処理中に問題が発生しました。

 吾輩は根暗である。職歴はまだ無い。端の多い生涯を送って来ました。――みんなが当たり前に持っている見えないモノが生まれつき持っていない「私」。たった一つだけ足りない、それだけで日常は異常を孕み始める。常識というような空漠たる概念を、どう学べばいいか知らないし分からない。けれど常識はそれを決して許さない。これはつまらない絶望と希望で構成された日々の中で「私」を考え、そして失敗するまでの軌跡譚……という執拗な説明文から筆者(LD:学習障害)の悪癖が分かる共感度0%な長文ブログです。

2010年10月

冷めた雨が続く日々が増え、
頭の中に様々な事が過ぎります

そんなたくさんある事の中で
ひとつ決断をしました

もし今回、低偏差値大学にしか合格できなかったら
もうそこに入ることにします

もちろん国立大を諦めた訳ではありません
ただ・・・もう精神が保たないのです

とにかく安心した生活を送りたい
何も怯えずに近所や母校を歩きたい
とにかく運転免許が欲しい

これが今の心境

なるべく最悪の事態は避けたいので
この約3ヶ月間で何か成果を残したいと思います
出来るだけ良い大学に入れることを努力して

そして勉強に集中するため、
口の中にミントガムを入れた

そのミントガムは

いつもより辛く、冷たく・・・

心の奥に空いた何かに

優しい風を流した


・・・明日も雨らしい
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

前回の記事から
いろいろと低偏差値の理系大学を回ってみました

ですが、どの学校も
「我が校は生徒の自由と意見を尊重し・・・(略)」
と似た校風の主張ばかりで
研究内容や成果、社会的実績等が一文字を書かれていない

そんな大学に汗水垂らしバイトしてまで
四年間も学費を納める意味ってあるのか・・・

前、新聞に書いてあったが
今の大学生は基礎内容を知らない人が多いらしい

なので、学部四年間を小中高の勉強をして
大した研究も講義も出来ないまま
学部四年間を終了する大学が増えている

そして学部レベルの講義は大学院で履修するらしい
そんな勉強内容で夢を叶えられるわけがない

ましてや国立大学院の外部受験なんて
今の現状より不可能に近い

だから・・・
やはり国立大の学部に憧れてしまう自分がいます

このこだわりを理解出来ない人がいるかもしれませんが
この夢を叶えることが今までの生きがいだったから
どうしても諦める事が出来ないんです

だけど、どうしようもないのが現実だ
本当の自分に自信が持てない・・・

帰り道の街中を歩いていると
人ごみの中から退廃に塗れた男が視界に入りました

その男は店のガラスに写った自分でした

この六年間

ずっと夢の為に努力してきたはずのに

いつから・・・

道を間違えて・・・

こんな落ちぶれたんだろ・・・
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

前回の記事から1ヶ月が経ち、
9月は勉強を強化するって事で猛勉強をしたのですが

全然、学力の成長が見えてこない・・・

問題を何度解いても考えても分からない

というより
今読んでいる問題文は
何を言いたいのか 何の公式を使うのか
どうやって解くのか 何でこの解答になるのか

何もかもが分からない

勉強すればするほど泥沼に堕ちていく感覚です

復習で過去やった部分や問題を見ても
その分野の概念も問題解いた覚えもない

過去のノートを見ると
その問題を間違えた形跡はあるけど
解いた時の自分を思い出せない

6年近く同じ範囲の勉強してるはずなのに何一つも記憶に残ってない

今やってる分野を一生懸命覚えていても
数時間後には忘れて思い出せない

1年前の今日の自分は
どんな勉強をやっていて
どんな生活を過ごしていたのか
ブログの過去記事で初めて自分の生活を知ったりしてます

もう他人のブログを読んでいるような感じです

・・・これは単に頭が悪いだけなのか?
それともオレは記憶部分に問題があるのか?

考えてみればオレは
台形面積の出し方覚えてないし
基礎的な漢字も思い出せないし
中学英単語もほとんど知らない

・・・やっぱり基礎不足かな?
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

このページのトップヘ