますね!(o゚▽゚)o

自分にとってのミッキーロークはまさに『レスラー』です。あの映画の主演をしたことが『エクスペンダブルズ』『アイアンマン2』での彼を作り出したし、歓声のスポットライトを浴びては儚く消えて再び光りが灯るというレスラーの半生とミッキーロークの半生がシンクロしている気がして胸を打たれた…!

なるわけないか…そんな簡単にネタなんてできないよねー…

アジエンスは使うだけで世界を嫉妬の渦に巻き込むんだから使わなければ世界平和への近道になるんじゃない?

「蜘蛛」なんて一生書けないと思ったけど、知と朱に虫偏を付けるだけでいいんだと気がついた今は一生書けると思う。

「林檎」も禽の部分さえ覚えれば、残りは木が3本あるだけだという事実も同じ。

「薔薇」と「憂鬱」も同じ要領で書けた覚えがある。どうやら自分にとってその漢字の覚えづらい部分だけを集中して覚えて数回書くだけで一生書けるようになるらしい。

これはいける!

うぅ…腹部が痛い……(胃痛でなく腹痛のほうです)

…そう書いてしまった今は恥ずかしすぎて死にそう

夜のテンションと次の朝のテンションは反比例する。 #酔っぱらいあるある

途中までのタクシー代払った払ってないで翌日マジ喧嘩 #酔っぱらいあるある

(ノ_・。)


TLがめちゃくちゃだけど…これでいいのだ!
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

お・・・お久しぶりです

機械職人です・・・

あ、そ、その・・・放置とかのレベルじゃないくらいですよね

最後の更新が2月7日
つまり半年以上更新していないことになります

その間は、えっと、まぁ・・・元気に暮らして、おり、ます・・・

そして今回なぜ更新をしているのかというと、
とてもとってもと~っても大事なお知らせがありまして
その報告で書かせて頂いてます

その大事な報告はある日突然としてオレの手元に届きました・・・
___________________________________________________

【旺文社パスナビブログ閉鎖のご連絡】

平素より大学受験パスナビ、
並びに大学受験パスナビブログをご愛用いただき、
誠にありがとうございます。

2006年4月よりブログサービスとして
「大学受験パスナビブログ」を提供してまいりましたが、
2012年12月28日(金)をもちましてサービスの提供ならびに
サポートを終了させていただくこととなりました。

同日以降、パスナビブログはご利用、閲覧いただけません。

始より数々のご厚情を賜り、
お引き立ていただきましたことに改めて深く御礼申し上げます。

大学受験パスナビでは、
今後もより良いサービスをご提供できますよう精一杯努めてまいりますので、
引き続き変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

―大学受験パスナビ (本文一部転載)
____________________________________________________

長年使わせて頂いたパスナビブログの年内いっぱいでの閉鎖が決定されました

このブログも同時に年内いっぱいで閉鎖になります

よそのブログの移籍話も色々と頂いてはいるのですが、
いざ移籍しても自分はブログを更新するのか正直分かりません

現在のように精神逃亡に走ってしまう傾向があるので
今は新しいブログの移籍を考えていません

なので、このブログに書かれてる記事全ては年内に消えます

もしも、また読みたい記事がある方は
この二ヶ月間中の再読をオススメします

そして言っておきたいのは
このブログは確実に消えますので
そこはどうか、どうか、ご了承を願います・・・



【追記】執筆資料としてライブドアブログにて再掲しました。
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

このページのトップヘ