処理中に問題が発生しました。

 吾輩は根暗である。職歴はまだ無い。端の多い生涯を送って来ました。――みんなが当たり前に持っている見えないモノが生まれつき持っていない「私」。たった一つだけ足りない、それだけで日常は異常を孕み始める。常識というような空漠たる概念を、どう学べばいいか知らないし分からない。けれど常識はそれを決して許さない。これはつまらない絶望と希望で構成された日々の中で「私」を考え、そして失敗するまでの軌跡譚……という執拗な説明文から筆者(LD:学習障害)の悪癖が分かる共感度0%な長文ブログです。

2011年02月

※文中には受験生らしからぬ表現が含まれてるので、ご注意下さい

今日は国立理系大学入試日でした

数年ぶりに満員電車に見舞われ、無事に会場に到着し、
教室探しに20分間も彷徨い、自分の席に座って、
すごく歯切れの悪い試験監督の下、試験が始まりました

1.数学(120分)

「問.不定積分 ∫f(x)dx を求めよ。」

えっと、数学の公式か・・・
一昨日の晩ご飯を思い出すのも危ういのに・・・

とにかく見やすいように解答欄を書き作りました
しかも1時間掛けて・・・ダメな人です・・・

2.理科(100分)

物理と化学の選択科目で、物理を選択しました
だって機械専攻希望だもん!

「問.体積V1とV2の関係を求めよ。」

・・・でも、得意とは言えません

物理全てが「ma=F」で何とか解決できないものか・・・

3.英語(90分)

「問.次の質問文に英語で具体的に答えなさい。」

机の下に「DOMESTIC」って印刷されてるカバンを置いてるオラに答えれるかな・・・?

その後も、
記号問題はなるだけ考えた末に勘で選択・・・
和訳は内容30%位の低クオリティー・・・
英訳は「This is a pen」レベルの文がダラダラと・・・


可能性がないのは、最初から分かっています
ただ自分なりの誠意は貫きたいのです

まぁ、負け惜しみに近いけど・・・

これで2011年度の試験は全て終了しました

えぇ・・・終わりました・・・・・・
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

今日のお昼、オレ宛に一通の封筒が届いた

その封筒の端には受験した大学の名前が!

急いで開けて、中身見たら厚い紙束があり・・・

そして、こんな紙が・・・


「当校を受験した学生に配布してます
我が大学発行の広報マガジンです!」


ハイ つかまされました・・・

まぁ・・・落ちた大学の名前が書いてあったし・・・


さて、話変わって今日が最後のセンター利用合否判定日です

今回の大学は、PDFにて合格者を掲示するパターンです

大学のサイトからPDFをクリックして

さぁ、合格者一覧が出ました!

えっと・・・・・・xyw・・・xyy・・・・・・xza

うぅ・・・自分の番号xyzが飛んでいる・・・

これでオレのセンター合否は全て終了しました

これからは筆記試験で何とかしなければなりません

は・・・センター試験より苦手なのに・・・・・・
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

日付変わりましたが、7日月曜は二つ目の大学の合否発表でした

結果は・・・

オセロ方式(※「合格オセロⅠ」)より・・・


 『受験番号xyzの方は、

1.大学入試センター利用入学試験(前期)、工学部機械工学科

残念ながら不合格です。


落ちました

この大学は、
自宅から片道3時間とメッチャ離れている地方大学なんですが
ここの研究内容と施設がとても良くて・・・

全力で頑張れば行けるかな・・・?

ってことでエントリーしたのですが、やはりダメでした・・・

次回の大学ラスト発表は9日水曜です

待たなくても結果が予言出来るこの現状が悲しい・・・
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

このページのトップヘ